レストランウミノサチ

レストラン 海の幸

050-5870-4720

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

長浜 弘樹 氏 ナガハマ ヒロキ

和食料理店で腕を磨き、故郷の宮古島で地元の新鮮な魚介を提供

1978年、沖縄県生まれ。東京の和食店に2年勤務した後、2000年に地元宮古島に戻り、実家の経営する【レストラン 海の幸】に入店。2006年に店主となる。現在は、昼は漁師である父親と漁船で海に出て漁を行い、夜はともに店に立つ。水揚げしたばかりの宮古島の新鮮な旬の魚介を、生け簀で管理し、ベストな状態で提供。豊富な種類の宮古島の魚をおいしく食べてもらえるよう努めている。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
21年

自慢の一品

店主が自信を持ってすすめてくれる『伊勢海老のお造り』

活きの良さ抜群の一品。宮古島でとれた伊勢海老を生け簀で管理し、注文が入ってから捌いてくれます。プリッとした食感と、ふんわりと広がる甘みがたまりません。頭の部分は後で味噌汁としていただけます。

こだわりの食材

宮古島の新鮮な魚介。活きの良い魚を生け簀から水揚げして即調理

漁師である父親と、ほぼ毎朝漁に出るという店主。獲れた魚は生け簀に泳がせ、注文を受けてから網ですくって提供してくれます。さっきまで元気に泳いでいた魚を手際よく捌いてくれるので、鮮度の良さは抜群です。

こだわり食材
鮮魚全般 、 伊勢海老

おもてなしの流儀

素材を見極め、魚のポテンシャルを引き出す調理法を選択

「自慢の魚介をおいしく食べてもらいたい」と語る長浜氏。魚の種類に合わせた調理を施し、素材の味を引き出した料理で楽しませてくれます。また、スタッフと連携し、居心地の良い空間づくりにも尽力しているそう。

観光にもオススメ。宮古島の新鮮魚介を使った料理を味わえる店

普段は地元客が多いという【レストラン 海の幸】。宴会や普段の食事など、幅広いシーンで利用されています。また、海を眺めながら、宮古島の活きの良い魚介をたっぷり堪能できるので、観光スポットとしても人気。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・日】
ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:30)
【平日・土・日】
ディナー 17:00~22:00 (L.O.21:00)

定休日

不定休

宮古その他離島のアクセスランキング

もっと見る

宮古その他離島でランチの出来るお店アクセスランキング

沖縄離島で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top