カメイドマスモト

亀戸升本

03-3637-1533

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

江戸の暮らしに想いを馳せ味わう伝統野菜・亀戸大根

下町の天神様として親しまれる亀戸天神。そのほど近くに店を構える【升本】は、亀戸大根を使った料理をいただける老舗です。亀戸大根とは、江戸中期から明治にかけてこの地で盛んに栽培されていた大根の名。時代とともに生産量が減り、今では“幻の野菜”と言われています。瑞々しく甘みがあり、繊維質が豊富な独特の食感が魅力です。開店当時からの名物『亀戸大根あさり鍋』のほか、『亀戸大根すてぃっく』『亀戸大根ステーキ』『亀戸大根赤亀漬け』など、亀戸大根の新しい食べ方も提案。近くには神社仏閣が多く、お祝いの席や法事などにもよく利用されています。下町散歩の途中に、江戸っ子が愛した味を試してみてはいかがですか。

亀戸升本
これだけは食べてほしいベスト3

伝統を受け継ぐ庶民の味『亀戸大根あさり鍋』

〈二名様より〉7種の味噌をブレンドした秘伝の汁に、国産あさりのむき身や野菜の出汁が浸み出しています。やや甘めで、どこか懐かしさを感じる味わいです。

メニューを見る

伝統を受け継ぐ庶民の味『亀戸大根あさり鍋』

あさりの出汁で炊いた『亀戸大根あさりセイロめし』

あさりの出汁で炊いたセイロめしに、亀戸大根を使った野菜スティック、ステーキ、たまり漬、茶碗蒸などが付いたお得なご膳。

あさりの出汁で炊いた『亀戸大根あさりセイロめし』

亀戸大根ならではの食感を楽しむ『亀戸大根ステーキ』(一カン)

出汁で炊いた亀戸大根に、小麦粉を付けて焼いたステーキです。アボカドとフォアグラのソースでいただきます。

亀戸大根ならではの食感を楽しむ『亀戸大根ステーキ』(一カン)

料理人 / 笠間 亮助 氏 (カサマ リョウスケ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

幼少の頃から職人を志し、和食一筋に腕を磨く

1978年2月19日生まれ。北海道出身。ふぐ料理店を叔父が営んでおり、祝い事のたびに親戚一同で店に集っていた。その影響を受け、幼少の頃から料理人を志す。北海道文教大学明清高等学校の調理製菓コースへ進学。卒業後、18歳で上京。【つきじ植村】で5年間の下積み時代を過ごした後、不動前【味千房】、戸越銀座【やまなみ】、赤坂【有燻】などで和食一筋に腕を磨く。その後、【升本】へ入り、33歳で料理長となり現在に至る。

プロフィールを見る

笠間 亮助 氏

亀戸升本の店舗情報

基本情報

店名 亀戸升本
TEL

03-3637-1533

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 JR中央・総武線 亀戸駅 徒歩7分
東武亀戸線 亀戸駅 徒歩7分
アクセス JR総武線「亀戸駅」北口より徒歩7分。亀戸四丁目交差点右折すぐ右手。
住所 東京都江東区亀戸4-18-9 大きな地図を見る
営業時間
【平日・祝前】
ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00)
【平日・祝前】
ディナー 17:00~21:30 (L.O.21:00)
【土・日・祝】
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
【土・日・祝】
ディナー 17:00~21:00 (L.O.20:00)
定休日 毎週第3月曜日 ※月曜祝日の時は翌日火曜日定休日(1月、8月、12月を除く)

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
6000円
【ランチ】
1500円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 86人 ( 宴会・パーティー時 着席:86人 )
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 分煙
こだわり
ホームページ http://masumoto.co.jp/ja/honten/

このお店からのお知らせ

2016.12.22

旬味への誘いに掲載中

大粒の国産あさり×伝統野菜・亀戸大根。江戸の暮らしに想いを馳せて食す下町の味

もっと見る

浅草・両国・錦糸町のアクセスランキング

もっと見る

浅草・両国・錦糸町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

浅草・両国・錦糸町で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top