ジョウヤトウ トヨサキホンケ

常夜燈 豊崎本家

050-5263-2459

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

「おでん」でも「かんとだき」でもない。上等な浪速の庶民の味が「かんさいだき」

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

写真追加

創業は昭和20年11月、終戦後わずか4カ月。庭師だった先代が、お初天神の宮司から「皆を元気づけるために何かできひんか?」と請われ、市場の関係者を集めて境内で出店。奥様謹製の巻き寿司や、後におでんも始めて今に至ります。おでんを関西では「かんとだき(関東炊き)」と呼びますが、これは今で言う駄菓子の感覚。【常夜燈】では鯛の頭や羅臼の昆布に白味噌を加えたダシの上に、丁寧に仕込まれた具材を並べていくこったつくり。この逸品揃いの味を知った森繁久彌氏が「かんとだきではありません、かんさいだきです」という言葉を贈ります。手間を惜しまぬ味。とはいえ、敷居の高い店ではなく、大阪人が大好きな庶民の味を貫いています。

常夜燈 豊崎本家
これだけは食べてほしいベスト3

関西の宝、ダシがしっかり「しゅんでます」。「大根」「海老芋」

丹後の農家から仕入れる淀大根にはダシが染み渡り、静岡の磐田から仕入れる海老芋は固めな食べ応え。

メニューを見る

関西の宝、ダシがしっかり「しゅんでます」。「大根」「海老芋」

練りものだってイチから仕込む! 練りもの2種『えび天』と『す巻き』

えび天は海老しんじょうと呼びたいし、す巻きは鱧のすり身の密度が素晴らしい。驚愕の手作りおでん種。

練りものだってイチから仕込む! 練りもの2種『えび天』と『す巻き』

やっぱりシメはご飯もの、最後までダシを貫こう!『ちゃめし』

おでんダシで炊いたご飯にさらにダシをかけて味わう〆の逸品。繊細な味だからこそ、サラサラいける。海苔とゴマをたっぷり。

やっぱりシメはご飯もの、最後までダシを貫こう!『ちゃめし』

料理人 / 池永 伸 氏 (イケナガ シン)

専門ジャンル: 鍋・おでん

天下の台所で庶民の味を貫いて50年、先代の味を今に伝える

昭和6年生まれ。先代が終戦直後に暖簾を掲げてから18年後、店に立ち始める。昭和25年から勤めていた電電公社を辞しての華麗なる転身。以来、約半世紀、コストパフォーマンスとバリューの両立を目指してきた庶民料理の巨星。

プロフィールを見る

池永 伸 氏

ユーザー投稿写真

  • 常夜燈 豊崎本家の写真

    ひろうす、ロール

常夜燈 豊崎本家の店舗情報

基本情報

店名 常夜燈 豊崎本家
TEL

050-5263-2459

06-6371-1115

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 市営地下鉄御堂筋線 中津駅 徒歩5分
アクセス 大坂市営地下鉄御堂筋線「中津駅」1番出口より徒歩5分
住所 大阪府大阪市北区豊崎2-8-14 地図を見る
営業時間
【平日・土・祝前】
ランチ 11:30~13:30 土曜日のランチは休み
【平日・祝前】
ディナー 18:00~22:00
定休日 日・祝日
土曜日のランチは休み

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
4000円
【ランチ】
800円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

常夜燈 豊崎本家に行った1人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

茶屋町/中崎町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

茶屋町/中崎町で人気のレストラン アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月5日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ

Back to Top

報告する