1. ヒトサラ
  2. 季節を楽しむ、旬なグルメ情報特集
  3. お酒がすすむ夏料理特集
  4. いま飲みたい、クラフトビール

いま飲みたい クラフトビール

昨今、国内ブルワリーの活性化や酒税法の改正、醸造所併設のビアバーの増加により更に盛り上がりをみせるクラフトビール業界。作り手の熱い思いが込められたビールが数々と登場している。
そんなクラフトビールを心行くまで味わうため、今回は「夏のビールペアリング」をテーマに、東京の人気レストランにこの夏に飲みたいクラフトビールと、一押しメニューを伺った。
ぜひ今年の夏は、クラフトビールと絶品料理でフードぺアリングを楽しんでほしい。

今行きたい
クラフトビールのお店

Pick up

01

個性を追求したオリジナルビールを絶品料理とともにY.Y.G. Brewery & Beer Kitchen / 代々木

 新宿駅からほどなく歩くと、落ち着いた住宅街にウッドテラスが現れ、奧のガラス窓からはビールの醸造タンクが見える。ここ【Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen】はバーとレストランを営み、オリジナルのビールづくりも行う。1階が醸造所とバーを兼ねたキャッシュオンスタイルのビアパブで、7階はレストランフロアとなっている。
レストランは白を基調とした明るく広々とした店内で、昼は大きな窓から明るい陽が差込み、夜になると新宿のビル街の光で都会を感じさせる。昼も夜も常に賑わいをみせており、カップルや友人同士はもちろん、子供と一緒に家族連れで食事をする姿も見られる。みんなで料理をシェアしながらクラフトビールを楽しむアットホームな空気の心地よさは、ここならではだ。

ビールはここでしか飲めないオリジナルメニューとゲストビールを用意。自家醸造のオリジナルビールは2週間に一度は新作が開栓され、お客さんの意見と取り入れながらビールは日々改良され進化する。「なかには常連のお客さんからのリクエストで生まれたビールもあります」とマネージャーの伊ヶ谷さん。

そして二人のシェフが手掛ける料理は、ビールの味わいを引き立てるものばかり。自家製のアンバーエールで煮込んだ『ショートリブ』や、その日仕入れた鮮魚を使用したカルパッチョなど、どれもしっかりとしたボリュームなので3〜4名でシェアして食べるのがオススメだ。新たなビールが出来上がると、どんな料理と合わせるかをビールの作り手が選ぶという。メニューを見ると、それぞれのビールに合わせてお勧めペアリングを提案してくれているのが嬉しいところ。
ビールをこよなく愛するブルワー、スタッフが集うY.Y.G。新たに登場するビールと料理を楽しみに、自分の行きつけにしたくなる一軒だ。

  • Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

    『渋谷IPA』×『大山地鶏のグリル』。アロマを感じるフルーティーな香りとホップのしっかりとした苦味を感じる初夏にぴったりなビールは、ガーリックとスパイスで味付けたジューシーな地鶏のグリルと一緒に。ホワイトペッパーの辛さがビールの旨みを引き立てる

  • Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

    ベースはしっかりと整えていきたいと、アンバーエールとペールエールを中心に様々なスタイルのビールをつくり続けてきた。「オープンから3年目になり、ここからが冒険だと思っています。自分たちの色を出したビールをつくっていきたいですね」

  • Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

    モルトの甘みとホップの苦みを感じる『代々木アンバーエール』は1番人気の定番ビール。こちらは自家製のアンバーエールとハーブ、マスタードで煮込んだ『ショートリブ』と合わせていただこう。ほぐれるほど柔らかなショートリブは優しい味わいで、アンバーエールの程よい苦味とマッチする

Editor's Recommend

人気メニューの『オイスターバーガー』は広島産の大粒の牡蠣を使用したミニバーガー。さっくりとした衣に身を包んだ牡蠣はタルタルソースと合わせて。ペアリングはヴァイツェンやペールエールといった軽やかな味わいのビールがオススメ

Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

SHOP DATA

YYG Brewery & Beer Kitchen
  • 新線新宿駅(A6 出口)から徒歩3分、JR新宿駅(南口)から徒歩7分
  • 東京都渋谷区代々木2-18-3 1F・7F
  • 03-6276-5550

Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen

02

旬菜ビストロ料理と国産クラフトビールで乾杯クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN / 五反田

