1. ヒトサラ
  2. 編集部Pick up
  3. 離れていてもいっしょに食べよう話そう
第二回『日本料理 てのしま』にて開催!
10月24・25日両日昼膳の予定

離れていてもいっしょに食べよう話そう

オンラインレストラン
開店。

「オンラインレストラン」とは?

みんなで同じ料理を食べながら感想を言いあったり。 素材や調理へのこだわりをシェフに聞かせてもらったり。 自宅にいながらそんなレストラン体験をできるのが、 「オンラインレストラン」。

 

ヒトサラで予約すると、プロの本格料理を ご指定の場所へお届け。 ガイドに沿ってかんたんな調理や盛りつけをすれば、 レストランのようなメニューができあがり。

 

当日は、離れた場所にいる家族や友人とオンラインでつながり、 レストランでテーブルを囲んでいるかのように、 いっしょに料理をたのしむことができます。 途中にはシェフも登場。どんな話が聞けるでしょう。 おいしいたのしいだけじゃなく、お店の応援にもなる。 オンラインレストラン、開店します。

こんなオンライン会食で使える

  • なかなか集まれない仲良しメンバー飲み会
  • 離れて暮らす故郷の両親と食事会
  • 家で子供と一緒にママ友近況報告会
  • 遠くに住む友人とごちそう会

開催予定のレストラン

RESTAURANTS

瀬戸内の食材を用いた、日本料理の民藝を追及

日本料理 てのしま
日本料理/東京都

2020年10月24・25日
開催

※生産者の「やまくに」会長 山下公一氏と「たてみち屋」菅秀和氏も登壇予定です。

料理人
林 亮平

てのしま オンラインレストラン
『瀬戸内の豊かさを味わう昼ごはん』

3,564円(税込)

一、穴子棒寿司 蜜柑がり添え
二、鶏と蓮根の煮物 レモン酢味噌がけ
三、いりこにゅうめん レモンの香り
四、「やまくに」の極上のいりこ(10g)
五、AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン(200g)
お一人さま 3700円(税込3996円)
特別価格3300円(税込3564円)&送料無料!
※本企画のパートナー企業である株式会社J-オイルミルズ様のサポートにより、特別価格&送料無料、そして「AJINOMOTOオリーブオイルエクストラバージン」1本のプレゼント付きとなります。

オンラインレストランを予約

10/24 12:30~14:30

申込〆切:10月17日23:59迄

10/25 12:30~14:30

申込〆切:10月18日23:59迄

※参加にあたっての注意事項はこちら

ご予約から当日の流れ

HOW TO ENJOY

special interview

てのしま オンラインレストラン
特別メニューについて店主の林 亮平さんに伺いました 。

京都の名店で17年研鑽した、てのしま店主の林亮平さん

香川で生まれ、京都の名店で修業されたのですね

京都の名店で17年研鑽した、てのしま店主の林亮平さん

 大学卒業後、京都の菊乃井で17年修業させていただきました。2018年にてのしまを南青山に開業したのですが、東京に店を持ちたいと思っていたわけではありません。僕は香川県丸亀市で生まれました。本家は瀬戸内に浮かぶ手島(香川県丸亀市)にあります。里海の美しい風景と、豊かな文化が現存する僕のルーツ、手島をより多くの方に知っていただきたいと思い、東京に店を構えることにしました。
 てのしまでは瀬戸内の食材を用いた、日本料理の民芸を追求しています。懐石料理の技術を活かしつつ、日常の郷土食を提供させていただいています。各地で綿々と食べられてきた郷土料理には、いりこ(煮干し)や干し椎茸などで取った出汁が使われてきました。昆布やかつお節で引く出汁が日常的に用いられるようになったのは近代です。僕のふるさと、瀬戸内は日本を代表するいりこ文化圏にあります。うちではお椀の出汁は昆布とかつお節で引きますが、野菜を炊いた料理などにはいりこ出汁を使ってきました。そのいりこは、香川県観音寺にあるやまくにのものを愛用しています。

