トウバンヤキトワショクチハル

陶板焼と和食 知春

050-5870-1443

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

大上 知春 氏 オオガミ トモハル

食材の美味しさを引き出す陶板焼の魅力を伝えたい

1973年、兵庫県生まれ。高校卒業後、寿司店に1年間入店。1992年、姫路市内の老舗割烹料理店に移り、料理人を務める。2003年から居酒屋チェーン店で店長として務め、料理のほかに接客の仕方を習得。飲食の世界に身を置くうちに、良質な素材をシンプルに食せる料理を振舞いたいと思うようになり、2015年9月に【陶板焼と和食 知春】をオープン。これまで培ってきた料理人の技に更なる磨きをかけたいと、日々精進を重ねている。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
30年

自慢の一品

いつでも新鮮な魚介が味わえる『旬の造り盛り合せ』

毎朝市場に足を運んで実際に確かめて仕入れる魚介は、瀬戸内海で水揚げされたものがメイン。ランチはもちろん、ディナーでもその日に仕入れた新鮮な魚介の数々を美味しくいただけます。

こだわりの食材

鶏料理には九州産銘柄鳥「うまかハーブ鳥」を使用

ハーブが配合された飼料で育てられた鶏肉です。鳥の臭みが少なく、独特の旨味と歯ごたえが特徴。陶板焼で味わえるほか、自家製つくねなどにも使用し、あっさりとやわらかい食感を楽しめます。

おもてなしの流儀

ちょっとした会話からゲストの緊張感をほぐして、くつろぎを提供

陶板や料理を席まで運ぶ際、ゲストと会話を交わすようにしています。ちょっとした話題が緊張を解きほぐすきっかけに。かた苦しさを感じさせないよう、アットホームな雰囲気づくりを心がけています。

板状陶器「陶板」だからこその味わいを堪能できる陶板焼

三重県四日市市「松月窯」製の陶板で、食材を焼いて食す陶板焼。陶板が肉の脂を吸い、ビタミン類を壊さずに火を通すのでヘルシーです。金網や鉄板では出せない陶板ならでは焼きあがりや肉の旨味を味わえます。

営業時間・定休日

営業時間

【月~水・金~日・祝・祝前】
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:30)
【月~水・金~日・祝・祝前】
ディナー 17:30~23:30 (L.O.23:00)

定休日

木曜日

空席確認・予約する

あなたにオススメのお店

姫路でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top