050-5871-4688

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

與儀 将親  氏 ヨギ マサチカ

新しい養豚のスタイルを切り拓く、異色の黒豚生産者

1978年沖縄県出身。大学卒業後、県内で料理人として活躍していたが、事情により引退。その後都内の会計事務所などでサラリーマンとして勤務し、この時の経験や人脈を活かし、沖縄に戻って養豚業を始めた。他の業者とは一線を画し、例えば豚に良い水を飲ませたいと考えれば、東京大学の微生物専門家に意見を聞くなど、他業種や専門家との意見交換を最重視している。既成の概念にとらわれない、独自の養豚スタイルを構築中である。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
15年

自慢の一品

口どけが良く、脂があとにひかない『黒将のしゃぶしゃぶ』

豚肉の口どけが良く、さっぱりとした甘みは、肉から出る脂が上質である証し。シークヮーサーを使った白いポン酢と、コクのある黒いごまダレ、二種類をご用意しています。上質な肉の旨みをご堪能ください。

こだわりの食材

それぞれの季節に、一番適した豚を育てています

品種や環境、エサ、育て方の方程式で、最高級の黒豚を導き出しています。3種類の豚を三元交配し、互いの良さを引き出した豚肉は、すっきりとしたコクと旨みが特徴。季節ごとに、旬の豚肉をつくり出しています。

こだわり食材
豚肉全般

おもてなしの流儀

豚肉のみでもご満足いただけるよう、火の入れ方にもこだわりを

当店でお出ししている肉は、すべて豚のみ。そのため、調理法でどれだけ味に変化を付けられるかが重要です。遠赤外線で熱を入れたり、直火で入れたりと、さまざまな手法で味のバリエーションをつけています。

当店ならではの味わいを、心ゆくまでお楽しみください

家族連れやカップル、年配の方まで、幅広い層の方にご利用いただいています。特に、地元の方々にこそ、県産の黒豚を食べていただきたいので、直営店の強みを活かしながら、黒豚の魅力を伝えています。

プロが教える食の知恵袋 おいしいヒント

與儀 将親  氏

良いお店の条件は「料理人のこだわり」が感じられること

浦添市にある【高江洲 鶏肉店】と、名護市にある【満味】がおすすめのお店です。どちらも料理人が博学で知識豊富なので、行くたびに毎回新しい発見があります。同業者としても良い刺激を受けています。

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 17:00~00:00 (L.O.23:00)不定休
17:00~00:00 (L.O.23:00)まん延防止等重点措置中に伴い17時~21時の営業となっております。L.Oは20時でお酒の提供は行っております

定休日

不定休

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

読谷/北谷でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top