シュンサイオデンムスビ

旬菜おでん 結び

050-5263-1413

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

出汁にこだわり抜いたおでんと、開けたての新鮮な日本酒をゆっくりと味わえる店

春夏秋冬、さまざまな食材を使ったおでんと、その味をさらに高めてくれる日本酒を、じっくりと味わうことができる【旬菜おでん 結び】。まぐろと熟成昆布だけで丁寧に引く出汁は、あっさりしており食材の良さを存分に引き出しています。何種類食べても飽きることがなく、その旨みは素材の中にもしっかりと凝縮。中でも、意外な組み合わせで人気が高い『とまと』や自家製の『ごぼてん』などが特におすすめです。豊富な日本酒は、開けたての新鮮さを訪れる人々に味わってもらいたいという思いから、全てが4合瓶で揃えられています。どうすれば食材が美味しくなるかとこだわり続けるおでんと酒、今宵はとことん向き合ってみてはいかがでしょう。

旬菜おでん 結び
これだけは食べてほしいベスト3

圧倒的なごぼうの比率で、凝縮された旨みが染みこんだ『ごぼてん』

じっくり時間をかけて、柔らかくごぼうを煮込んでいきます。鱧のすり身を棒状に形成した後は、油で揚げれば完成。中心部分のごぼうの多さに驚く人も多い自家製の『ごぼてん』です。

メニューを見る

圧倒的なごぼうの比率で、凝縮された旨みが染みこんだ『ごぼてん』

意外な組み合わせながら、その美味しさにリピーター続出『とまと』

果肉が甘いトマトは、おでんの変わり種として人気があります。トマト本来の酸味と甘みに、特製のまぐろの出汁が加わり、味わいがさらに昇華。食べ終わりには、美味しいトマト汁も楽しめます。

意外な組み合わせながら、その美味しさにリピーター続出『とまと』

とろけるような食感と旨みが口いっぱいに広がる『豚肉』

とろとろになるまでじっくり時間をかけてやわらかく煮込んだ豚。その上に、特製のポテト餡をあしらった店主のオリジナリティーが光る逸品です。あっという間に消えてしまうような魅惑の一皿。

とろけるような食感と旨みが口いっぱいに広がる『豚肉』

料理人 / 川中 康弘 氏 (カワナカ ヤスヒロ)

専門ジャンル:和食全般

人を喜ばすことができる仕事をしたいと思い、料理の道へ

1969年、兵庫県生まれ。食事を通し、人々を幸せな気分にさせることができる料理人に魅力を感じ、プロになることを決意。【三ツ輪亭】に入り本格的に修業をスタート。その後は【宝塚ホテル】へと移りさらに研鑽を積む。和食の要である「出汁」を最大限に生かし、食材の美味しさが高められる『おでん』に着眼。目標として掲げていた神戸での独立を成就させ、2018年10月【旬菜おでん 結び】をオープン。

プロフィールを見る

川中 康弘 氏

旬菜おでん 結びの店舗情報

基本情報

店名 旬菜おでん 結び
TEL

050-5263-1413

078-335-7481

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 JR各線 三ノ宮駅 徒歩5分
阪神電鉄本線 神戸三宮駅 徒歩5分
アクセス 各線「三ノ宮駅」から北へ徒歩5分
住所 兵庫県神戸市中央区中山手通1-9-2 MOZANビル106 地図を見る
営業時間
【平日・土】
ディナー 17:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日 日・祝日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
5000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン, 銀聯

設備情報

キャパシティ 14人
席数形態 4名×2卓
駐車場 なし

詳細情報

こだわり
ホームページ https://www.shunsaioden-musubi.com/

このお店からのお知らせ

2018.10.17

心も体も温まるおでんと、開けたての日本酒を味わえる店

年中味わっていただける、おでんはまぐろから引いた出汁を使いあっさりと仕上げています。また、四季折々の食材を使った一品料理もご用意しておりますので、お酒を片手に楽しみたい方もぜひお立ち寄りください。

もっと見る

三宮・元町×和食全般のアクセスランキング

もっと見る

三宮・元町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

三宮・元町で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top