至福の逸品~dish stories~ vol.03

パンがくれるとっておきの幸福感

大切なひとときをパンと過ごすカフェ“ボスケ”

大宮の静かな住宅街の一角でバスをおりると、見つけた瞬間に世界が変わったのかと錯覚をおこすほど心を奪われる「三橋の森」が佇んでいる。結婚式場・フレンチレストラン・カルチャースクール・保育園・カフェが一体となった安らぎの森は、 “日々の潤いの場”としてやさしい時間を提供してくれる。今回ご紹介するのは、そんな「三橋の森」の門を通って最初に見えてくる、ベーカリー専門カフェの「ボスケ」 。平日でも休日でも、お友達とのランチでも誕生日でも、誰もがそれぞれ感じる大切なひととに対応できる、たくさんの人が自然と集まるカフェ。その“引力”、そこはかとなく漂う“幸福感”の秘密を解き明かそう。

カフェ“ボスケ”の店舗情報を見る

撮影/関 尚道
ブーランジェが“科学者”である理由

ブーランジェが“科学者”である理由

 大切なひとときは、お客様の数だけ存在する。だからこそ、毎日変わらずおいしいパンを作り続けていかなければならない。
「最高級の素材を使えば、大抵の人はおいしいパンが作れるんですよ。でも、私達がこだわっているのは、素材の質だけでなく、扱い方なんです。」と話すシェフ・ブーランジェの尾崎義人さん。
 例えば、その日の天候(気温や湿度)によって、素材の状態というのは日々変わるものだから、その少しの変化に合わせて、使う水の温度を変える日もあれば、水や粉の量を調節する日もあるという。決まったレシピを毎日繰り返すのではなく、温度を測って、計算して、データをとる…そんな科学者のように緻密な工程を重ねることで、素材の魅力を最大限活かしたボスケのパンは生まれている。

「カフェだから、お客様の反応がその場ですぐに返ってくるんです。細かく仕込んだパンの味が伝わって、おいしいと言ってもらえると本当に嬉しいんですよね。」と優しい表情で話してくれた。

※ブーランジェとは、フランス語でパン職人のこと

「一生かけてのお付き合い」をするために

「一生かけてのお付き合い」をするために

 パンに対する真摯な姿勢だけでなく、お客様との結びつきを大切にする愛情の強さがうかがえた。
「どれだけおいしいものを作っても、手にとってもらえなければ意味がない。スタッフにはお客様との積極的な会話と、笑顔の大切さを教えています。」
 店内からガラス一枚で仕切られたキッチン。そのキッチンからは、フロアスタッフだけでなくパン職人も多く出入りをしていた。お客様に目が行き届くというよりは、お客様自身から気軽に話しかけられるような雰囲気。パンのことから他愛もない話まで、お客様との近い距離を大切にするのがボスケのモットー。

 上からは、保育園で元気に遊びまわる子供たちのかわいい足音が聞こえ、窓からは挙式を挙げる新郎新婦の笑顔が見える。香ばしいパンの匂いと暖かい木の匂いが静かに溶け合う“いつまでもここにいたい”と思わせる空間には、人と人が触れ合うイートインだからこそ重要な、徹底されたお客様主義の精神が詰まっていた。

作り手と贈り手の思いが詰まったバースデーパン

作り手と贈り手の思いが詰まったバースデーパン

 ケーキの型を使って焼かれた大きなバケットに、たくさんのパンが詰められた人気のバースデーパン。カフェの上にある保育園の先生のために、何か特別なお祝いができないかと悩んだ末に作ったのがきっかけで、生まれたという。
「バースデーパンは、1つ1つお客様の要望をうかがった上で作るオリジナルなんです。だから、電話注文だけじゃなくて、なるべく来店してもらって要望を聞けたらなと思っています。」
 動物パンでも、あんパンでも、ハード系のパンでも、何でもOK。スタッフみんなでバースデーソングを歌ってのお祝いだって叶えてくれる。
 どんな人が、誰に、どんな思いでバースデーパンを贈るのか。そして、その思いにブーランジェとしてボスケとして何をプラスできるのか。きっかけはお客様のためではないけれど、“大切な人のために”というキーワードが自然と認められて、多くの注文を受けているのだろう。

いつでもパン

朝昼晩どの時間でも登場し得る、生活に密着した存在のパン。だからこそ、どの時間のニーズにも答えてほしい。
しかし、様々な種類のパンが並ぶ中で、どのパンがどの時間に合っているのか、私たちは知っているのだろうか。
「いつ来ていただいても、お客さまのニーズにあったパンを提供したい。」と話す尾崎さんに、 それぞれの時間に適したパンを、教えてもらった。

  • A.発酵バターのクロワッサン 160円 :香り高い発酵バターを折り込んだクロワッサン フランスの朝食の定番
  • B.フレンチトースト 140円 : 香り高い発酵バターを折り込んだクロワッサン フランスの朝食の定番
  • C.クロックムッシュ 200円 / D.シェフの気まぐれピザ 220円: 香り高い発酵バターを折り込んだクロワッサン フランスの朝食の定番
  • E.ブール 160円 : 香り高い発酵バターを折り込んだクロワッサン フランスの朝食の定番
  • F.パン・オ・フリュイ 180円 : フランスパン生地に、いちじく、レーズン、クランベリー、クルミをまぜて焼き上げたハード系のパン 薄くスライスして焼き直すと、パンの魅力が際立つそう

