キョウトテンプラエンドウオカザキテイ

京都 天ぷら圓堂 岡崎邸

050-5340-6434

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

古都の雅が息づく京都岡崎で、職人の妙技が冴える軽やかな京風天ぷらを味わう

平安神宮の西側、琵琶湖疎水のせせらぎが響く桜馬場通りにひっそりと佇む【京都 天ぷら圓堂 岡崎邸】。情緒漂う石畳のアプローチを進むと、粋な和モダンの空間が広がります。季節の京野菜、瀬戸内や若狭直送の魚介、琵琶湖に注ぐ清流の川魚など、京都ならではの食材に薄衣をまとわせ、軽やかに揚げる京風天ぷらは、驚くほどあっさりとした味わい。塩や天つゆには独自の調配合を施し、天ぷら油には最高級綿実油を使用するなど、徹底したこだわりが素材を引き立てます。店内には気軽なカウンター席、少人数の食事に最適なテーブル席などが用意され、大人数で揚げたての天ぷらが楽しめる「集い天ぷら」も好評。用途に合わせて幅広く利用できます。

京都 天ぷら圓堂 岡崎邸
これだけは食べてほしいベスト3

出汁を使わず緑茶でさっぱりと味わう、コースの締めくくりに最適な『天茶』

ご飯の上に海老のかき揚げをのせた『天茶』は、出汁を使わず、緑茶のみでさっぱりと味わう〆にぴったりの一品。塩とわさびだけのシンプルな味付けで、三つ葉の香りがふわりと漂います。

メニューを見る

出汁を使わず緑茶でさっぱりと味わう、コースの締めくくりに最適な『天茶』

料理人の技が光る天ぷらの代表格、濃厚な旨みがギュッと凝縮した『活車海老』

絶妙の加減で火を入れ、車海老の濃厚な旨みを凝縮させた逸品。ややレアな食感を残した内部は甘く柔らかで、薄付きの衣はサクッと軽やかな歯ざわりです。頭と足のカリカリとした香ばしさも楽しめます。

料理人の技が光る天ぷらの代表格、濃厚な旨みがギュッと凝縮した『活車海老』

とうもろこしの天ぷら、えんどう豆のコロッケ、ウニの海苔巻きなどの名物が味わえる『圓堂名代揚3種』

板状のまま揚げたとうもろこしは上品な甘みがあってジューシー。えんどう豆のコロッケは、外はシャキシャキ、中は裏ごししてあるためホクホクの食感。ウニはとろりと濃厚で、海苔の香りが甘さを引き立てています。

とうもろこしの天ぷら、えんどう豆のコロッケ、ウニの海苔巻きなどの名物が味わえる『圓堂名代揚3種』

料理人 / 林 教志 氏 (ハヤシ タカシ)

専門ジャンル:和食全般

食感を最も重視しながら、誰もが知る天ぷらを洗練させて再構築

1969年生まれ、京都府出身。西陣の天ぷら店【天㐂】や京都ホテルオークラの【京料理 入船】、名古屋の料亭などで修業。北陸の老舗ホテルで統括料理長を務める傍ら、地元のテレビ局で3年間料理番組を担当した経験も持つ。「味は食べ続けると飽きてしまうが、食感は飽きることがない」との考えに基づき、素材の食感を最も大切にしながら調理。誰もが馴染みのある天ぷらを再構築し、洗練を極めた料理に仕立てるのがモットー。

プロフィールを見る

林 教志 氏

京都 天ぷら圓堂 岡崎邸の店舗情報

基本情報

店名 京都 天ぷら圓堂 岡崎邸
TEL

050-5340-6434

075-752-1488

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

最寄駅 京阪各線 神宮丸太町駅 徒歩10分
アクセス 京阪本線・京阪鴨東線「神宮丸太町駅」より徒歩10分/JR京都駅よりタクシーで25分
住所 京都府京都市左京区岡崎西天王町60-3 地図を見る
営業時間
11:00~22:00 (ランチ L.O.16:00/ディナー L.O.21:00)
定休日 無休

空席確認・予約する

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
10000円
【ランチ】
4000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, DC, AMEX

設備情報

キャパシティ 60人 ( 宴会・パーティー時 着席:40人 )
席数形態 完全個室あり/会食向けの座席あり
駐車場 なし

最寄に有料駐車場あり

詳細情報

禁煙・喫煙 分煙
こだわり
ホームページ http://www.okazaki-endo.com

このお店からのお知らせ

2019.06.15

旬の京野菜や山菜、旬魚をあっさりヘルシーな名代の「京風てんぷら」でお楽しみ下さい

初夏のネタ「岩牡蠣、はも、賀茂なすや伏見唐辛子など…」その風格と独特の深い味わいは京都の風土が育んだ京野菜の逸品

もっと見る

祇園・岡崎・清水寺×和食全般のアクセスランキング

もっと見る

祇園・岡崎・清水寺でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

祇園・岡崎・清水寺で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top