テッパンヤキミヤノギ

鉄板焼宮禾

050-5870-5723

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

伊藤 和志 氏 イトウ カズシ

ゲスト一人ひとりに合わせた「最高の味わい」を届ける料理人

1971年、山梨県生まれ。料理人を志し料理学校で学んだ後上京し、銀座のステーキハウスでキャリアをスタート。その後東京都内の洋食店、仏料理店などで幅広く経験を重ねるとともに、ステーキ・鉄板焼の技も磨いてきた。確かな腕前を買われ、2018年7月より【鉄板焼宮禾】へ移籍。コミュニケーションを大切にして一人ひとりのゲストの好みを反映させた「最高の味わい」を提供し、食通の心をつかんでいる。

専門ジャンル
鉄板焼
経験年数
30年

自慢の一品

シェフの焼き技と和洋が融合した風味を堪能する『鮑の鉄板焼』

全国各地より厳選した国産の活鮑を強火で焼き上げ、極上の風味と柔らかさに仕上げます。オリーブ、バジルに醤油を合わせた軽めのソースが素材を引き立てています。

こだわりの食材

飼育頭数が少なく希少な「能登牛」の鉄板焼

石川県の「能登牛銘柄推進協議会」が制定した基準を満たす個体のみが「能登牛」を名乗れます。伊藤シェフは個体や部位ごとに違う肉質を確認し、最適な火加減・塩加減で仕上げます。

おもてなしの流儀

会話やライブ感も楽しむ“カウンター鉄板焼”の醍醐味

伊藤シェフはリクエストに応えるだけでなく、何気ない会話からもゲストの好みを感じ取り、絶妙なタイミングと焼き上がりで料理を提供。立ち昇る炎や焼く音のライブ感も楽しみのひとつです。

プライベートでかつフレンドリーな、限定6席

カウンターに座った2組、3組のゲスト同士が気さくに言葉を交わし、共に記念日を祝ってくれることも多いそう。丸の内の一流店でありながらもフレンドリーな雰囲気が魅力です。

営業時間・定休日

営業時間

【平日】
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00)
【土・日・祝】
ランチ 11:30~16:00 (L.O.15:00)
【平日】
ディナー 17:30~23:00 (L.O.21:30)
【土・日・祝】
ディナー 17:00~23:00 (L.O.21:30)

定休日

不定休

東京駅・丸の内・日本橋のアクセスランキング

もっと見る

東京駅・丸の内・日本橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

東京駅・丸の内・日本橋で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top