 五反田駅の西口から歩いて5分ほど、飲食店が建ち並ぶエリアにビール好きの大人たちが集う隠れ家がある。クラフトビールとビストロ料理を楽しめる【CRAFTSMAN五反田】である。店内は木のぬくもりに満ちたやわらかな空間で、ほんのりとした灯りが心地良く、アットホームで落ち着いた雰囲気はまさに大人たちの憩いの場。

クラフトビールは常時31タップを設置し、注力的に揃えているのが国産ブルワリーのもの。カウンター席の目の前に並んだタップは圧巻で、種類豊富なクラフトビールはスタイルも様々。入れ替わりも多いため、もしかしたら今日しか出会えないものもあるかもしれない。どれも飲んでみたい、何を飲もうか迷ってしまった、そんな時にはぜひ『テイスティングセット(1,050円・税込)』を頼んでほしい。3種類のビールを150mlずつ少量で楽しめるので、一人飲みはもちろん、みんなでシェアをしながらお気に入りのビールを見つけるのも良いだろう。

ここでの楽しみはビールだけではない。そう、ここのコンセプトは「和ビストロ」であり、季節の和食材をふんだんに使ったビストロ料理と自家製のシャルキュトリーがウリなのだ。メニューは季節に応じて変わり、供される料理はどれもじっくりと手間暇をかけた、素材の旨味が引きたつものばかり。「ビール合う、ここでしか味わうことのできないメニューを考案しています」とシェフの蛭田 巧さん。
旬の素材を大切にしたビストロ料理とビールを味わいながらゆったりとした時間を過ごす、そんな爽やかな夏の夜の心地よさを感じて欲しい。

  • クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN

    『厳選国産牛イチボのロースト』×大雪地ビール『南北』。一晩昆布締めをしたイチボは、噛みしめるとじゅわっと昆布の旨みが広がる。甘みのある脂身を、グレープフルーツの香る辛口のビールで流し込む。ボリューム感のあるお肉を最後まで楽しむことができる夏にぴったりのペアリング

  • クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN

    シェフの蛭田さんはフランス料理出身、ホテル勤務を経て渡仏し、一ツ星レストランでも研鑽を積んだ実力派。料理を味わえば、丁寧な仕事ぶりを感じることができる。和素材を使ったシンプルながらも味わい深い料理はどれも絶品だ

  • クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN

    『FINAL CUT Session IPA』×『ビンチョウまぐろと燻製里芋串』。アルコール度数を低く抑えたIPAはホップのまろやかな苦味とフルーティーな味わいで、和食と好相性。こちらは冷製の串物を合わせて。旨味を凝縮させたマグロは生ハムのようなしっとりとした食感で、里芋はダシの旨味をじんわりと感じる

Editor's Recommend

シメに食べたいのが『しらすとパクチーのストーブ飯』。このメニュー目当てで来店するお客さんもいるほどの隠れた人気メニューなんだとか。シラスとパクチーを、生姜や白だしを使った出汁でストーブで炊き込む。パクチーの香りが上品でしらすの塩味がやさしい味わい。おこげがあるのも嬉しい

クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN

SHOP DATA

クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN
  • 五反田駅(西口)から徒歩3分
  • 東京都品川区西五反田2-18-3 グレイス五反田 1F
  • 03-6420-3402

クラフト麦酒ビストロ CRAFTSMAN

03

スパイス香るネパール料理を厳選地ビールと合わせてヒマラヤテーブル / 神田

 ビアパブが多く出店する神田エリアに、クラフトビールとネパール料理が楽しめる【ヒマラヤテーブル】がある。2013年3月にオープンし、今年で6年目を迎える。お店は明るくモダンな雰囲気で、カウンターからテーブル席まで常に賑わいを見せ、夜が更けるとあっという間に満席となる人気店だ。
ビールは厳選して10種類をオンリスト。オーナーが惚れ込んだ国内ブルワリーを中心に取り揃え、職人たちの熱い思いが込められたビールが並び、限定品といった珍しいビールも仕入れるためそのビールを目的で訪れる常連客も多い。料理に合うドリンカビリティの高いビールが多いのも印象的だ。ランナップは日々変わるのでぜひチェックしてほしい。

