シュンサイオデンムスビ

旬菜おでん 結び

  • GoToイート 対象
  • 貯まる・使える

050-5384-3342

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

川中 康弘 氏 カワナカ ヤスヒロ

人を喜ばすことができる仕事をしたいと思い、料理の道へ

1969年、兵庫県生まれ。食事を通し、人々を幸せな気分にさせることができる料理人に魅力を感じ、プロになることを決意。【三ツ輪亭】に入り本格的に修業をスタート。その後は【宝塚ホテル】へと移りさらに研鑽を積む。和食の要である「出汁」を最大限に生かし、食材の美味しさが高められる『おでん』に着眼。目標として掲げていた神戸での独立を成就させ、2018年10月【旬菜おでん 結び】をオープン。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
34年

自慢の一品

染み込んだ旨みと柔らかさが絶品『おでんの大根穴子味噌かけ』

大根は、美しい形のままじっくりと火入れし、箸ですっと切り分けれるほど柔らかく煮てあります。地元淡路島の大きく新鮮な「伝助穴子」を焼きミンチに加工。西京味噌と共に練り上げコクをプラスしています。

こだわりの食材

食材の味を引き立てるまぐろの出汁と、自家製の『ごぼてん』

おでんの出汁は、まぐろだけで引いたものを使用しています。飽きが来ることなく味わえるのが特徴。ごぼうを長時間かけて柔らかく戻し、鱧のすり身で包み揚げた自家製『ごぼてん』は、ごぼうの比率が高く人気です。

おもてなしの流儀

美味しいものをつくり喜んでもらう気持ちを忘れず大切に

その思いが、味付けや盛り付けなど自分自身の楽しい時間に繋がるそうです。日本料理をつくるにあたって一番大切にしていることは心遣いとおもてなし。出迎えから見送りするまで、真心を込め真摯に対応されています。

落ち着いた雰囲気の中、おでんと日本酒を満喫できる店

一年間を通しておでんを食べられます。また、日本酒が進む一品料理も豊富に揃っているので、ゆったりとした大人の時間にもおすすめ。食材を生かした料理は、接待やお酒好きな方にも喜ばれています。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土】
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:30)

定休日

日・祝日

空席確認・予約する

旬菜おでん 結びに行った2人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

三宮でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top