カイセキリョウリハナオ

懐石料理 花お

082-827-0421

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

日本酒にこだわっている

料理とのバランスを考慮し厳選する日本酒

「旨みや香りが強すぎてもダメ」と、料理と合わせる日本酒として求めているのがそのバランスです。料理の後味をサラッと流して消えていき、それでいて美味しい日本酒が理想だといいます。

くつろげる雰囲気

温かみと落ち着きをもたらす納屋を改装した美空間

入り口の木戸や梁はそのままに、納屋の趣を大切にしつつ改装したという建物。温かみのある荒壁や柱、そしてテーブルに生け花がさりげなく飾られた空間からは、素材を活かす懐石料理に通ずる美学が感じられます。

隠れ家的

のどかな里山の原風景の中に佇む懐石料理店

店があるのは安芸区畑賀地区。広島中心地から車で30分、最寄りの駅からも車で10分ほどかかる場所です。棚田に囲まれた里山の原風景ともいうべきロケーションに心が癒されます。

演出・サービスに特徴がある

真空管音響システムから流れるモダンジャズ

店主のこだわりのひとつが音響で、真空管オーディオシステムを採用。スピーカーからは「クラシカルだと日本料理の邪魔をしてしまう」と、会話の邪魔にならない程度の音量でモダンジャズが流しています。

食器・内装にこだわっている

懐石料理に季節感に添えるこだわりの器

もてなしの精神と旬の食材を使った料理とともに懐石料理には欠かせないものが、器です。3月であればひな祭りをイメージした菱形、4月であればハマグリ型など、月ごとに趣の異なる皿で、季節感に華を添えます。

このお店からのお知らせ

2017.05.09

<ヒトサラSpecial>「瀬戸内のテロワールを味わう美食店」に掲載中

海の幸、山の幸、大地の幸・・・
瀬戸内の恵みを味わい尽くす

私がつくっています

尾崎 哲 氏

料理人
尾崎 哲 氏(オザキ サトシ)

専門ジャンル: 日本料理・懐石・割烹

大阪の名だたる店と巨匠のもとで修業、確固たる礎を築く

1949年、広島県生まれ。高校卒業後、上京して調理師専門学校へ。180余年の歴史を持つ大阪の老舗料亭【花外楼】では故・伴周三氏に師事し、「料理の心」を教わり、【かが万】では日本料理界の重鎮、坂博雄氏のもとで「ものの味」を学び、現在の礎を築く。1985年に独立し、広島市の中心部に【花お】をオープン。実家の納屋を改装し、2004年に現在の地へと移転した。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

ランチ 12:00~
ディナー 18:00~ ※(要問合せ)完全予約制

定休日

不定休

懐石料理 花おに行った1人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

安芸区/安芸郡でランチの出来るお店アクセスランキング

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top