このページで紹介したお店

『cafe au Bosquet』

【アクセス】
JR各線大宮駅西口、西武バス乗場へ。
4系統「西遊馬行」または、5系統「佐知川原行」に乗車(乗車時間:8分)し、『三橋一丁目』下車、徒歩1分。
【営業時間】
[月・水~日]9:00~18:00 (L.O.17:30)

>>「カフェボスケ」の店舗情報を見る

『cafe au Bosquet』

「カフェボスケ」に併設するフレンチレストラン

『RESTAURANT Accueil PAR Perchoir』

【営業時間】
[月・水~金]11:30~15:00 (L.O.14:00)

>>「レストラン アキュイ」の店舗情報を見る

『RESTAURANT Accueil PAR Perchoir』

編集後記

お土産用のパンを選んでいると、取材でお話しを伺った“お客様主義”の光景が実際に目の前に!!
お客様が店長の尾崎さんに気軽にパンについての質問をされていて、その質問に尾崎さんが丁寧に答えている。
思わず「あ~、こういうの良いね」と口に出してしていました。もちろん私達にも、すぐ売り切れてしまうという人気のラスクを持ってきてくださったり、出来立てのミルクパンを教えてくださったりと、どこまでも温かい人柄にほっこりしました。

~おまけ情報~
三橋の森では、毎月「はじめてのパン教室」「アロマセラピー教室」など
様々なカルチャースクールも開催しているそうです。詳細確認はお電話、HPから♪

(取材担当:編集S & 編集M)

▲パンがくれる、とっておきの幸福感~カフェボスケ~ ページトップへ

記事一覧

Vol.32
江戸の庶民に愛された夏の活力源『どじょう』 ~どぜう飯田屋~
Vol.31
春の風物詩、光輝く白魚『しらす』 ~ピッコロ ヴァーゾ~
Vol.30
春先に旬の頂を迎え、滋味に富んだ『蛤(はまぐり)』 ~貝料理はまぐり~
Vol.29
ダイナミックな冬の美味を新鮮な刺身で堪能『タラバガニ』~赤坂きた福~
Vol.28
新年の幕開けにふさわしい、ごちそう料理「すき焼き」 ~江知勝~
Vol.27
冬本番。甘さと濃厚な旨みを味わう「牡蠣」 ~ペスカデリア銀座店~
Vol.26
江戸の秋を告げる、日本の伝統食「蕎麦」 ~神田まつや~
Vol.25
秋鮭の旨みを存分に堪能「はらこ飯」 ~つみき 神楽坂~
Vol.24
風味で味わう秋の味覚「鱧と松茸の小鍋仕立て」~銀座 和久多~
Vol.23
元気に夏を乗り切るための「フィッシュカレー」 ~bills 七里ヶ浜店~
Vol.22
夏バテを防ぐ、琉球に伝わる伝統料理「ゴーヤチャンプル」~琉球料理 みやらび~
Vol.21
希少な極上ラムを豪快に味わう夏「彩り野菜のジンギスカン」~えびすジンギスカン 海月~
Vol.20
活穴子を小粋に味わう 江戸の夏「穴子の小鍋」~穴子料理 ます味~
Vol.19
マンゴーでトロピカル気分を堪能「南国フルーツのタルト」~キル フェ ボン グランメゾン銀座~
Vol.18
自然の甘さと深い味わいに感動「フルーツトマトの冷製カッペリーニ」~リストランテ ホンダ~
Vol.17
深蒸し茶と胡麻だれの、香ばしき風味「鯛茶漬け」~銀座 あさみ~
Vol.16
山海の美味 華やかなる饗宴「鰹のたたき 初夏の彩り」~かさね~
Vol.15
鮮やかなる薬膳中華「たけのこと彩り野菜の炒め」~銀座小はれ日より~
Vol.14
春だけのおいしさ「ホワイトアスパラガスのクリーム和え」~ツム・アインホルン~
Vol.13
由比の春風を感じる「桜えびのかき揚げ天ぷらそば」~そばと小皿料理 若松~
Vol.12
春を味わい尽くす「鰆のポワレ ふきのとうのソース」~フレンチレストラン ル ピラート~
Vol.11
本場どぶ汁仕立ての濃厚「あんこう鍋」~神田あじぐらなまこ屋~
Vol.10
旨味たっぷり、美容鍋「タッカンマリ」~韓国家庭料理 仁寺洞~
Vol.09
出汁香る、極上卵の親子丼~赤坂 ざんまい~
Vol.08
冬のごちそうジビエ「鹿肉のロースト」~Bistro×Ristorante A-cube~
Vol.06
冬に美味しい煮込みハンバーグ~洋食 プクプク亭~
Vol.05
冬の新定番・薬膳火鍋~老麻火鍋房 渋谷 円山町店~
Vol.04
紅葉鯛の土鍋ご飯~旬菜おぐら家~
Vol.03
パンがくれる、とっておきの幸福感~カフェボスケ~
Vol.02
カラダにおいしいハーブティー~“自分に効く”ハーブティーの選び方~
Vol.01
心を満たす、焼肉 「焼肉もとやま」

Back to Top