アンプクイケブクロテン

あんぷく 池袋店

050-5871-0478

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

和ダシが効いた『名物カルボナーラうどん』が女性客の心を射抜く、池袋の創作うどん店

パスタ感覚で楽しめる「うどん」を次々考案し、麺食界に新風を巻き起こす安江勇治氏による創作うどんが楽しめる店【あんぷく 池袋店】。和の鉄人・道場六三郎氏から学んだその腕前を如何なく発揮した一皿を求め、店の前には、昼夜を問わず行列ができています。ぜひ、味わってほしいのが店の看板メニュー『名物カルボナーラうどん』。カツオの粗削りで取ったダシを加えたカルボナーラソースは、濃厚でありながら飽きがこない味わい。コシの強い讃岐うどんと相性が抜群です。メニューには、店のお酒と相性の良い、蕎麦前ならぬ、うどん前も用意。潔くうどんだけを楽しむも良し、仕事や買い物帰りの「晩酌」にも立ち寄れる店です。

あんぷく 池袋店
これだけは食べてほしいベスト3

【あんぷく】の看板メニュー『名物カルボナーラうどん』

和風ダシをベースに、チーズとクリームのコクが濃厚なカルボナーラソースに仕上げた人気メニューです。

メニューを見る

【あんぷく】の看板メニュー『名物カルボナーラうどん』

春の味覚『〆サバとブラックオリーブの冷製うどん』

赤ワインビネガーを使った特製オリーブオイルソースに、ダシ醤油を効かせたスープが、〆サバと相性が抜群。

春の味覚『〆サバとブラックオリーブの冷製うどん』

8時間煮込む特製カレーのスープが絶品『牛すじ黒カレーうどん』

見た目と違いスパイシーでサラッとした味わい。「牛すじ」と「アキレス」の独特の食感がクセになります。

8時間煮込む特製カレーのスープが絶品『牛すじ黒カレーうどん』

料理人 / 安江 勇治 氏 (ヤスエ ユウジ)

専門ジャンル:和食全般

創作和食の鉄人・道場六三郎氏のもとで腕を磨いた若き「和」の匠

父が営む洋食店【あんぷく】の子として、幼い頃から料理に慣れ親しむ。19歳で岐阜の会席料理の店で料理人としての道を歩み始め、その後、東京・赤坂の【ポワソン六三郎】などで腕を磨く。修行中には、創作料理【NINJA】のニューヨーク店立ち上げにも参画。その、繊細かつ固定概念に捉われない料理が評判となる。帰国後、「父と同じく、大衆食堂をつくりたい」という思いから、創作うどん店【あんぷく】をオープンする。

プロフィールを見る

安江 勇治 氏

あんぷく 池袋店の店舗情報

基本情報

店名 あんぷく 池袋店
TEL

050-5871-0478

03-6915-2646

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 JR各線 池袋駅 徒歩5分
東京メトロ各線 池袋駅 徒歩5分
アクセス JR・東京メトロ・西武池袋線・東武東上線「池袋駅」西口から徒歩5分
住所 東京都豊島区西池袋1-37-8 JPビル1F 大きな地図を見る
営業時間
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:30)
ディナー 17:00~00:00 (L.O.22:30)
定休日 無休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
1800円
【ランチ】
1000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

キャパシティ 30人 ( 宴会・パーティー時 立席:30人 着席:25人 )
席数形態 テーブル席20席、カウンター5席。
駐車場 あり

付近に有料駐車場あり。

詳細情報

こだわり

このお店のクチコミを見る

池袋・目白・高田馬場×和風居酒屋のアクセスランキング

もっと見る

池袋・目白・高田馬場でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

池袋・目白・高田馬場で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top