「てのしまオンラインレストランのお料理3品」

真空パックした食材を冷蔵便でお届けします

にゅうめんだけ簡単な調理が必要です

今回用意してもらった特別コースの特徴を教えてください

「てのしまオンラインレストランのお料理3品」

真空パックした食材を冷蔵便でお届けします

にゅうめんだけ簡単な調理が必要です

『瀬戸内の豊かさを味わう昼ごはん』をオンラインレストランでお楽しみいただこうと思いました。ご用意させていただいた料理は、穴子棒寿司 蜜柑がり添え、鶏と蓮根の煮物 レモン酢味噌がけ、いりこにゅうめん レモンの香りの3品です。料理は冷凍便でお届けします。
 お料理が届き次第、できるだけ早めに箱から取り出し「穴子棒寿司」のみ冷凍庫で、その他はすべて冷蔵庫で保存してください。穴子棒寿司は必ず凍った真空袋のまま600wの電子レンジで1分30秒加熱し、蜜柑がりを添えてお召し上がりください。鶏と蓮根のオリーブオイル和え レモン酢味噌がけは、鶏・蓮根・枝豆を袋からボウルに移し、枝豆以外の鶏・蓮根を重ねるようにして皿に盛ります。お好みで小さじ1弱のオリーブオイルをかけてからレモン酢味噌を乗せてください。
 最後の、いりこにゅうめんのみ簡単な調理が必要です。いりこ出汁を鍋に開け、沸騰後、同梱のネギとスライスしたレモンを入れます。別の鍋に湯を沸かし、手延べ半生そうめんを1分茹でます。茹で上がったらザルに開け、流水で〆てください。茹でたそうめんをいりこ出汁が入った鍋で軽く温め、お椀に盛り付けます。仕上げに少量のオリーブオイルを加え、召し上がってください。

 それでは瀬戸内の食材を使った料理3品の説明をさせていただきます。

穴子棒寿司 蜜柑がり添え

穴子や蜜柑など瀬戸内の魅力が詰まってますね

穴子棒寿司 蜜柑がり添え

 しっかりとした旨味がある瀬戸内産の穴子を使った棒寿司です。穴子は、明石の専門店で白焼きにしてもらったものを送ってもらっています。その穴子をお湯だけで1時間ほど炊き上げました。味を付けていませんが、炊いた後も白焼きの香りと旨味が残っています。
 米は山形米です。店を始める前、香川米を取り寄せたことがあるのですが、東京の水の硬度のせいなのか、おいしく炊けませんでした。西の米は西で、東の米は東で炊いて食べるのが最適だと思うので、一番おいしかった山形米を愛用しています。
 炊き上がったご飯に飯尾醸造の富士酢を混ぜて寿司飯にしました。京都府宮津にある飯尾醸造では、自社の棚田や地元契約農家の無農薬栽培米にこだわっています。飯尾醸造の富士酢には旨味があり、酸が穏やかなので、とてもおいしい酢飯に仕上がります。
 がりは、愛媛県は宇和島産の無農薬栽培の蜜柑で味付けをした生姜です。酸味だけでなく、蜜柑の甘味を含んだがりを箸休めにしつつ、穴子棒寿司をご賞味ください。

鶏と蓮根の煮物 レモン酢味噌がけ

レモン酢味噌は経験したことがない味ですね

鶏と蓮根の煮物 レモン酢味噌がけ

 蒸し煮込みにした鶏肉と蓮根を和える際、オリーブオイルを少量加てください。油脂を足すことで旨味が増すだけでなく、オリーブオイルのフレッシュな香りも楽しんでいただけると思います。
 レモン酢味噌は白味噌、豆乳、生クリーム、卵黄、レモン汁、酒で作りました。白味噌の角を取り、まろやかな味にするために生クリームを加えてあります。白味噌と生クリームのつなぎ役として、白味噌と同じ大豆が原材料の豆乳も使っています。
 レモン酢味噌には、てのしまならではの食材が入っています。いりこをミキサーにかけて作ったいりこパウダーです。白味噌や豆乳や生クリームなどが入った複雑で奥深い味わいに、いりこの旨味も加えました。
 鶏と蓮根を器に盛り付けたら、レモン酢味噌をかけ、枝豆と粗挽き黒胡椒とレモンの皮を添えて召し上がってください。

