撮影:玉川 博之

  • 薬味となるねぎや、天ぷらダネの野菜も一部は自主栽培。玄そばをひく石臼にもこだわりをみせる角守さん

  • 異なる産地のそば粉を用意する同店。『もりそば替』をオーダーすると、最初とは違う産地のそばが楽しめます

  • 奥様がつくる『そばとうふ』。滑らかな口当たりとさっぱりした後味で常連の方から好評を博している逸品

  • 店主の角守さんの趣味のひとつである見事な腕前の「写真」なども店の雰囲気づくりに一役買っています

監修 山本秀正シェフ

名店プロジェクト監修

山本秀正シェフが注目したのはココ!

「そばの極み」この言葉がピッタリのお店、至便とは言い難い立地にあの賑わいは「蕎麦」への真摯な対峙、ご主人のユニークな人柄や話にも惹かれます。

Store Data

坊ノ上 なむいち

住所 神奈川県横浜市泉区下飯田町761-1
営業時間 11:30~14:30 ※そばがなくなり次第閉店
定休日 月曜・火曜(祝日の場合は営業)
電話番号 045-801-2942
URL http://www.namuichi.com/

クオリティの高さをミシュランも評価
店主のこだわりが詰まった蕎麦処

 相鉄いずみ野線の終点から1つ手前、のどかな風景が広がるゆめが丘駅近くに、「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」に掲載された蕎麦処【坊ノ上 なむいち】があります。営業は昼時の11:30~14:30とわずかな時間、都心から距離のある立地ながら、店の駐車場には評判を聞きつけた県外ナンバーの車も停まっているほどの盛況ぶりです。
 店主の角守俊則さんは、もともと酒販売店を経営。その頃から「趣味で」そば屋やそば畑、そば用の調理器具を見て周り、独学で現在の店の味の土台をつくったそうです。そのこだわりは店で打たれるそばの味に存分に発揮されていますが、一方でお客様へは堅苦しい雰囲気など微塵も感じさせないのも店の魅力。そば屋の主人でありながらイタリアの国旗があしらわれたコックコートを纏い、そばの味に対するこだわりをうかがえば、「お客様が喜んでくれる味」と笑顔で答える角守さん。お客様のオーダーにも「極力、柔軟に応じる」という店の姿勢には一切のてらいを感じさせません。
 そばと同様に人気の高い酒のアテを担当する奥様の角守さんへの評価は“凝り性の趣味人”。「採算は度外視で、よいと思えば近くにそば畑までつくる。こんな自由気ままな夫が才能を発揮できたのは、自然豊かな地が残り、懐の深いお客様に恵まれるゆめが丘という場所だったからかもしれません」と苦笑します。
 天賦の才を育み、花開かせた、ゆめが丘という土地でしか食べられない絶品のそばをぜひ、ご堪能あれ。

坊ノ上 なむいちの
イチオシポイント!

Click here !

Click here!

お店近くのおすすめスポット

ゆめが丘駅
徒歩20分

鳥の撮影スポット神奈川県横浜市泉区下飯田町629-1(周辺)

お店からは5分ほどの場所にある手つかずの自然が多く残るゆめが丘駅周辺ならではのおすすめスポット。下飯田交差点近くにある境川には多くの鳥類が集まると評判。愛好家たちから絶好の撮影スポットと重宝されています。

沿線レストランの最新情報

相鉄沿線でお気に入りの店をみつけたら、最新情報はこちらでチェック。
シーズンごとのイベント、実際にお店を訪れたユーザーのコラム、お得な情報などをご紹介します。
※相鉄グループが運営するサイトに移動します

相鉄線沿線のお出かけ情報はそうてつStyle

リニューアルして検索機能が充実し、赤ちゃんとのお出かけに便利な「そうてつママナビ」も登場しました!
※相鉄グループが運営するサイトに移動します

page top

Back to Top