レストランエタデスプリ

Restaurant État d'esprit

050-5871-1141

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

宮古島ならではの食材のみを駆使し、沖縄料理の新たな未来を描く

目の前にエメラルドグリーンの海が広がる、全8棟のプライベートヴィラ「紺碧ザ・ヴィラオールスイート」内のレストラン、【Restaurant État d'esprit】。国内外の名だたるフレンチの名店で研鑽を積んだ渡真利泰洋シェフの手掛ける正統派フレンチで話題を呼んだレストランですが、2020年にコンセプトを一新しました。標榜するのは「ここでしか出合えない料理」。宮古島の食材のみを使い、島の“今”を自由な感性で表現するとともに、知られざる食文化を掘り起こすことで、かつてない沖縄料理の形を探求します。それに伴い泡盛のペアリングもスタート。イノベーティブな料理に合わせた、驚きに満ちたペアリングの妙を体感できます。

Restaurant État d'esprit
これだけは食べてほしいベスト3

宮古島の環境問題を訴えかけるために、象徴的な素材にクローズアップした『グリーンキャビア』

島で今捕れるもの、失われかけているもの、失われたものをそれぞれ表現。今捕れるもののひと皿には、『グリーンキャビア』の別名で知られる海ぶどう。キャビアとともに沖縄の高級魚・ミーバイをトッピングしました。

メニューを見る

宮古島の環境問題を訴えかけるために、象徴的な素材にクローズアップした『グリーンキャビア』

害鳥として駆除の対象になっている命を、貴重な“食財”として活かした『孔雀』

害鳥に指定されている孔雀の命を無駄にしないためにと、肉と骨からコンソメスープをつくり、なかにアロエを練り込んだ宮古島の素麺を入れました。トッピングの金粉は、琉球の宮廷料理をイメージしています。

害鳥として駆除の対象になっている命を、貴重な“食財”として活かした『孔雀』

泡盛を回し飲む宮古島の伝統へのオマージュであり、店のシグネチャーメニューでもある『オトーリ』

神の島として知られる久高島(くだかじま)で獲れるウミヘビ「イラブー」の燻製を豚足とともに5時間ほど煮込み、泡盛や日本酒の酒粕を加えた滋味豊かなスープ。オトーリ形式で、一人ひとりの盃に順番に注がれます。

泡盛を回し飲む宮古島の伝統へのオマージュであり、店のシグネチャーメニューでもある『オトーリ』

料理人 / 渡真利 泰洋 氏 (トマリ ヤスヒロ)

専門ジャンル:フランス料理

イタリアン、フレンチを経て、自身のルーツである沖縄料理に開眼

1984年、宮古島生まれ。20歳で上京、麻布十番【Pacific Currents】でイタリア料理を学ぶ。その後、数店のフレンチで修業を重ね、渡仏。外国人として最年少でフランス・ミシュランの星を獲得した松嶋啓介氏と共に【L’Ecole de Nice】の立ち上げに参画。【Joël Robuchon】をはじめとしたパリの名店にて研鑽を積み、帰国後は那覇【ビストロ・モンマルトル】へ。31歳で【Restaurant État d'esprit】総料理長に就任した。

プロフィールを見る

渡真利 泰洋 氏

写真

  • 伊良部ブルーの海に臨む、至福のときを約束する非日常空間

    伊良部ブルーの海に臨む、至福のときを約束する非日常空間

  • シグネチャーメニューでは、真っ黒なウミヘビの燻製が卓上に登場

    シグネチャーメニューでは、真っ黒なウミヘビの燻製が卓上に登場

  • 真っ青な海を眺めながら囲むテーブルに穏やかな時間が流れていく

    真っ青な海を眺めながら囲むテーブルに穏やかな時間が流れていく

  • 沖縄の魚の代名詞・イラブチャーを使い、海の原風景を表現

    沖縄の魚の代名詞・イラブチャーを使い、海の原風景を表現

  • 宮古島の環境問題を訴えかけるために、象徴的な素材にクローズアップした『グリーンキャビア』

    宮古島の環境問題を訴えかけるために、象徴的な素材にクローズアップした『グリーンキャビア』

  • 害鳥として駆除の対象になっている命を、貴重な“食財”として活かした『孔雀』

    害鳥として駆除の対象になっている命を、貴重な“食財”として活かした『孔雀』

  • 泡盛を回し飲む宮古島の伝統へのオマージュであり、店のシグネチャーメニューでもある『オトーリ』

    泡盛を回し飲む宮古島の伝統へのオマージュであり、店のシグネチャーメニューでもある『オトーリ』

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

Restaurant État d'esprit の店舗情報

基本情報

店名 Restaurant État d'esprit
TEL

050-5871-1141

0980-78-6000

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

アクセス 宮古空港から車で20分
住所 沖縄県宮古島市伊良部池間添1195-1 地図を見る
営業時間
ディナー 18:00~23:00
定休日 不定休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
20000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX

設備情報

キャパシティ 16人
駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5871-1141 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.沖縄県宮古島市伊良部池間添1195-1 宮古空港から車で20分 ここから地図が確認できます。

沖縄離島のアクセスランキング

もっと見る

沖縄離島でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

沖縄離島で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年6月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する