クシヤキダイニングトリギン

串焼Diningとり吟

050-5263-7393

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

甲斐 將剛 氏 カイ マサタカ

「美味しい料理」をつくるため、試行錯誤を重ねる料理人

1986年、宮崎県生まれ。少年の頃より料理が好きだったことから、自然とプロの道へ。「さまざまなことに挑戦したい」との思いから、ジャンルレスに修業を重ねる。20歳で「自身の店を持ちたい」と思うようになり、準備をスタート。調理の技術についてはもちろんのこと、店づくりやもてなしについても独学で学ぶ。満を持して2019年2月に【串焼Diningとり吟】をオープン。試行錯誤を続けながら、「美味しい料理」を追求している。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
20年

自慢の一品

半熟卵のとろみと鶏肉の旨味が絡み合う『極とろ親子丼』

特製の出汁でつくる親子丼。美味しさの秘密は、継ぎ足して使っていて鶏の脂が溶け込んだ「焼き鳥タレ」。こうばしさのある香りが楽しめるとともに、絶妙な火加減で仕上げた「半熟卵のとろみ」に笑みがこぼれます。

こだわりの食材

地場産の味を堪能、品質を見極めて選ぶ「鶏肉」「野菜」「塩」

「地産地消の料理を味わってもらいたい」との思いで仕入れた濃厚な旨味の宮崎県産「鶏肉」や、新鮮な「地元野菜」。ソルトソムリエにつくってもらった「塩」を仕上げに使い、まろやかな味わいに仕上げます。

こだわり食材
鶏肉全般 、 塩

おもてなしの流儀

味覚のみならず、視覚でも楽しませてくれる“料理人”

「美味しい料理を届けるため、手は抜きません。外食は特別なものだと思うので、非日常感を楽しんでほしい」と語る甲斐氏。シンプルかつ美しく盛り付けられた料理は、美味しさの想像を駆り立ててくれます。

“和みの空間”で、リラックスしながら宮崎県産の食材を堪能

人通りの少ない道沿いにある【串焼Diningとり吟】。美酒を片手に絶品の料理を堪能するのはいかがでしょう。一歩足を踏み入れれば、橙がかった照明がふわっと包み込んでくれる“和みの空間”が出迎えてくれます。

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 18:00~23:00 (L.O.22:30)

定休日

不定休

あなたにオススメのお店

宮崎市中心部でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top