料理王国×ヒトサラ

料理王国とは?

  1994年の創刊以来一貫して文化としての「食」を見つめ、料理人が真に求める情報をいち早く伝える情報誌。
   プロの料理人はもとより、料理研究家、料理評論家、マスコミ、一般の食通まで幅広い読者をもつ。毎月公開される一流シェフの人気レシピは、料理人や料理研究家の情報収集に欠かせない。

料理王国
月刊誌『料理王国』の詳細/ご購入/定期購読のお申込み

title

 もうあとひと月もすれば、GWもやってきます。そろそろお休みの計画は立ちましたか?  海外旅行もいいけれど、2~3日のショートステイなら国内のホテルでというのも結構お勧めです。特に東京のホテルは新規参入組も含めて、老舗も次々に改装リニューアル。スパやレストランも超充実して、文字通り「都会のリゾート」って感じです。
 たとえば、1963年に国内初の外資系ホテルとして永田町に開業し、食の分野で確固たる地位を築いてきたヒルトン東京。西新宿に移転したのは1984年で、昨年は新宿開業30年の節目を迎え、全面改装しました。 2012年から3年計画で行われたリニューアルの最後の仕上げは、2階のレストランフロア。新たに開設されたこのフロアは、『TSUNOHAZU』と名付けられました。ヒルトン東京の建つあたりが「角筈」と呼ばれていたことから、それをアルファベットで表したのだそうです。新しくグリル、日本料理、中国料理、バー・ラウンジなどが設けられ、その総席数はなんと570席。

photo

 吹き抜けになったモダンな空間をデザインしたのは、外資系ホテルのデザインなどで知られる建築家の谷山直義さん。各コーナーが独立しながらも呼応しあっており、モダンで都会的な雰囲気の中に自由な空気感が漂っています。気軽に使えるハレのレストラン、という印象でした。
 中でも印象的だったのはメトロポリタングリル。ヒルトン東京は、グリルは最も重要なレストランの一つと考えているそうで、煉瓦や鉄などのマテリアルがちりばめられたコーナーの中央には、ガラス張りのグリルカウンター。都会のホテル内とは思えない、と驚かされたのは、グリルから立ち昇る炎です。壁はヒマラヤ岩塩という熟成庫には、みごとな枝肉が何本もかかっています。焼く際に滴る脂が肉の味に影響するため、むしろ肉質の等級はA3くらいの褐毛和種にして、赤身肉の旨味を徹底的に追求しているそうです。

photo

 北海道のテンダーロインやアメリカンTボーンはもちろん、 魚介は肉以上に厳選しているといい、ノルウェーのサーモン、ブルターニュのオマール海老(ブルーロブスター)など、希少な食材を大胆に調理しています。そんなことができるのは、大資本のホテルのレストランならではだろうな、とひそかに納得しました。 もうひとつ、今度は夜に来てみたいなと思わせるのがバー・ラウンジ。カクテルもいろいろ揃っていて、あの止まり木に腰掛けてみたいな、とそそられました。
 リニューアルオープンして半年。サービスも落ち着いてきた頃と思われるので、今が行き時かも。宿泊してもいいし、まずは食べに行ってもいい。ちょっとおしゃれして友人と、恋人と、あるいはファミリーで出かけてみてください。

今回のコラムに登場したお店

  • メトロポリタングリル

    ランチ:11:30am-3:00pm (L.O. 2:30pm)
    ディナー:5:30pm-10:30pm (L.O. 10:00pm)
    ブランチ:10:00am-3:00pm(土、日、祝日) 

  • バー&ラウンジZATTA

    11:00am-1:00am
    木、金、土、祝前日 11:00am-3:00am

兵庫県出身。大学卒業後、出版界に。講談社の週刊パートワーク「ラミューズ」を創刊。「花百科」「地球旅行」「日本の街道」「20世紀シネマ館」「世界の美術館」などを次々手がける。2006年、出版社「青草書房」設立。杉本秀太郎、光田和伸、観世銕之丞、細川護煕ほかの著書を発行。(株)タミワオフィス代表取締役、青草書房(株)代表取締役。2012年秋より「料理王国」編集長。

料理王国編集長『今週の食コラム』 記事一覧

料理王国 ピックアップ店舗

shop-photo

レストラン サンパウ

[東京都/日本橋/スパニッシュ]

夜:~23000円

料理人:岡崎 陽介

このお店の詳細を見る

カタルーニャ地方の漁師町サン・ポル・デ・マルで、スペイン三ツ星レストラン唯一の女性シェフ、カルメ・ルスカイェーダがオーナーシェフを務める。カタルーニャの伝統料理に、女性らしい繊細さにあふれたコンテンポラリーなスパニッシュが楽しめる、日本では貴重な一軒。

shop-photo

レストレランテ スペインクラブ銀座

[東京都/銀座/スパニッシュ]

夜:~8000円

料理人:寺澤 久

このお店の詳細を見る

一歩足を踏み入れれば、そこはスペイン。床タイルからクロスまで、スペインより取り寄せた調度品が囲む空間のなかで、極上のイベリコ豚料理を。ディナーではエクセレントワインとともに「銀座のおもてなし」を堪能できる、銀座7丁目に相応しいスペイン料理のプレミアムレストラン。

shop-photo

月島スペインクラブ

[東京都/月島/スパニッシュ]