いりこにゅうめん レモンの香り

小豆島産の、半生の手延べそうめんを初めて見ました

いりこにゅうめん レモンの香り

 小豆島にある船波製麺所の手延べ半生そうめんを送らせていただきました。船波製麺所では、半世紀前から家族で手延べそうめんを作り続けています。乾麺も作っていますが、独特のコシがあり、小麦の味も楽しめることから、うちでは半生そうめんを愛用しています。
 そうめんを2本の管に固定して延ばすため、Uの字状のふしと呼ばれる部分ができます。乾麺はふしを切って出荷しますが、半生そうめんにはふしが付いています。そのまま茹でると太さが異なるため、茹で時間が均等でなくなります。今回ふしを切り落としたものを湯がきました。ふしも食べられるので、味噌汁の具などにしてください。
 そうめんの出汁は、いりこだけで引き、塩と薄口醤油で味を整えました。食べる直前にオリーブオイルをかけてください。オリーブオイルのフレッシュな香りと旨味、レモンの香り、いりこ出汁特有の旨味と風味が口の中に広がり、おいしく召し上がっていただけると思います。

いりこの目利き、やまくにが厳選したいりこが付きます

やまくにのいりこは食べても美味しいですね

いりこの目利き、やまくにが厳選したいりこが付きます

 瀬戸内では、片口イワシを釜揚げし乾燥させたいりこで出汁を引く文化が綿々と継承されています。やまくにでは明治20年の創業以来、漁師が加工したいりこを買い取り、その中から上質ないりこを選別し、販売してきました。やまくにのいりこの中には、傷が付いていない「銀付いりこ」や、口を大きく開けたいりこも混じっています。口を開けてるのは、生きたまま茹でられるからです。
 今回、やまくにのいりこをお付けします。600ccの水にいりこを3尾入れ、一晩水出ししたもので出汁を引いてみてください。いりこは頭などを取らず、そのままお使いください。内臓の苦味が若干ありますが、心地よい味わいです。いりこ出汁で野菜を炊いてもいいし、そのまま飲んでもおいしいと思います。1歳半の娘がいるのですが、いりこ出汁を喜んで飲んでくれています。
 出汁を引いたいりこは、ぜひ召し上がってください。もちろん、いりこをそのまま食べ てもおいしいです。瀬戸内の海の恵みを実感していただければ幸いです。

てのしまは南青山の閑静な住宅街に佇んでいます

オンラインレストランという試み、いかがでしょうか?

てのしまは南青山の閑静な住宅街に佇んでいます

 3月中は予約で埋まっていましたが、3月後半から社会が自粛ムードになってきたことから3月末から1週間営業自粛。再開後は店内営業をせず、テイクアウトをご用意させていただきました。5月末に店内営業を再開しましたが、常連のお客様に中には、まだご来店いただけない方もいます。オンラインレストランであれば、そうしたお客様にも、てのしまの料理を召し上がっていただけますね。
 僕の両親は岡山に住んでいるので、子どもを連れて帰ることもできます。でも、本家がある手島にはまだ帰れていません。学生時代の友人とはZoomで飲み会をしましたが、まだ一度きり。オンラインレストランなら、会いに行けない親戚や旧友とも一緒に食事を楽しむことができます。オンラインレストランで会いたい方と再会できれば嬉しいですね。

