チュウゴクリョウリトウカリンホテルオークラサッポロ

中国料理 桃花林 【ホテルオークラ札幌】

050-5263-2813

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

高級感と気軽さが調和する店内でいただけるのは、伝統的でありながら革新的な広東料理

【ホテルオークラ】の伝統的な広東料理を受け継ぎつつ、道産食材を使用したり、最新トレンドを取り入れたりと、斬新なアイディアをいかしたメニューを楽しめる【桃花林】。広東料理はあっさりとした優しい味付けが特徴で、野菜をふんだんに使ったメニューも多く、中華=こってりというイメージも覆してくれます。また、ホテル内のレストランながら、雰囲気はとても和やかで、リーズナブルなメニューもあり、気軽に来店できるのも特色です。とは言え、ラグジュアリーな空間や、素晴らしいホスピタリティーは、やはりホテルならでは。接待はもちろん、両家の顔合わせや三世代での長寿のお祝いなど、フォーマルな席にもオススメです。

中国料理 桃花林 【ホテルオークラ札幌】
これだけは食べてほしいベスト3

スープの奥深い味わいや葱の香りに、野菜のシャキシャキ感も楽しめる『チャーシュー細切り葱入りつゆそば』

道産小麦「はるゆたかブレンド」を使った特注麺を使用した看板メニュー。塩ベースの味わい豊かなスープには、高温の油で香りを引き立たせた葱をプラス。具材のチャーシューと生葱、レタスの食感も楽しい一品です。

メニューを見る

スープの奥深い味わいや葱の香りに、野菜のシャキシャキ感も楽しめる『チャーシュー細切り葱入りつゆそば』

見た目にも鮮やかな、旨味たっぷりの伝統メニュー。『タラバ蟹肉と蟹の卵入りふかひれスープ』

【ホテルオークラ東京】の【中国料理 桃花林】と同じ手法でつくられる贅沢なスープ。鶏肉ベースのスープに、雲南ハムと8時間蒸した道産干し貝柱のエキス、ふかひれと蟹の卵と、様々な旨味が凝縮した一品です。

見た目にも鮮やかな、旨味たっぷりの伝統メニュー。『タラバ蟹肉と蟹の卵入りふかひれスープ』

香港出身の前料理長直伝。人気点心3種の『小籠包』『広東風帆立とニラ入り蒸し餃子』『春巻』

画像右上の『小籠包』は、しめてすぐミンチにした甘みの強い麦豚を使用。画像左上の『蒸し餃子』は道産生ホタテと青ニラ、プリプリのエビのすり身のハーモニーが絶妙です。『春巻』は干し貝柱の旨味たっぷり。

香港出身の前料理長直伝。人気点心3種の『小籠包』『広東風帆立とニラ入り蒸し餃子』『春巻』

料理人 / 澤﨑 進 氏 (サワサキ ススム)

専門ジャンル:広東料理

点心の授業で興味を抱き、以来30年広東料理の道を邁進

1970年、北海道生まれ。本家が飴店の【澤の露本舗】で、飴の香りに包まれて育ち、幼少の頃から料理人になろうと決意。高校卒業後、調理師専門学校に進学し、点心の授業で中国料理に興味を抱く。卒業後、 札幌市内のホテルで修業を始め、広東料理の基礎を一から学び、知識と技術を習得。2006年から現在の店で腕をふるい、2018年、料理長に就任。自分が食べて美味しいと感じる料理を、瞬発的な感性で提供するのがモットー。

プロフィールを見る

澤﨑 進 氏

中国料理 桃花林 【ホテルオークラ札幌】の店舗情報

基本情報

店名 中国料理 桃花林 【ホテルオークラ札幌】
TEL

050-5263-2813

011-221-2405

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

最寄駅 札幌市営地下鉄各線 大通駅 徒歩1分
JR各線 札幌駅 徒歩15分
アクセス 札幌市営地下鉄各線「大通駅」3番出口より徒歩1分
住所 北海道札幌市中央区南一条西5丁目 ホテルオークラ札幌B1F 地図を見る
営業時間
ランチ 11:30~ (L.O.15:00)
ディナー 17:00~ (L.O.20:30)
定休日 無休

空席確認・予約する

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
6000円
【ランチ】
2000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER, セゾン

設備情報

キャパシティ 100人 ( 宴会・パーティー時 着席:30人 )
席数形態 個室あり 30名席あり
駐車場 あり

特約駐車場(有料)あり、カモンチケット対応駐車場提携

詳細情報

禁煙・喫煙

ホール席は禁煙、個室は喫煙可能

こだわり
ホームページ https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/restaurant/tohkalin

大通公園周辺でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

大通公園周辺で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top