ジュンデントウシセンカテイリョウリセンピンシャンベッカン

純伝統四川家庭料理 芊品香別館

050-5870-3601

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

漢源花山椒の痺れがクセになる。四川の薬膳香辛料を使った化学調味料不使用の本場の味

本場四川の味をそのまま日本に伝える【純伝統四川家庭料理 千品香別館】。オーナー自ら、四川成都から仕入れる約30種類の薬膳香辛料を使った、健康的で美味しい本格四川家庭料理を楽しめます。ランチタイムでも味わえる料理の数々には、科学調味料は一切不使用。伝統の調理法で食材の旨味を引き出した料理は、ランチタイムやテイクアウトもできるので、自宅やオフィスでも本場の味を楽しめます。名物『本場四川正統派汁なし担々麺』は、香川県産の金ゴマと白ゴマをブレンドした自家製胡麻だれの濃厚な香ばしさと、漢源花山椒と青山椒の痺れる美味しさ。現地で圧倒的人気の『古越龍山』と『紹興貴酒』と共に本場の味に酔いしれます。

純伝統四川家庭料理 芊品香別館
これだけは食べてほしいベスト3

漬け込んだ秘伝の香辛料の香りと自家製ダレの風味が広がる『本場四川成都派のよだれ鶏』

日本国産の鶏もも肉のジューシーな旨みたっぷり。数種類の秘伝香辛料を使った自家製ダレとオリジナルの辣油が染み込んだ、“よだれが止まらない”美味しさです。

メニューを見る

漬け込んだ秘伝の香辛料の香りと自家製ダレの風味が広がる『本場四川成都派のよだれ鶏』

後から来る痺れる辛さがクセになる『本場 四川正統派汁なし坦々麺』

香川県産の金ゴマと白ゴマをブレンドして手煎りした濃厚な自家製胡麻ダレ。四川の漢源花山椒と青山椒のビリビリ痺れる辛い物好きには堪らない名物。ナッツの食感と三河屋製麺の特注モチモチ麺にタレがよく絡みます。

後から来る痺れる辛さがクセになる『本場 四川正統派汁なし坦々麺』

千品香名物!30種類以上の薬膳香辛料が入った『火焔山石焼麻婆豆腐』

四川の最高級花山椒の痺れる辛さと薬膳香辛料の香りが決め手。トッピングのニラとパクリチーもいいアクセントになっています。石焼の中でグツグツ煮えたぎる極上の一品です。

千品香名物!30種類以上の薬膳香辛料が入った『火焔山石焼麻婆豆腐』

料理人 / 張 玉合 氏 (チョウ ギョクゴウ)

専門ジャンル:四川料理

手間暇かけて、同じ食材でも異なる美味しさの中国料理を伝える

1971年、中国吉林省生まれ。中国【北京中国大飯店】から料理人の道へ。10年後【ヒルトン大連】のレストランにてワンランク上の中国料理を学ぶ。2年後【ジンジャン ホテル】にて副料理長として3年間研鑽を積み来日。神奈川県川崎市の【恋郷館】にて調理長として本場中国の味を日本に伝える。「時代がどんなに変わっても伝統的な調理方法を守り続ける」ことをモットーに、【千品香別館】にて四川の家庭料理を日本に伝えている。

プロフィールを見る

張 玉合 氏

純伝統四川家庭料理 芊品香別館の店舗情報

基本情報

店名 純伝統四川家庭料理 芊品香別館
TEL

050-5870-3601

03-6261-7988

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

最寄駅 JR中央・総武線 飯田橋駅 徒歩3分
東京メトロ東西・都営大江戸線 飯田橋駅 徒歩4分
アクセス JR各線「飯田橋駅」西口より徒歩3分、地下鉄「飯田橋駅」B2a出口より徒歩4分
住所 東京都千代田区富士見1-7-6 大きな地図を見る
営業時間
【平日・土・祝・祝前】
ランチ 11:00~15:30 (L.O.15:00)
【平日・土・祝・祝前】
ディナー 17:30~23:30 (L.O.22:45)
定休日 日曜日

ネット予約

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
3500円
【ランチ】
850円
クレジット
カード
VISA, MASTER

設備情報

キャパシティ 40人
席数形態 完全個室あり(2室/8~30名まで)、カウンター席あり(6席)、デート向けの席あり
駐車場 なし

詳細情報

こだわり
ホームページ http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13189568/

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋×中華全般のアクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top