夜:~8000円

料理人:遠藤 裕久

このお店の詳細を見る

1994年のオープン以来、スペインの食文化を先駆的に発信し続けているレストラン・バル。40人前の巨大鍋で炊き上げる『パエリヤ』や定番タパス、アヒージョなど、本場仕込の伝統料理が多彩に楽しめる。2フロア200坪の広い店内では、スペインワインで乾杯し、大皿料理を囲む人々の活気に満ちている。

shop-photo

赤坂璃宮 銀座店

[東京都/銀座/中国料理]

夜:~20000円
昼:~5000円

料理人:譚 彦彬

このお店の詳細を見る

広東料理の第一人者として知られる譚 彦彬氏が腕をふるう「赤坂璃宮」。肉料理だけでなく海鮮料理が豊富なことでも知られ、フカヒレ、アワビ、ハタ、活車エビを使ったメニューの多様さは他の追随を許さない。

shop-photo

ヴィノ・ヒラタ

[東京都/麻布/イタリアン]

夜:~10000円

料理人:仁保 州博

このお店の詳細を見る

オーナーシェフの仁保さんが目指すのは「素材の良さを生かした、説明がいらないくらいシンプルな料理」。ワインバーとしても使えるよう、イタリアワインは約150種。ピクルスやレバーペーストなどおつまみも充実。

shop-photo

銀座うち山

[東京都/銀座/日本料理]

夜:~20000円
昼:~2000円

料理人:内山 英仁

このお店の詳細を見る

主人の内山英仁さんは旬の素材が持つ個性を見極め、それを引き出しつつ料理に昇華する腕は確かで、そのおいしさには、確かな技法と、理にかなった知恵が隠されている。食べれば誰もがそんな感想を抱く、日本料理の名店だ。

shop-photo

銀座 藤田

[東京都/銀座/天ぷら]

夜:~20000円

料理人:藤田 一休

このお店の詳細を見る

さまざまな一品料理や寿司、天ぷら、炊きたてご飯。そのどれもが最上級の味で供される。虎ノ門の寿司屋で長年料理長を務め、難しい客の要望に応えてきたからこそ実現できた新しい店の形だ。器まで気配りが行き届いているのはうれしいかぎり。

shop-photo

神戸北野ホテル
フレンチレストラン アッシュ

[兵庫県/神戸/フレンチ]

夜:~15000円
昼:~8000円

料理人:山口 浩

このお店の詳細を見る

バターや生クリームを極力控え、素材が本来持つ旨みを最大限に引き出し生かす、“水のフレンチ”を提唱。華やかで、食べ応え充分のコース料理は素材自体が持つ旨みを生かし、軽やかに仕立てた料理の数々が、舌の肥えたゲストを満足させる。

shop-photo

蕎麦と酒 旭

[東京都/西麻布/蕎麦・日本料理]

夜:~8000円
昼:~1000円

料理人:石井 伸

十割蕎麦の「純せいろ」に「二八せいろ」、太打ちの「田舎蕎麦」と品揃えは多彩で、季節限定の品もあり。定番の蕎麦前だけでなく、旬の鮮魚を使った刺身や天ぷらなど正統派の品や、食べ手のツボを突く一品もメニューに揃える。

shop-photo

中国料理 チャイナルーム

[東京都/六本木/中国料理]

夜:~20000円
昼:~5000円

料理人:中里 卓

このお店の詳細を見る

中国各地の代表的な料理や本格的な飲茶が食べられる。厳選された野菜や毎朝築地から届く新鮮な魚介をキッチンに配された水槽から取り出し、洗練されたプレゼンテーションで仕上げる。こだわりの食材を活かしたオーセンティックな中国料理。

shop-photo

Ristorante Borgo KONISHI

[奈良県/奈良市/イタリアン]

夜:~5000円
昼:~2000円

料理人:山嵜 正樹

このお店の詳細を見る

"毎日食べても飽きない味"をコンセプトに掲げた、イタリアの郷土料理が中心。イタリア南部独特製法で作る乾麺や、手打ちパスタの種類も充実でアラカルトの前菜などは一人でも、シェアしても味わえるように、2サイズが用意されている。心配りが嬉しい、通いたくなる一軒だ。

shop-photo

レストラン シマムラ レスプリ・ド・ミクニ

[広島県/広島/フレンチ]

夜:~10000円
昼:~5000円

料理人:島村 光徳

このお店の詳細を見る

広島牛や、東広島市の自然農法で育てられた野菜、広島菜を練り込んだバケットまで自家製。地元民も知らないような広島のめぐみを華やかなフランス料理のコースにふんだんに盛り込んでいる。この店ではここでしか味わえない食の楽しみが待っている。

shop-photo

レストラン ル・ジャポン

[東京都/代官山/フレンチ]

夜:~10000円
昼:~5000円

料理人:中田 耕一郎

このお店の詳細を見る

ベースとなる手法は王道のフレンチだが、オーナーシェフ中田耕一郎さんは 「日本人である僕を通して『おいしい』と思えるフレンチを出せばいい」と語る。その言葉どおり、“実のある”おいしさが中田さんの料理には宿っている。

Back to Top