ヤキニクトンデムン

焼肉 東大門

050-5263-8118

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

船橋エリアで本場の韓国料理や焼き肉をおなかいっぱい堪能できるお店

本場の韓国家庭料理と焼肉を味わいたいなら【焼肉 東大門】がおすすめです。韓国料理は野菜を豊富に使用した料理が多いので、実はとってもヘルシーなことをご存知でしたか? このお店で焼肉以外の人気メニューと言えば『参鶏湯』というスープで、滋養強壮に良いとされるスタミナ料理です。本場の韓国と同様、鶏肉を一羽分丸ごと使用して、高麗人参、ニンニク、ナツメなどの漢方スパイスともち米などを一緒に煮込んで作られているので、鶏の出汁がしっかり出た、ヘルシーで健康的な料理が楽しめます。辛いものが食べたい人には、キムチも一緒に入れて食べると、オリジナルのピリ辛参鶏湯が食べられます。

焼肉 東大門
これだけは食べてほしいベスト3

当店自慢のお肉を使った『サムギョプサルセット』

当店自慢のお肉を使用した『サムギョプサル』は定番人気の焼肉料理です。焼いている時に余分な豚の脂も下に落ちますし、野菜を一緒にたっぷり巻いて食べるのがおすすめです!

メニューを見る

当店自慢のお肉を使った『サムギョプサルセット』

熱々の焼き立てがおすすめ『石焼ビビンバ』

韓国の混ぜご飯のことで、石の器にご飯やナムル、キムチ、肉、たまごなどを入れて食べる料理です。おこげも美味しいので、具材とご飯をすべて混ぜ、石の熱で少し焦がしてから食べるのがおすすめです。

熱々の焼き立てがおすすめ『石焼ビビンバ』

韓国の豆腐料理『スンドゥブ=純豆腐』

日本で言われるおぼろ豆腐を使って作る鍋で、韓国の一般的な家庭料理です。

韓国の豆腐料理『スンドゥブ=純豆腐』

料理人 / 申 弼子 氏 (シン ピルチャ)

専門ジャンル:韓国料理

料理を作りのが好きなことが、料理人になったきっかけ

韓国のソウル出身。幼い頃から料理を作ることが好きで、料理の道に進む。韓国の素朴な家庭料理の味をベースに、オリジナルアレンジを加えた料理を提供。たくさんの人に美味しいオモニの家庭料理を食べてもらいたいと日々料理を研究している。

プロフィールを見る

申 弼子 氏

写真

  • 少人数から大人数までの宴会に対応可能!

    少人数から大人数までの宴会に対応可能!

  • 大人数の宴会にも対応可能な個室

    大人数の宴会にも対応可能な個室

  • ランチは一人でも利用しやすいお店

    ランチは一人でも利用しやすいお店

  • 本場韓国の家庭料理をお腹いっぱい味わえるコースがおすすめ

    本場韓国の家庭料理をお腹いっぱい味わえるコースがおすすめ

  • 韓国の豆腐料理『スンドゥブ=純豆腐』

    韓国の豆腐料理『スンドゥブ=純豆腐』

  • 厳選したお肉が食べられる『サムギョプサル』

    厳選したお肉が食べられる『サムギョプサル』

  • 韓国のお好み焼き『チヂミ』

    韓国のお好み焼き『チヂミ』

  • サムゲタン

    サムゲタン

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

焼肉 東大門の店舗情報

基本情報

店名 焼肉 東大門
TEL

050-5263-8118

047-425-8007

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 JR総武線 船橋駅 徒歩5分
京成線 京成船橋駅 徒歩5分
アクセス JR総武線船橋南口出て徒歩5分
住所 千葉県船橋市本町4-38-22 山口ビル1F 地図を見る
営業時間
ランチ 11:30~14:30
ディナー 16:00~00:00
定休日 不定休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
4000円
【ランチ】
800円
クレジット
カード
AMEX

設備情報

席数形態 半個室あり
駐車場 なし

詳細情報

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5263-8118 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.千葉県船橋市本町4-38-22 山口ビル1F JR総武線船橋南口出て徒歩5分 ここから地図が確認できます。

船橋×焼肉のアクセスランキング

もっと見る

船橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

船橋で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する