サンダイメウオクマ

三代目 魚熊

03-3851-5914

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

山田 正幸 氏 ヤマダ マサユキ

親子三代続く鮮魚店に生まれ、自ずと培われた目利きの力

蔵前の鮮魚店【魚熊】の次男として生まれる。高校卒業後、服部栄養専門学校へ入学。調理を学ぶなかで、本格的に和食の道へ進むことを決意。卒業後は築地の割烹料理店で7年間の修業を積み、以降は独立を視野にチェーン店など様々な業態の店舗を経験。30歳で家業を継ぐと同時に、魚料理メインの和食店として【三代目 魚熊】をオープン。魚の目利きには定評があり、フグ・魚料理研究家として講演も行っている。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
30年

自慢の一品

初代女将の味を受け継ぐ『鯛のかぶと煮』

鮮魚店時代の初代女将から味を受け継いだ、家庭的な味付けが特徴です。特大の鯛を1時間じっくり煮込むことでふっくらと仕上がり、甘く濃いめのタレが鯛に絡みます。77年の歴史が詰まった自慢の一品です。

こだわりの食材

毎日築地に通い、年間を通して質の高いフグを提供

フグの種類や産地ではなく“質の高さ”にこだわっています。フグというと山口県下関と思うかもしれませんが、実は愛知県産も素晴らしい。だからこそ毎日築地に通い、自らの目で確かめて魚を仕入れているのです。

おもてなしの流儀

お店の外までお見送りし、お客様へ感謝を伝える

感謝の気持ちをこめ、外までお見送りします。私が調理場を離れられないときも、必ず誰かご挨拶をします。お見送りはお客様の感想を伺える最後の機会。その声に、サービスを向上させるヒントが詰まっています。

幅広い層に美味しさを知ってもらうため、980円の『フグ刺し』も

通常の『フグの薄造り』とは別に、少しでも多くの方にフグを味わっていただくため、980円の『フグ刺し』もご用意しています。早い物勝ちの限定サービス品のため、品切れの場合はご容赦ください。

営業時間・定休日

営業時間

【平日】
17:00~22:30 (L.O.22:00)
【土】
17:00~21:30

定休日

日・祝日

三代目 魚熊に行った1人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

浅草橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top