繊細でフレッシュなエクストラバージン

 日本料理はヘルシーなのが特徴ですが、油脂が足りないという言い方もできます。油脂をコントロールすることが、次世代の日本料理だと思ってきました。適切な量の油脂を足してあげることでおいしさにつながります。
 今回、鶏と蓮根の煮物と、いりこにゅうめんにオリーブオイルを使いました。少量のオリーブオイルを用いると、油脂の旨味やオリーブオイルのフレッシュ感が加わり、よりおいしくなります。
 日本料理の場合、個性が強いオリーブオイルは使い勝手がよくありません。今回使わせていただいたオリーブオイルは、繊細で癖がなく、いろいろな料理に使えそうです。

AJINOMOTO エクストラバージンオイル

 指定農園しぼりの風味きわ立つエクストラバージンオリーブオイルです。
搾りたての鮮度を維持し、日本で採れる素材・料理に合うよう、香り豊かに苦味と辛味を抑えて仕上げました。
野菜・肉・魚など素材のうま味を引き出し、そのままかけてもおいしい本格タイプです。

AJINOMOTO エクストラバージンオイル

『瀬戸内の豊かさを味わう昼ごはん』に合う酒

林さんに今回の料理に合う酒を選んでいただきました。

 香川を代表する酒蔵、観音寺にある川鶴酒造が醸した艶鶴を選ばせていただきました。
川鶴酒造ではいりこが採れている同じ場所で栽培された米で酒を造っているので、いりこを使った料理と相性がいいと思います。中でも艶鶴はどんな料理にも合う、食中酒にぴったりな特別純米酒です。
 香川産の酒米「さぬきよいまい」を丁寧に仕込んだ艶鶴と一緒に、瀬戸内の風味をお楽しみください。

お酒の購入はこちら

<参加にあたっての注意事項>

■イベント事務局からのご連絡について
・本イベントに際し、事務局からお客様に3回ご連絡をさせていただきます。
①募集期間締め切り後に「ご予約の確認メール」(事務局より)
②商品発送後に「荷着予定日と伝票番号」のお知らせ(クロネコヤマトより)
③開催前日にZoomリンク等の事前説明(事務局より)
パソコン・携帯でのドメイン設定(迷惑メール設定など)をされておりますと、当方からのメールを受信できない事がございますので、info@onlinerestaurant.jpのメールアドレスを受信可能にして頂きますようお願いいたします。必ずドメイン設定の解除、もしくは受信設定等を行って頂きます様お願い致します。

■本レストランについて
・申し込み後の開催延期・中止以外の理由に伴うキャンセル・変更・払い戻しはできません。
・インターネット回線やシステム上のトラブルにより、配信映像や音声の乱れ、一時中断・途中終了の可能性がございます。
・お客様のインターネット環境、視聴環境に伴う不具合に関しては、主催者は責任を負いかねます。
・本レストランの配信に伴ういかなるトラブル・損害(直接、間接の損害別を問わず)が発生したとしても主催者は一切の責任を負いかねます。
・インターネットの接続が不安定な場合、配信クオリティが低下する可能性があります。
・カメラ・スマートフォンなどによる画面録画・録音は全て禁止いたします。
・レストランの進行を著しく妨害するような行動が確認された場合は、強制退出をさせていただく場合がございます。
・本レストラン参加における通信費用はお客様負担となります。
・当日は、報道の取材が入る可能性がございます。撮影した映像・写真などは、放送・掲載される場合がございます。
・本レストラン当日の写真及び動画は、株式会社J-オイルミルズ及びてのしま、主催者のホームページへの掲載、またはそれらが運営するSNSアカウントなどその他広告宣伝物として利用させていただく場合がございます。

