取材:梶野 佐智子
撮影:玉川 博之

  • 読書好きの亀山さん。「小説のパン屋さんはいい人ばかり。それがこの道を志すきっかけだったかも」と笑う

  • 菓子パンも豊富。『抹茶のブリオッシュ』、『木苺とショコラのブリオッシュ』、『ブリオッシュ・アテット』

  • 随時パンが焼き上がり、棚が商品で埋まるのは14時~15時頃がピーク。1日で70種類ほど焼くそう

  • ショップオリジナルのグッズ。トートバッグに焼き菓子を入れ、ちょっとしたギフトとして贈るのもおすすめ

Store Data

薫々堂

住所 神奈川県横浜市泉区和泉町3857-10
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜・日曜
電話番号 045-805-0403
URL http://www.kunkundou.com

しっかり手づくり、ちゃんと美味しい
毎日食べたくなるパンがずらり

 お店に足を踏み入れると、小麦粉の焼けるいい香りが漂ってきます。ここ【薫々堂】は、手づくりにこだわるパン屋さん。10時から開店し、焼き上げたパンが棚いっぱいに並ぶのは14時~15時頃。冷凍生地やイーストフードを一切使用せず、時間をかけてじっくりと焼き上げるパンの美味しさは格別です。
 店主の亀山裕子さんはフランスで修業し、パン職人の国家資格を取得した経歴の持ち主。そこで学んだことは技術よりも“パン屋としての在り方”だったそう。「珍しいものはなくても、お客さまが毎日のように同じフランスパンを買っていく。美味しいパン屋さんは、その街の自慢なんです」と亀山さん。お店を開くとき、日本人が毎日食べるなら“食パン”だと考えました。だからこそ、もちもち食感の『パン・ド・ミ』、ミルクたっぷりの『角食パン』、全粒粉とはちみつ入りの『シェフの食パン』と、それぞれ味わいの違う食パンを3種類用意しました。
 丁寧に焼き上げた香り豊かなパンが、今日も街の人々のお腹と心を満たしています。

薫々堂の
イチオシポイント!

Click here !

Click here!

いずみ中央駅近くのおすすめスポット

いずみ中央駅
徒歩1分

地蔵原の水辺神奈川県横浜市泉区和泉町3540

駅の目の前にある水辺の広場。隣には透き通った綺麗な川が流れており、メダカやトンボなどの姿が見られます。広場では子供たちが遊ぶ姿も。街道から少し脇に入ったところにある、ちょっとしたオアシスです。自然を残した街・いずみ中央ならではのいこいの広場で一息ついてみてはいかがでしょうか。

沿線レストランの最新情報

相鉄沿線でお気に入りの店をみつけたら、最新情報はこちらでチェック。
シーズンごとのイベント、実際にお店を訪れたユーザーのコラム、お得な情報などをご紹介します。
※相鉄グループが運営するサイトに移動します

相鉄線沿線のお出かけ情報はそうてつStyle

リニューアルして検索機能が充実し、赤ちゃんとのお出かけに便利な「そうてつママナビ」も登場しました!
※相鉄グループが運営するサイトに移動します

page top

Back to Top