ラカンロ

La Kanro

050-5263-4703

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

仲嶺 淳一 氏 ナカミネ ジュンイチ

礎を築いたフランス三ツ星レストランでの修業

1975年、大阪府生まれ。大阪にある会員制レストランで修業後、フランスへ渡る。パリで一番予約が取れないといわれるほどの人気を誇る【アストランス】にて研鑽を積む。帰国後は、これまた大阪の人気店【カモシヤ クスモト】でキュイジニエとしての腕を磨き、2013年に独立。東天満に【La Kanro】をオープンした。

専門ジャンル
フランス料理
経験年数
27年

自慢の一品

ジュレと花びらと貝で春らしさを演出した『Gin Rickey』

ジンリッキーをイメージした貝の出汁のジュレの下に、ホッキ貝、赤貝、ハマグリ、ミル貝を忍ばせました。木の芽と花びらを散らし、その味わいと見た目で春らしさを演出しました。

こだわりの食材

シンプルに調理し、外からのアプローチで味をのせる乳飲み仔羊

乳だけを飲んで育った仔羊、アニョードレはお気に入りの食材のひとつ。癖がなく、ミルキーでしっとりとした食感を活かし、肉自体はロティなどシンプルに調理。ソースなどの外からのアプローチで味わいを重ねます。

こだわり食材
羊肉

おもてなしの流儀

わずか8席のカウンターだからこそできるサービス

たとえば、ペアリングでも、お客様の飲む量、ペースに合わせ、注ぐ量も調節するなど、一人ひとりにあったおもてなしを心がけます。すべてに対応できませんが、カウンターだからこそできるサービスを大切にします。

日本人に馴染みがありつつも、どこか神秘的な雰囲気を醸す店名

店名は仏教用語で、神々の飲み物、不死の霊薬といわれる「甘露」に由来。日本人にも馴染みのある響きとともに、どこか神秘的な雰囲気を漂わせる店の雰囲気にもリンクしています。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝・祝前】
ディナー 18:00~21:30
【日】
ランチ 12:00~

定休日

不定休 日のみランチのみ

あなたにオススメのお店

南森町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top