■Zoomについて
・本レストランにご参加いただくには、PC・スマホ共に別途最新のZoomアプリが必須となります。
・申し込み前に注意事項をよくお読みいただき、Zoomに適したインターネット環境・推奨環境をお持ちかどうか必ずご確認ください。
・ミーティングID・パスワード・レストラン参加用ネームは本レストラン参加者様個人のものとなります。他者へ共有されますと参加者様ご本人がログインできなくなります。第三者へ提供することはお控えください。
・複数端末での参加はお控えください。
・本レストラン実施中、Zoom上の操作は一部管理者によって制限させていただく事がございます。
・Zoomをご利用いただくにあたっては、別途利用規約が適用されます。本レストランは、レストランの特性上、Zoom上で顔・登録名が公開された状態となります。ご自身で責任をもって確認のうえ、ご利用ください。ご自身の肖像を参加者全体に公開されたくない場合は適宜ビデオを切るなどのご対応をお願いいたします。Zoomのご利用にあたり、発生した損害につきまして主催者は一切の責任を負いかねます。

■申し込みについて
申し込みの際、グループ参加される方は、予めグループ名をご決定頂き、購入サイトで「グループ名とグループの人数(例:れんくんお誕生日会 5人)」をご記載ください。当日Zoomにご入室頂く際にグループ名が必須となりますので、お忘れないようお願い致します。お一人でご参加の場合はその旨をご記載ください。

■お問合せ先(商品や当日の接続など)
info@onlinerestaurant.jp

過去に開催したレストラン

BACK NUMBER

生産者の思いが伝わる、日本の四季の食材にこだわる人気イタリアン

Quindi
イタリアン/東京都

※食材の都合上、写真は鯖を使用していますが、お届けする料理には明石のもみじ鯛を使います。

シェフ
安藤 曜磁

Quindiオンラインレストラン
お料理3品

5,000円(税込)

[アンティパスト]
明石のもみじ鯛と四万十栗のテリーヌ・出西生姜の香り
[プリモ・ピアット]
卵たっぷりの極細タリアテッレとピエモンテのトリュフ
[セコンド・ピアット]
今帰仁アグーとパイン酵素の煮込み

オンラインレストランを予約

販売を終了いたしました

special interview

Quindi オンラインレストラン
特別メニューについて安藤シェフに伺いました 。

オンラインレストランへの思いを語る安藤シェフ。

コロナ禍で安藤シェフはどんなことに取り組み、考えましたか?

オンラインレストランへの思いを語る安藤シェフ。

 コロナ禍で4月6日から5月末までレストランを休業しました。その間、アラカルトやコース料理のテイクアウトを販売。レストランに併設するショップで、厨房で作ったコンフィや魚の干物などの加工品の販売も手掛けました。
 コロナ禍に開設したオンラインショップはいまも続けています。100ml瓶に小分けしたワインの販売や、器職人に提案してもらった器に合う料理を僕が考え、その器と料理をオンラインショップで販売する企画は今後も継続します。 6月から「土曜日のお魚屋さん」を始めました。「旬の美味しい魚が食べたい」というお客様が多かったことから、ご注文いただいた魚を豊洲魚市場の魚屋さんに発注。毎週土曜日、厨房に届いた魚を下処理してお客様に渡しています。
   クインディではお客様のニーズにお応えしようと試行錯誤を繰り返してきました。僕自身はZoomで料理教室をやらせていただいています。

「Quindiオンラインレストラン お料理3品」

今回用意してもらった特別コースの特徴を教えてください

「Quindiオンラインレストラン お料理3品」

 オンラインレストランが9月下旬開催なので、「夏の終わり、秋の始まり」をテーマに料理を考えました。用意した料理は前菜、パスタ、メインの3品。基本的には封を切り、盛り付けるだけで、すぐに食べられる料理を準備しました。でも、あえてひと手間かけてもらう料理もあります。たとえばBBQはみんなで肉を焼いている時から盛り上がりますよね。オンラインレストランも始める前から一体感を感じられればと思い、シェフとみなさんで一緒に準備して、簡単な調理をしていただくことにしました。
 極細の乾燥パスタは2分間茹で、パスタソースは袋のまま2分湯煎してください。「今帰仁アグーとパイン酵素の煮込み」は5分間湯煎での加熱が必要です。みんなが食べることに向かって意識を集中することで、距離感が縮まり、親密度が高まるはずです。

 それでは3品それぞれの説明をさせていただきます。

[アンティパスト]明石のもみじ鯛と四万十栗のテリーヌ・出西生姜の香り
※食材の都合上、写真は鯖を使用していますが、お届けする料理には明石のもみじ鯛を使います。

前菜にはどんな工夫がありますか?

