2019.11.21 美味、解禁。

進化する
ボジョレー・
ヌーヴォー

ここ数年、ボジョレー・ヌーヴォー人気が再燃している。 その理由は、なんといっても品質の向上と、ロゼや白の登場といった多彩な魅力にある。1980年代の熱狂的盛り上がりとはまた違って、新酒を祝うというフランス文化をナチュラルに楽しむようになっているのも特徴。 今年はさらに美味しくなったボジョレー=ヌーヴォーで、仲間と一緒に乾杯したい!

Etienne Ramousse, Denis Laveur

ここ数年、ボジョレー・ヌーヴォー人気が再燃している。 その理由は、なんといっても品質の向上と、ロゼや白の登場といった多彩な魅力にある。

1980年代の熱狂的盛り上がりとはまた違って、新酒を祝うというフランス文化をナチュラルに楽しむようになっているのも特徴。

今年はさらに美味しくなったボジョレー・ヌーヴォーで、仲間と一緒に乾杯したい!

そもそも、ボジョレー・ヌーヴォーとは?

Etienne Ramousse

ボジョレーワインとはフランス・ブルゴーニュ地方の南・リヨンの北に位置するボジョレー地区で生産されるワインのことで、ヌーヴォーは 新酒 の意。その年に収穫したブドウでつくられる最初のワインとして、どの銘柄よりも早くワインの味を楽しむことができるとして知られている。ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日というと、毎年変更しているイメージだが、実際には、毎年11月第3木曜日(日付が変わった午前0時)に解禁されると決まっているのだ。ブドウ品種はボジョレー地区の主要品種であるガメイ種で、チェリーの香りとピュアな酸味が特徴的。飲みやすく、チャーミングな味わいだ

Etienne Ramousse

日本は、世界でいちばん
ボジョレー・ヌーヴォーが楽しい国!

Etienne Ramousse

実は今、ボジョレー・ヌーヴォーが多彩にそろう国は、なんと日本。フランスでも手に入らない銘柄も多く、「新酒の時期には日本に輸入されているボジョレー=ヌーヴォーを集め、ほぼ毎年日本で試飲を行う」というボジョレーの大御所もいるほど。銘柄が多彩ということは、味わいもバラエティ豊かということ。しかも、日本ほど和洋中、そしてエスニックと、美食シーンが充実した国はない。フレッシュフルーティーなボジョレー・ヌーヴォーはさまざまな料理にも合うので、日本はまさにボジョレー・ヌーヴォー・パラダイスなのだ。

Etienne Ramousse

味わいも、多様性も。
進化するボジョレー・ヌーヴォー

Denis Laveur

「ボジョレー・ヌーヴォーは水っぽい」。これはもう昔の話。今のボジョレー・ヌーヴォーはスミレのような華やかな香りをもち、果実味もとても豊かなものが多い。ボジョレー・ヌーヴォーは、大きなタンクにブドウを潰さずに次々と入れ、その重さで潰れた下方のブドウ果汁が自然に発酵を始める「マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)」でつくられるが、この醸造技術が格段に進歩し、フレッシュで味わい深いワインが生み出されているのだ。近年では世界的人気のロゼや、ごくわずかだが白も登場、多彩な進化をみせている。

Denis Laveur

Back to Top