リョウリヤボタン

料理屋 botan

011-213-1716

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

丹後 公章 氏 タンゴ キミアキ

自由な発想と確かな技で紡ぐ、新しさと優しさに満ちる料理で魅了

1983年、北海道出身。【料理屋 botan】店主。<br />
プロの道を志し、専門学校を卒業後、札幌のイタリアンの名店【カノフィーロ】や札幌市内のフレンチで腕を磨く。【テアトロディマッサ】など計3店舗で料理長を経験し、2019年8月、「料理屋botan」オープンに伴い独立。イタリアンとフレンチをベースに和のアレンジをきかせた料理を披露。

専門ジャンル
イタリア料理
経験年数
17年

自慢の一品

旬の彩りと滋味の宝庫『野菜のテリーヌ 下北サーモンのマリネ』

季節の野菜5~6種ほどを使い、それぞれの持ち味が輝くよう、一つ一つを丁寧に下処理。貝や昆布をきかせた出汁とハーブのジュレで冷やし固め、季節の彩りをまとうテリーヌに。魚介のマリネやスモークなどを添えて。

こだわりの食材

肉の旨みと脂の甘みが絶品!「十勝産ロイヤルマンガリッツァ豚」

ハンガリー原産のマンガリッツァ豚を十勝の大地で自然放牧。生産数が少ない希少な肉を独自ルートで仕入れています。濃厚な旨みと脂の甘み、ジューシーさが極上。『十勝産ロイヤルマンガリッツァ豚の炭火焼』でぜひ!

こだわり食材
豚肉全般

おもてなしの流儀

居心地のいい空間で、心がほどけるような季節の料理をご提供

料理を通じて、心と体が優しく和む時間をお届けできるよう、今も日々精進。お客様のニーズを察知でき、かつ程好い距離感となるオープンキッチンから、その日でこその旬の料理を心を込めて仕立てています。

地元でも入手が難しい道産食材が充実! 素材が輝く皿を繰り出す

北海道の生産者が情熱をかけてつくる逸品食材を探し、素材の持ち味を生かす自由闊達な料理を披露。十勝産の甘いユリ根、厚岸産の生牡蠣、北海道の在来種の豆、マンガリッツァ豚など、新たな美味体験がいっぱいです!

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝・祝前】
ディナー 18:00~22:00

定休日

日曜日

すすきの×イタリアンのアクセスランキング

もっと見る

すすきのでランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

すすきので歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top