[アンティパスト]明石のもみじ鯛と四万十栗のテリーヌ・出西生姜の香り
※食材の都合上、写真は鯖を使用していますが、お届けする料理には明石のもみじ鯛を使います。

 果物や魚介類など、日本の秋には美味しい、旬の味覚がたくさんあります。その中から前菜には、初秋の美味をひとつにまとめたテリーヌを用意しました。9月〜11月に旬を迎える兵庫県は明石浦の天然真鯛「もみじ鯛」、高知は四万十産の栗、8月から収穫が始まる出雲産の出西生姜を使っています。
 脂がのり、甘味とうま味を持ち合わせた明石のもみじ鯛は三枚に下ろし、酢でマリネした後、薫製にかけました。栗はマッシュポテトのようなクリーム状に。マッシュポテトにはバターを合わせますが、栗のクリームにはイタリア産リコッタチーズを加えることで、すっきりとした味わいに仕上げました。鯛の切り身をミルフィーユ状に重ねた間に、栗のクリームとスライスした出西生姜をはさんであります。鯛をスモークしたことで、うま味と燻香が重なり合う、奥深い味わいをおたのしみいただけます。
 サラダは東京産の無農薬野菜を厳選。そのサラダには、リンゴで作ったクインディの自家製ドレッシングをからめてください。秋の始まりを感じられる味覚をご堪能いただければと思います。

[プリモ・ピアット]卵たっぷりの極細タリアテッレとピエモンテのトリュフ

パスタにはこだわりのイタリア食材がたっぷりですね

[プリモ・ピアット]卵たっぷりの極細タリアテッレとピエモンテのトリュフ

 イタリアにはシンプルで美味しいパスタがたくさんあります。今回、卵をたっぷりと練り込んだマルケ産の、極細のタリアテッレ(ちなみにピエモンテではこれを「タリヤン」と呼んでいます)を準備しました。タリアテッレは太麺が一般的ですが、茹で時間が2分の極細タイプをセレクト。その他、エミリア・ロマーニャのパルマで作られている硬質チーズの王様と呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズと、ピエモンテ産のサマートリュフも用意しました。
 パスタを茹でる際、お湯と塩の比率にお悩みの方がいるかもしれません。水1リットルに 対し、小さじ2杯の塩を入れてください。オリーブオイルと、湯煎して温めたソースをボウルに入れて軽く混ぜておき、茹でたパスタと和えてからお皿に盛り付けます。その上に同梱のすりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズと、スライスしたサマートリュフをかけるだけで、本格的なイタリア料理をたのしめます。
 シンプルで、かつ季節感のある料理を提供できればと思い、イタリア食材を使った、このパスタ料理を用意しました。

[セカンド・ピアット]今帰仁アグーとパイン酵素の煮込み

食材に対する思いやこだわりを聞かせてください

[セカンド・ピアット]今帰仁アグーとパイン酵素の煮込み

 クインディでは日本で長年食べられてきた食材や、季節感や、生産者にこだわってきました。メイン料理に選んだ今帰仁アグーは、沖縄本島の本部半島にある今帰仁で綿々と育まれてきた、もっとも在来種に近いといわれる豚です。今帰仁アグーを長年大切に飼育されてきた方から、肉を分けていただいています。今帰仁アグーに白ワインとパイナップルを入れ、じっくりと煮込みました。アグーの煮汁で炊いたひよこ豆のスープをお付けしています。
 今帰仁アグーもひよこ豆のスープも袋のまま、沸騰した鍋で5分湯煎します。ひよこ豆のスープを皿に広げ、その上に今帰仁アグーを盛ってください。今帰仁アグーと一緒に煮込んだパイナップルには、肉を柔らかくする酵素が含まています。今帰仁アグーの、とろけるような食感をおたのしみいただければと思います。

クインディに来ているようにたのしんでほしい

オンラインレストランという試み、いかがでしょうか?

