クロゲワギュウヤキニクニクドコロアベノキッシャン

黒毛和牛焼肉 肉處 阿倍野 きっしゃん

06-6654-8129

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

おしゃれな雰囲気の中で落ち着いて焼肉が楽しめる|佐賀牛5等級一頭買いの焼肉店

【黒毛和牛焼肉 肉處 阿倍野 きっしゃん】は、大阪の新たなシンボル「あべのハルカス」の12階にある焼肉店。佐賀牛の中でも特にプレミア感の高い5等級を一頭買いしており、上質な黒毛和牛を低価格にて楽しむことができます。アラカルトのメニュー数も豊富で、上質な牛肉をしゃぶしゃぶやすき焼きにていただくことも可能。コース料理や盛り付けメニューも充実しているので、まずはそこからオーダーしてみるのがおすすめです。店内はモダンテイストな内装が高級感を醸し出しており、落ち着いた雰囲気の中で焼肉を堪能できます。普段使いから個室での中小規模宴会、はたまたデートや接待まで、幅広い用途にて重宝するでしょう。

黒毛和牛焼肉 肉處 阿倍野 きっしゃん
これだけは食べてほしいベスト3

量と質を保証『特選“厚切り”牛塩タン』

こちらの名物『特選“厚切り”牛塩タン』は、贅沢に厚切りして提供しています。食べ応え充分の驚きのボリュームと、噛むほどに口に広がる黒毛和牛の旨みがたまらない一品です。

メニューを見る

量と質を保証『特選“厚切り”牛塩タン』

お店が厳選したおすすめ盛り合わせ『極』

メニュー数も豊富なため、何から選んだら良いか迷ってしまうかと思います。そんな方は『極』の盛り合わせがおすすめ。カルビからホルモンまで、【きっしゃん】の魅力を味わい尽くせます。

お店が厳選したおすすめ盛り合わせ『極』

何枚でも食べたくなる『特上しゃぶ焼きロース』

薄めに切りそろえた黒毛和牛を、あっさりとポン酢でいただきます。肉の上質な味わいは残しつつも後味さっぱりですので、何枚でも食べられそうです。

何枚でも食べたくなる『特上しゃぶ焼きロース』

料理人 / 青砥 匠 氏 (アオト タクミ)

専門ジャンル:洋食全般

とにかく料理が好きだった

1975年生まれ、大阪府出身。高校時代から居酒屋でアルバイトをしており、その時から料理の魅力に引き込まれていく。日に日に料理にのめり込んでいき、料理人の道をひたむきに突き進む日々を送る。いくつかの店舗を経験したのち、2015年から【きっしゃん】にて腕をふるう。

プロフィールを見る

青砥 匠 氏

写真

  • 高級感あふれる店内でこだわりの焼肉を

    高級感あふれる店内でこだわりの焼肉を

  • 中規模宴会にも対応!接待や会食にも重宝します

    中規模宴会にも対応!接待や会食にも重宝します

  • 至高の5等級佐賀牛を贅沢にいただく

    至高の5等級佐賀牛を贅沢にいただく

  • レアステーキ丼

    レアステーキ丼

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

黒毛和牛焼肉 肉處 阿倍野 きっしゃんの店舗情報

基本情報

店名 黒毛和牛焼肉 肉處 阿倍野 きっしゃん
TEL

06-6654-8129

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 近鉄南大阪線 大阪阿部野橋駅
JR関西本線 天王寺駅 徒歩4分
アクセス 近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅徒歩0分/JR天王寺駅徒歩4分
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカスダイニング タワー館12F 地図を見る
営業時間
11:00~23:00 (L.O.22:00)
ランチ 11:00~16:00
定休日 施設に準ずる

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
5000円
【ランチ】
1000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

キャパシティ 40人
駐車場 あり

詳細情報

こだわり
ホームページ http://mjybeef.com/harukas/

よくある質問

  • Q.場所はどこですか?

    A.大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカスダイニング タワー館12F 近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅徒歩0分/JR天王寺駅徒歩4分 ここから地図が確認できます。

天王寺・新世界・住吉×焼肉のアクセスランキング

もっと見る

天王寺・新世界・住吉でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

天王寺・新世界・住吉で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top

報告する