ニホンバシサトウ

日本橋さとう

050-5870-1582

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

佐藤 武 氏 サトウ タケシ

江戸前の味を握り続けて50年。鮨一筋の人生の集大成を披露

1949年、福島県出身。【日本橋 さとう】店主。「食べることと調理が好き」で、子供の頃から自分で釣った魚を捌くなど、料理づくりを実践。20歳の折、料理人を志して東京に移り、都内の鮨店数軒で修業に励む。31歳で江戸前鮨の老舗【築地 寿司清】との縁を得て、その後30年同店で腕をふるい、総料理長として活躍。61歳の時、今の店を創業。鮨人生の集大成となる握りともてなしを披露し、日本橋界隈の粋人を魅了する。

専門ジャンル
寿司
経験年数
52年

自慢の一品

熟練の職人技と旬魚介を味わい尽くせる『おまかせコース』

一番人気はその時季最高の鮮魚で織りなす『おまかせコース』15000円~、要予約。店主が豊洲で目利きした極上素材を使った、おつまみと握りを堪能できます。ご要望に応じたカスタムメイドのアレンジも喜んで!

こだわりの食材

店主の目利きで仕入れる旬の最高峰の魚介が集い、ワサビも極上品

築地時代から長年の信頼関係を築いた豊洲の仲買から、旬の最上質の鮮魚を店主が市場に出向いて仕入れ。シンコをはじめ、季節の希少なネタも続々登場。静岡・御殿場産の最上質の生わさびも、旬の味覚の名脇役に。

こだわり食材
鮮魚全般 、 香辛料

おもてなしの流儀

職人は一生修業。握らせていただくことに日々感謝しながら励む

鮨職人は一生が修業だと思い、今なお日々精進。お店も料理人もお客様に育ててもらっている、という感謝の気持ちを常に持ち、鮨を握らせていただく喜びを感じながら、一貫一貫丁寧にご提供しています。

食材、江戸前の技、人間力のトータルなもてなしで魅せる名店

鮨の道一筋50年の店主が披露する握りは、まさに江戸前鮨の最高峰。気さくで謙虚な人柄を映す接客、程好い距離感での会話も心地よく、すべてが江戸前の“粋”なもてなし。小伝馬町の隠れ家的な立地も魅力です。

営業時間・定休日

営業時間

【平日】
ランチ 11:30~13:30 ※要予約
【平日・土】
ディナー 17:00~ (L.O.22:00)ご予約いただけましたら貸切もご対応させて頂きます。

定休日

日・祝日

日本橋さとうに行った1人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

人形町/小伝馬町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top