「元々旅行会社に勤めていて、そこで出会ったネパールの家庭料理に感銘を受けました。インド料理と比べて、ネパール料理はスパイスの味わいが優しくてどんなビールにも合いますよ」とオーナーの久保田さん。ここではネパール人シェフがつくる本場の料理が味わえるのが魅力だ。
なかでもイチオシは、店の看板メニューでもあるネパール版小籠包の『モモ』。お店で手づくりするモチモチ食感の生地のなかには、鶏ひき肉をベースにニンニクや生姜で味付けをした餡がしっかりと詰まっている。ふんわりと蒸しあげたモモはスパイスの風味が優しく、ジューシーな味わい。
カウンター席にいると、食欲をそそる香りと続々出てくる料理についつい目移りしてしまう。ここの料理は思わず食べすぎてしまうほど、ビールとの相性が良いのだ。

ここにはクラフトビール好きが集まり、夜な夜な語り合う。オーナーやスタッフを交えたこの楽しげな賑わいがなんとも心地よく長居してしまう。女性の一人飲みにもぜひオススメしたい一軒である。

  • ヒマラヤテーブル

    『モモ』×『Deco8(でこっぱち)』。デコポンの果皮を漬け込んだビールは、ふんわりと柑橘の香りを感じ、ホップの苦味もありながらフルーティーな味わいが印象的なまさに夏にぴったりの一杯。箸もビールもぐいぐい進むペアリング

  • ヒマラヤテーブル

    ネパール人シェフのマガル・マン・バハドルさんがつくる料理は、化学調味料を使用しない。しっかり食事をしたい方にはカレーもオススメ。オーナーの久保田さんが選ぶビールにも注目だ

  • ヒマラヤテーブル

    『チャタモリ』×『日本海倶楽部ピルスナー』。米粉を使ったネパールのピザ・チャタモリはじっくり時間をかけて蒸し焼きに。味付けは極力シンプルに、ひき肉と生地の旨味が引き立つ一皿だ。スッキリとした喉越しでごくごく飲めるさわやかな味わいのピルスナーと合わせてどうぞ

Editor's Recommend

ここはカレー目当てで訪れるお客さんもいるほどカレーも美味しいのです。『チャナ・マサラ』は大粒のヒヨコマメを使用したネパールのドライカレー。豆や野菜のほっくり、シャキシャキとした食感がたまらない。小麦が香る焼きたての『チャパティ』と合わせていただこう

ヒマラヤテーブル

SHOP DATA

ヒマラヤテーブル
  • 神田駅(西口)から徒歩2分
  • 東京都千代田区内神田3-5-5 大同ビル2F
  • 03-3525-4110

ヒマラヤテーブル

04

今日はゆっくりと一杯。大人のためのビアバーCRAFT HANDS / 麻布十番

 麻布十番のビアバー【クラフトハンズ】は昼と夜、1階と地下で表情の変わる、さまざまなシーンで利用できる使い勝手の良いお店だ。1階はカウンター席のみ、おひとり様やカップルそれぞれが思い思いの時間を過ごしている。地下にはテーブル席があり、薄暗くライトアップされたムーディーな空間ながらも、賑やかな雰囲気で女子会やデートはもちろん、パーティーにも利用できる。

こちらでは厳選されたドラフトビールが14タップ、ボトルで60種類以上をという豊富な種類のクラフトビールを取り揃え、日本のブルワリーはもちろん、海外からも数々のビールを取り寄せる。なかでもサワーエールはオーナーの強いこだわりで、アメリカ産を中心に多彩なラインナップをみせる。他のお店ではなかなか飲むことのできないビールに注目だ。

「フードメニューは、いかにビールのアテになるかを考えてつくっています」とオーナーの関根さん。確かにメニューを見ると、想像するだけでゴクリと喉が鳴るほど、間違いなくビールが進む料理が並んでいる。例えば、シタヒラメをIPAで溶いた衣とカダイフを巻いて揚げた『白身魚のカダイフ フィッシュ&チップス』は、カレーの風味のガルバンゾソースと、ハラペーニョでピリ辛に仕上げたタルタルソースでいただく。どちらもしっかりとした濃い味のソースで、とにかくビールが進む味わい。この他にも、たっぷりとチーズをつかった『自家製ナチョス』や、ガーリックのコクと唐辛子の辛みが効いた『山盛りムール貝とハマグリの白穂乃香蒸し』など、スッキリ飲めるピルスナーから、しっかり重いサワーエールまで、幅広いスタイルのビールに合う豊富なメニューが揃っている。

休日は15時からオープンし、早い時間がとくに賑わいを見せるという。休みの日にお昼から軽く一杯飲むのも良し、仕事終わりにビールをお供に親しい友人と語り合うのも良し。ビールとともに幸せな時間に浸りたい。

