ホウササリョウ

蓬左茶寮

050-5870-8987

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

中京圏の地産地消の旗手。地物×季節の皿で魅せる“メイドイン名古屋”の会席料理

土地が生む食材と、それを慈しんでつくる料理。地産地消の究極のカタチをひたむきに追い求め、「名古屋料理」とも呼ぶべき独自の皿を供するのが、池下の【蓬左茶寮】。日本料理に加え、フレンチなどの技にも秀でる店主の松本さんが、地物×季節の素材を用いて、新時代の日本料理を披露しています。店主が中京圏の隅々にまで足を運び、生産者との絆を育んで集めた食材は超一級。それらの頂点の旨みを引き出して紡ぐ皿は、驚きと喜びに満ちます。品書きは昼・夜とも完全予約制の会席料理。多彩な日本酒や店主厳選のワインが良き友となり、〆は釜炊きのごはんの煮えばなを味わえ、新しい味覚体験に。温かなホスピタリティも忘れえぬ素晴らしさです。

蓬左茶寮
これだけは食べてほしいベスト3

旬魚介の炭火焼に、季節を宿す名脇役を華やかに添える『焼き物』

焼き物は、素材を最もおいしく仕上げる炭火焼でご提供。写真の例は、開いた鯛に車エビを詰め、幽庵焼き風に。季節根菜の飾り切り、酢漬けしたブドウなどを添えて、皿の上に季節の小宇宙を。まさに新時代の日本料理。

メニューを見る

旬魚介の炭火焼に、季節を宿す名脇役を華やかに添える『焼き物』

地物×季節。地元の海・大地・山の恵みを一皿に『八寸』

季節の山海の幸を盛る八寸を【蓬左茶寮】流に仕上げると、中京圏の海や川、平野や山間の風景、彩りや匂いまでをも内包した一皿に。その日の逸品食材で紡ぐ、一期一会の味と趣向。繊細な手仕事の妙味にひたれます。

地物×季節。地元の海・大地・山の恵みを一皿に『八寸』

素材感が際立つ『強肴』は、お酒とのペアリングの妙を楽しんで

お酒の友となる強肴は、その時々の最上食材を用いて、素材感をきれいに引き出すのが持ち味。写真の一例は『カニの酢の物』。ワタリガニを贅沢にたっぷり用い、菊の花などで食感のアクセントと彩りを。

素材感が際立つ『強肴』は、お酒とのペアリングの妙を楽しんで

料理人 / 松本 善隆 氏 (マツモト ヨシタカ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

地産地消の真骨頂で魅せる“名古屋料理”で新たな食の地平を拓く

1963年、名古屋市出身。農林水産省認定「地産地消の仕事人」として、地食材を巧みに活かした日本料理を披露。18歳で料理の道に入り、日本料理、フレンチ、イタリアン、タイ料理で研鑽を重ね、1992年に独立。地産地消を旨とする洋食店やビストロなどを経営し、地元生産者との絆を築く。2012年、集大成として【蓬左茶寮】を創業。完成度と円熟味を増す料理が食通たちを魅了する。国際的舞台での料理披露の経験も多数。

プロフィールを見る

松本 善隆 氏

蓬左茶寮の店舗情報

基本情報

店名 蓬左茶寮
TEL

050-5870-8987

052-761-5503

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 名古屋市営地下鉄東山線 池下駅 徒歩6分
アクセス 『池下駅』1番出口。池下北交差点より約100m北上し、池下駅北交差点を左折、300m直進した左手のビル。
住所 愛知県名古屋市千種区仲田2-12-4 レインボー池下2F 大きな地図を見る
営業時間
【月・火・木~日・祝・祝前】
ランチ 12:00~13:30 (L.O.13:30)
【月・火・木~日・祝・祝前】
ディナー 18:00~21:30 (L.O.21:30)
定休日 水曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
12000円
【ランチ】
3500円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 23人
席数形態 半個室あり
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり

千種区・今池・星が丘のアクセスランキング

もっと見る

千種区・今池・星が丘でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top