スシカラシマ

鮨 唐島

092-707-3999

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

唐島 裕 氏 カラシマ ヒロシ

父の姿に憧れ、幼少の頃から決めていた寿司職人への道

1987年、福岡県生まれ。寿司職人だった父親の姿を見て育ち、幼少の頃より寿司職人を目指す。
高校卒業後は、調理師専門学校に通いながら、将来の自分のあるべき姿を見据え、大阪にある日本料理店【作一】で修業を開始する。さらに、【紀茂登】といった名店などを渡り歩いた後、博多の【鮨 安吉】へ。2年半研鑽を積むと、30歳で独立。【鮨 唐島】をオープンした。

専門ジャンル
寿司
経験年数
15年

自慢の一品

贅沢な出汁に潜らせてから握る大ぶりの『車エビ』

この日の『車エビ』は長崎県産。カツオと昆布の出汁を合わせて調味したタレにつけてから握っています。うに以外、ネタを生で握ることはなく、何かしら仕事を施してから握ります。

こだわりの食材

現地まで足を運び、生産者の熱意や仕事に触れる

ネタとなる魚は主に福岡を中心とした九州産を産地直送しています。現地へと足を運び、どんな魚を取れるかだけでなく、漁師の熱意や仕事を見極めたうえで食材を選んでいます。

こだわり食材
鮮魚全般 、 車エビ

おもてなしの流儀

お客様とも鮨とも真剣勝負できる店でありたい

命懸けで鮨を握っていますので、お客様とも真剣に向かい合いたい。時代と逆行していますが、クレジットカードの扱いはありません。現金を用意して頂くという一手間が、最高の食事へ繋がっていくと考えております。

漬け場に立つ店主、そして握りと対峙するためのカウンター

白と黒のモノトーンな内装に、カウンターは吉野檜の一枚板。飾り気のないほどにシンプルな空間はまさに鮨と向き合うのにうってつけの空間です。

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 18:00~   2部制[1]18:00~/[2]20:30~

定休日

不定休

あなたにオススメのお店

赤坂でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top