  • CRAFT HANDS

    『フィッシュ&チップス』×『日向夏ラガー』。柑橘独自の苦味でスッキリとした口当たりの、夏にぴったりのラガー。フルーティーな香りが鼻に抜ける爽やかな一杯で、揚げ物もペロリと食べ進めることができる

  • CRAFT HANDS

    スタッフの伊藤 慎太郎さん。お客様に寄り添った丁寧な接客で、お店の居心地の良さをつくりだす。注文に迷ったら、色々話を聞いてみると良いだろう。素敵なビールと出会えること間違いなし

  • CRAFT HANDS

    麻布十番駅からすぐ、大きな看板とイエローの扉が目印。夏は開放的に扉をオープンしているので、ついつい足を運んでしまう。店内で流れるジャズやボサノバに耳を傾け、お酒を飲みつつゆったりとした時間を楽しんで

Editor's Recommend

赤ワインの樽を使用して熟成させた『サンロイヤル 2017』は、ワインのような芳醇な味わいに加え、程よい酸味と熟成感が味わえるサワーエールだ。スパイスの効いた『山盛りムール貝とハマグリの白穂乃香蒸し』と合わせて、じっくり時間をかけていただこう

CRAFT HANDS

SHOP DATA

CRAFT HANDS
  • 麻布十番駅(7番出口)からすぐ
  • 東京都港区麻布十番1-3-13 CASA ESENCIA 1F
  • 03-3568-3723

CRAFT HANDS

01

ペアリングを心ゆくまで楽しめるオールデイダイニングSPRING VALLEY BREWERY TOKYO / 代官山

 昼も夜も常に活気に溢れ、老若男女、国籍問わず様々なひとたちみんなが笑顔でビールを楽しんでいる。それが代官山にある【スプリングバレーブルワリー東京】だ。広々としたテラス席はいつでも多くの人で賑わい、店内は天井が高く海外のようなお洒落な空間が広がり、開放感を味わうことができる。

すべて自社で醸造したオリジナルのクラフトビールを提供しており、麦汁づくりから樽詰めまでレストラン併設の醸造所で行われている。ここでつくるビールは個性的でありながら飲みやすさを追求した、バランスのとれた味わいが魅力。味わいの異なる6種類の定番ビールのほか、季節の素材や豊かなフレーバーを使用したここでしか飲むことのできない限定のビールも、年間40種類以上と数多く登場する。
2015年のオープン当初から「ビールになにを合わせるか」ということをテーマに、フードペアリングの提案を行なっている。メニュー表にはサラダからデザートまですべてのメニューにオススメのビールが記載されており、朝や昼は軽食に合わせてカフェ感覚で、夜はおつまみからデザート、もちろんフルコースまでペアリングを楽しむことができる。時間やシチュエーションを問わず使えて、ビールペアリングをとことん楽しめる「オールデイダイニング」だ。

オープンは朝8時から。夏の晴れ晴れとした空の下、気持ちよくビールを味わいたい日に訪れたい。

  • SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

    『夏野菜と赤エビの冷製カッペリーニ*』×『JAZZBERRY』。トマトやズッキーニをはじめとした夏野菜と、仕上げにかけるかき氷状のコンソメの味わいをしっかりと纏ったカッペリーニには、フルーティーなビールを合わせて。冷涼感溢れるこの夏イチオシのさわやかなペアリングだ
    *2018年7月限定

  • SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

    様々なジャンルのレストランで修行をした料理長の大髙英樹さん。肉料理からスイーツまで幅広く手がける。なかでもオススメだというのがフィレやサーロインを900℃のオーブンで豪快に焼き上げた『Tボーンステーキ』

  • SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

    6種類の定番ビールとおつまみが楽しめる『ペアリングセット』。個性的なビールと味わい豊かなおつまみで、フードぺアリングの楽しさを実感できる。まずはこちらで自分のお気に入りの一杯を見つけみては

Editor's Recommend

女子たちが集まると「最後のデザートどうする?」となりますよね。そんな時には『SVB特製チョコレートケーキ』×『Afterdark』を。甘くて濃厚チョコレートケーキは、アイスコーヒーのようなすっきりとした味わいのアフターダークが好相性。クリーミーな泡と香ばしい香りをゆっくりと時間をかけて味わって

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

SHOP DATA

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO
  • 代官山駅(北口)から徒歩4分
  • 東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内
  • 03-6416-4960

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

夏料理特集 2020 TOPへ戻る

Back to Top