アジドコロヨシダ

味処 よし田

050-5263-3048

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

心から癒やされる隠れ家で、九州の自然が育む海の幸、山の恵みを和食で味わう幸せを。

小倉南区徳力にある人気の和食店。ふぐ料理をはじめとした地元・九州の魚介や宮崎県の地鶏など、この地ならではの食材を駆使した料理を味わうことができます。中でもおすすめは「ふぐ会席」。1年を通して味わうことができ、調理法によって異なるふぐの魅力を存分に愉しめます。お酒と数種のつまみを組み合わせた「セットメニュー」もおすすめ!仕事終わりの一杯に、気軽に味わえると人気だそう。店内は随所に竹を使用した、静かで落ち着いた和の空間。カウンターから個室までさまざまなシーンで活用でき、居心地の良さと料理人が丹精込めて仕上げる料理が魅力の【味処 よし田】。味を知り尽くした大人が足しげく通う隠れ家がここにあります!

味処 よし田
これだけは食べてほしいベスト3

店の味を気軽に満喫できる『昼の日替わり御膳』

自家栽培の野菜をはじめ、多彩な料理を一度に味わえる昼限定の日替わり御膳。人気の『ぬか炊き(イワシまたはサバ)』を愉しむこともできます。料理を彩る器も魅力的。

メニューを見る

店の味を気軽に満喫できる『昼の日替わり御膳』

“ちょっと一杯”にうれしいセットメニュー『生ビールセット』

新鮮な肉や魚を気軽に堪能出来ると人気のセットメニュー。串焼きや刺身、唐揚げまで生ビールに欠かせないおつまみが揃います。「まずは生ビール」ならぬ「まずは生ビールセット」で乾杯!

“ちょっと一杯”にうれしいセットメニュー『生ビールセット』

多彩な料理でとらふぐを堪能できる『ふぐ会席(飲み放題付)』

玄界灘が育てた鮮度抜群の「とらふぐ」をふんだんに使った会席コースです。ふぐ刺しは、自家製ポン酢でさっぱりと。弾力のある食感と上品な旨みはまさに逸品です。

多彩な料理でとらふぐを堪能できる『ふぐ会席(飲み放題付)』

料理人 / 吉田 勤 氏 (ヨシダ ツトム)

専門ジャンル:和食全般

地元に根付き、この地ならではの魅力を料理で発信

1967年、福岡県北九州市生まれ。地元で仕事をしたい思いと料理好きから飲食の道を選択。九州にある和食店で修業を始める。丁寧な調理で食材の魅力を引き出す和食の奥深さに魅了された吉田氏。中でも、調理法を変えることでさまざまな魅力を発揮する「ふぐ」の可能性に惹かれ、1995年【味処 よし田】を開業。通年味わえる「ふぐ料理」に加え、食材の魅力を活かす細やかな技へのこだわりが、多くのゲストを魅了して止まない。

プロフィールを見る

吉田 勤 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

味処 よし田の店舗情報

基本情報

店名 味処 よし田
TEL

050-5263-3048

093-961-6505

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 北九州モノレール線 徳力公団前駅 徒歩5分
アクセス モノレール徳力公団前徒歩5分
住所 福岡県北九州市小倉南区徳力1-17-7 地図を見る
営業時間
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00)
ランチ 11:00~14:00 (L.O.13:30)
定休日 不定休
年末年始も休まず営業 店休日は店舗に要確認

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
4000円
お得なセットメニューは1000円から、寄せ鍋2人前2400円
【ランチ】
1000円
ランチの日替わり御膳1000円

設備情報

キャパシティ 30人 ( 宴会・パーティー時 着席:30人 )
席数形態 完全個室から、半個室、の座敷が中心で、カウンター席もあり、様々なシーンでご利用頂けます
駐車場 あり

駐車場4台

詳細情報

禁煙・喫煙

喫煙可能

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

このお店からのお知らせ

2020-04-01

九州の食材をふんだんに使った料理で心もお腹も大満足

おすすめは「ふぐ会席」です。1年を通して味わうことができ、調理法によって異なるふぐの魅力を存分に愉しめます。お酒と数種のつまみを組み合わせた「セットメニュー」もおすすめです!

もっと見る

北九州のアクセスランキング

もっと見る

北九州でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

北九州で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する