ヨコハマカリーアルペンジローホンテン

横浜カリーアルペンジロー本店

050-5870-3116

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

沼田 治郎 氏 ヌマタ ジロウ

小麦粉を使わないカリーの開発に苦労を重ね、現在の味に辿り着く

1947年、神奈川県生まれ。1971年、尾瀬戸倉のスキー場で宿泊ロッジ【アルペンジロー】を開業し、15年間、山を訪れるゲストに憩いの時間を提供する。1985年、生まれ育った横浜市への帰郷を機に【横浜カリーアルペンジロー】をオープンする。小麦粉を使わないカリーの開発に苦労を重ね、スープの重要性に着眼する。煮込みに2日、さらに2日間寝かせるという作業を繰り返す事で現在の『横浜カリー』の味に辿り着く。

専門ジャンル
洋食全般
経験年数
49年

自慢の一品

深みのあるスープの味わいに歴史を感じる『若鶏カリー』

創業当時から試行錯誤を繰り返し完成した『若鶏カリー』には沼田氏のカリーへの思いが込められています。表面をパリッと焼いたジューシーな若鶏と深みのあるスープの味わいに【アルペンジロー】の歴史を感じます。

こだわりの食材

カリーに合うよう独自に開発したコメを飯ごうで提供

飯ごうで提供される米は栃木の杉山ファームから取り寄せるコシヒカリを使用しています。カリーに合うよう独自に開発したという米は、一口食せばホロリととろけ、程よい食感と甘みが口の中に広がります。

おもてなしの流儀

雰囲気・アクション・味・サービスが店づくりの4本柱

「料理は一流、接客は民宿、料理と接客が大切な両輪を担っている。雰囲気・アクション・味・サービスが店づくりの重要な4本柱。」と話す沼田氏。生き生きと仕事をするスタッフへ沼田氏の心が受け継がれています。

全国各地から多くのゲストがこの味を求めて訪れる

店に一歩足を踏み入れれば、そこは山のロッジといった風情。街の喧騒を忘れてほっと一息つく時間がゲストを笑顔にします。昭和60年に生まれた『横浜カリー』の味を求めて、全国各地から多くのゲストが訪れます。

営業時間・定休日

営業時間

【火~日】
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
【火~日】
ディナー 17:00~21:30 (L.O.21:00)

定休日

月曜日 ※祝日の場合、翌日火曜休み

空席確認・予約する

みなとみらい・関内・中華街のアクセスランキング

もっと見る

みなとみらい・関内・中華街でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

みなとみらい・関内・中華街で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top