ヤキニクホンエン

焼肉 犇苑

050-5384-7621

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

精肉店直営だからこそ味わえる絶品“常陸牛&国産和牛”を、ゆっくり小美玉にて

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

写真追加

牛の群れがひしめくという意味の、珍しい「犇 ほん」の字を店名にする【焼肉 犇苑】。まさしく、上質な国産和牛を、たっぷりと堪能できるお店です。甘みのある脂身とやわらかな肉質、そしてコクのある旨みが特徴の、地元が誇る「常陸牛」。ブランドにはこだわらずに、上質さを追求し、その日のオススメで入荷する厳選「国産和牛」。50年以上の歴史を持つ精肉店直営だからこそ味わえる、上品質での低価格は、誰もが認めるところです。隣の人を気にせずに寛ぐことができる半個室なのも魅力のひとつ。“目の前で焼く肉を囲み、ゆっくりと味わう”そのジューシーな肉の旨みに、みんなの笑顔が溢れることでしょう。

焼肉 犇苑
これだけは食べてほしいベスト3

厳選国産和牛をお得なセットで『犇苑セット』

上カルビ、ロース、タンと、ブランドにこだわるのではなく、肉の上質さで厳選入荷する国産和牛を満喫できます。

メニューを見る

厳選国産和牛をお得なセットで『犇苑セット』

牛タンの旨みを満喫『厚切り上タン塩』

上質な国産和牛の牛タンを、贅沢に1.5cm位の厚切りでいただきます。食べやすく切ってもらうことも可能。牛タン好きは見逃せない美味しさです。

牛タンの旨みを満喫『厚切り上タン塩』

茨城が誇る絶品牛!『常陸牛セット』

常陸牛の、サーロイン、カルビ、ロースと、人気3種の盛り合わせでいただきます。常陸牛の脂の甘み、コクのあるジューシーな旨みを、存分に楽しめる一皿。

茨城が誇る絶品牛!『常陸牛セット』

料理人 / 久保田 一典 氏 (クボタ カツノリ)

専門ジャンル: 焼肉

精肉店のノウハウを活かし、本当においしい焼肉で皆を笑顔に

1973年、茨城県生まれ。実家が1970年頃より精肉店を営み、幼い頃から上質な肉を食べて育つ。高校卒業後、東京の焼肉店に就職し、肉の事だけでなく様々なことを学ぶ。その後精肉店にて更に肉の事を探求し帰省。実家の精肉店直営の、焼肉店をオープンさせるべく、1年間経営を学ぶため焼肉店で働き、2018年7月、念願の【焼肉 犇苑】をオープン。現在に至る。

プロフィールを見る

久保田 一典 氏

ユーザー投稿写真

  • シャトーブリアン(手前)、常陸牛特選ヒレ(奥)

    シャトーブリアン(手前)、常陸牛特選ヒレ(奥)

  • 冷麺ハーフ

    冷麺ハーフ

  • とりもも

    とりもも

  • 特選黒毛和牛ハラミ

    特選黒毛和牛ハラミ

  • 焼肉 犇苑
  • 焼肉 犇苑
  • 焼肉 犇苑
  • 上ハラミ

    上ハラミ

焼肉 犇苑の店舗情報

基本情報

店名 焼肉 犇苑
TEL

050-5384-7621

0299-56-2941

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

空席確認・予約する

最寄駅 JR東日本 常磐線 羽鳥駅
アクセス JR常磐線「羽鳥駅」から車で10分。/小美玉市役所から車で5分。
住所 茨城県小美玉市堅倉1696‐12 地図を見る
営業時間
【月・火・木~日・祝】
17:00~22:00 (L.O.21:00)
定休日 水曜日

空席確認・予約する

平均予算
【ディナー】
5000円
お支払い情報
クレジットカード可
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER, 銀聯
電子マネー不可
QRコード決済可
d払い, PayPay

設備情報

キャパシティ 68人 ( 宴会・パーティー時 着席:68人 )
駐車場 あり

詳細情報

テイクアウト・
デリバリー
【テイクアウトあり】
受付方法: 電話
禁煙・喫煙 分煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://omitan.net/food/yakiniku-honen.html

ヒトサラPOINTが貯まる

dポイント貯まる

焼肉 犇苑に行った6人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

水戸/ひたちなかでランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

水戸/ひたちなかで人気のレストラン アクセスランキング

もっと見る

この情報は2024年5月22日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ

Back to Top

報告する