クインディに来ているようにたのしんでほしい

 少しずつですが、オンラインで食事を楽しむ人が増えていくと思っています。実は、クインディではイタリアのワイナリーとオンラインワイナリーツアーを開催してきました。ワイナリーの説明を聞きながらワインを飲み、料理を食べる企画です。遠く離れていても一緒に食事をたのしめることがわかりました。
  インターネットで販売している料理の中には、季節感のないものもあります。片や、オンラインレストランの料理は、実店舗同様、季節を感じさせてくれる食材が欠かせません。それこそがオンラインレストランを開催する意義ではないでしょうか。料理を提供するレストランとしては、袋から出すだけですぐに食べられるものや、茹でるだけで簡単に食卓に出せるメニューを考えるべきだと思っています。
 ただし、実店舗があってのオンラインレストランです。クインディではこれまで通り国内の生産者が作った食材に注目し、イタリアの食材をベースにした料理を提供させていただこうと思っています。

※食材の都合上、写真は鯖を使用していますが、お届けする料理には明石のもみじ鯛を使います。

繊細でフレッシュなエクストラバージン

※食材の都合上、写真は鯖を使用していますが、お届けする料理には明石のもみじ鯛を使います。

 今回使わせていただいたオリーブオイルの特徴を一言で言うと使いやすくて、万能だと思いました。パスタやメイン料理はもちろん、今回お届けする明石のもみじ鯛のテリーヌのような前菜にも使えます。香りはもちろん、コクも含んでいるので、肉や野菜などのいろいろな料理に使えると思いました。このオリーブオイルが1本あれば、ご家庭で本格的なイタリア料理をたのしめます。

AJINOMOTO エクストラバージンオイル

 指定農園しぼりの風味きわ立つエクストラバージンオリーブオイルです。
搾りたての鮮度を維持し、日本で採れる素材・料理に合うよう、香り豊かに苦味と辛味を抑えて仕上げました。
野菜・肉・魚など素材のうま味を引き出し、そのままかけてもおいしい本格タイプです。

AJINOMOTO エクストラバージンオイル

ペアリング用のワイン三本

クインディのオーナーソムリエ塩原弘太さんに、それぞれの料理とペアリングをたのしめるワインを選んでいただきました。

ワインはそれぞれ100mlの小瓶に分けてお届けします。
※写真のラベルはイメージです。実際にお届けするワインの詳細は右記をご参照ください。

  • 「明石のもみじ鯛と四万十栗のテリーヌ・出西生姜の香り」

    Bonavita(ボナヴィータ)
    Rosato 2017(ロザート)
    前菜にはシチリア北部のロゼワインを選びました。ワインの内側から出てくる香りや味わいは滋味深く、真鯛と栗の素材に調和するでしょう。
  • 「卵たっぷりの極細タリアテッレとピエモンテのトリュフ」

    Tenuta Montemagno(テヌータ モンテマーニョ)
    Monferrato Bianco "Solis" 2018(モンフェッラート ビアンコ ソリス)
    ピエモンテのサマートリュフの香りを添えたこのパスタには、ピエモンテ州の、一時絶滅しかけた土着品種、ティモラッソを醸したワインを選びました。
  • 「今帰仁アグーとパイン酵素の煮込み」

    Sandro Fay(サンドロ ファイ)
    Valtellina Superiore Valgella "Costa Bassa"2015(ヴァルテッリーナ スペリオーレ ヴァルジェッラ コスタ バッサ)
    今帰仁アグーをシンプルに愉しんでいただくお料理です。少しだけ冷やしたぐらいの温度帯でこのワインを飲んでいただいた方がより相性がいいと思います。
ワインの購入はこちら

Back to Top