アンプクイケブクロテン

あんぷく 池袋店

050-5871-0478

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

安江 勇治 氏 ヤスエ ユウジ

創作和食の鉄人・道場六三郎氏のもとで腕を磨いた若き「和」の匠

父が営む洋食店【あんぷく】の子として、幼い頃から料理に慣れ親しむ。19歳で岐阜の会席料理の店で料理人としての道を歩み始め、その後、東京・赤坂の【ポワソン六三郎】などで腕を磨く。修行中には、創作料理【NINJA】のニューヨーク店立ち上げにも参画。その、繊細かつ固定概念に捉われない料理が評判となる。帰国後、「父と同じく、大衆食堂をつくりたい」という思いから、創作うどん店【あんぷく】をオープンする。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
28年

自慢の一品

『名物カルボナーラうどん』。好評の理由は和ダシにあり

多くの方から好評の『名物カルボナーラうどん』は、カツオの粗削りで取ったダシとバターで炒めたベーコンを合わせています。日本人が根源的に望む「和ダシ」が隠し味に効いているのが、好評の理由かもしれません。

こだわりの食材

一つひとつの食材をしっかりと吟味して料理に使用しています 

すべての食材にこだわっているので、絞り込むのは難しいですが、あえて挙げれば「旬の野菜」や「明太子」でしょうか。うどんには高級麺用粉「真免許皆伝」を使い、もちもちしたコシと滑らかな食感を出しています。

こだわり食材
明太子 、 うどん

おもてなしの流儀

お客様から、「ありがとう」と言ってもらえる店をつくりたい

料理のみならず、接客を含めたサービス、店内の雰囲気まで含めて、お客様が「気持ちよく過ごせる」空間づくり、そして心から「ありがとう」と言ってもらえる店づくりを心がけています。

和の匠がつくる気の利いた肴をつまむ、大人の女子会にどうぞ

当店は、お酒と相性の良い一品料理、希少な地酒なども用意しています。一品料理を肴に、うどんで締める。普段とは違う、大人の女子会に利用してみてはいかがでしょうか。

プロが教える食の知恵袋 おいしいヒント

安江 勇治 氏

魚を焼く前に、塩を振って少し置いてみて下さい

焼き魚を食べる際、魚の切り身を買ったら、塩を振って少し時間を置いてから調理してみてください。余計な水分を出してから焼くと、美味しく焼きあがりますよ。

営業時間・定休日

営業時間

ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:30)

定休日

無休 ★年末年始(2019年12月30日~2020年1月5日)※1月6日は17時より営業いたします。1月7日から通常通営業です

あんぷく 池袋店に行った2人の投稿から算出しています。

favoreatユーザーが食べて
美味しかった料理レコメンド

名物 カルボナーラうどん

名物 カルボナーラうどん

和風だしベースのカルボナーラ。麺はもちもち太麺、味は濃厚で…

もっと見る

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

池袋西口でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

池袋西口で夏飲みにおすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年10月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top