進行表&司会の挨拶

忘年会・新年会の進行表や司会・幹事の挨拶例を紹介します。
上司の挨拶や乾杯、余興からお開きまでの流れが一目でわかります。
宴を成功に導く司会進行を伝授します。

忘年会・新年会の進行表&司会の挨拶

一年の始まりを告げる新年。幹事に抜擢されて、お店も決めて、余興もバッチリ仕込んで、準備万端。
でも、当日の司会進行が不安… そんなあなたに、新年会の進行表と司会の挨拶例をご紹介します。

新年会の流れ 司会(幹事)の言葉・挨拶

開会の言葉
「本日はお集まり戴き有難うございます。お待たせ致しました。これより、株式会社ヒトサラ(○○部)の(忘年会/新年会)を行います。本日司会・進行をさせていただきます○○○○と申します。よろしくお願いします。」

上司の挨拶
「まずはじめに、◯◯部の○○部長より、ひとことご挨拶をいただきます。○○部長よろしくお願いします。」

※出席者の中で最も上の役職の方に事前にお願いしておきましょう。

(お心付け) 「◯◯部長よりご厚志(ごこうし)を頂戴しておりますので皆様にご報告致します。」

※上司から「寸志」を頂いている場合はここで紹介しましょう。


乾杯の挨拶
「○○部長ありがとうございました。それでは乾杯の音頭を○○主任にお願いしたいと思います。各自グラスのご用意をお願いします。」

※出席者の中で上から3番目の役職の方に事前にお願いしておきましょう。


食事・歓談

「では、ゆっくりとお食事とご歓談をお楽しみください。尚、後ほど、ゲームを楽しみたいと思いますのでよろしくお願いします。」

※時間は全体スケジュールやこの後の余興の数によりますが概ね30分~1時間を目安にしましょう。


余興・ゲームなど
「大変お待たせしました。それではこれより恒例の(年忘れ/お年玉争奪)ゲーム大会に参りたいと思います。今年は例年よりも豪華な賞品を沢山取り揃えております。皆さん張り切ってご参加下さい。」

※このタイミングでは程よくお酒が入っているので、より大きな声ではっきりと伝えることが大切です。

(食事・歓談) 「お時間まであと少々、お食事とご歓談をお楽しみ下さい。」

※終了時間までのスケジュールはこのタイミングで調整するようにしましょう。



閉会の挨拶、手締め
「宴たけなわではございますが、お時間のほうがまいりましたので、締めの挨拶を○○課長にお願いしたいと思います。○○課長お願いします。」

※出席者の中で上から2番目の役職の方に事前にお願いしておきましょう。

【手締めとは】
基本的な手締めは、三本締め(三、三、七拍子)ですが、最近は三本締めの変わりに一本締めするようになりました。 また地方によって、博多一本締めや大阪締めもあるようなので事前に調べておきましょう。


お開き・二次会の案内
「本日はお忙しい中をお集りいただきましてまことにありがとうございました。
それでは、この辺で(忘年会/新年会)をお開きにさせて頂きたいと思います。お忘れ物などありませんように…。
尚、二次会として○○の方に予約をとってありますので是非ご参加ください。では、皆様本年もよろしくお願いお願いします」

人数から検索する

最大収容人数が10名までの少人数でも楽しめるお店や、31名以上の大人数も対応可能な大型店まで、
忘年会・新年会の参加人数でお店の検索ができます(※検索はお店の最大収容人数別となります)

2次会にもおすすめ
幹事さんお役立ち検索

「時間を気にせずゆっくり飲みたい」、「お手頃価格で飲みたい」。
幹事さんのご要望にお応えする“コスパ重視”のお店をご紹介します

ヒトサラ編集部おすすめの
忘年会・新年会コンテンツ

今年イチオシの鍋やシェフのオススメなど、お店探しから、宴会当日にも役立つ司会進行表と挨拶のマニュアルまで
幹事さん必見のコンテンツが盛りだくさん

人気の料理ジャンルから探す

老若男女、年代を問わず、誰にでも喜ばれるお店をチョイスしたい、そんな幹事さんは、人気の高いジャンルからお店を探すのが吉。
人気ジャンルからスマートにお店探しをしましょう

Back to Top