ノモトヤ

のもと家

  • ジャンル 和食 とんかつ
  • 平均予算 ディナー:2300円 ランチ:1500円
  • 最寄り駅 大門駅 徒歩2分
  • 定休日 日・祝日

03-6809-1529

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

口に運ぶまでの時間を逆算し、最高のとんかつを揚げる熟練の技

豚肉には鹿児島の六白黒豚を使用。肉の旨みと甘みのある脂が真骨頂ながら、とんかつに余計な脂は、惜しげもなく切り落として下処理。さらに揚げ油は香りとコクを引き出し、仕上がりをよくするため2種のラードをブレンド。ただし、それらのこだわりも、火入れという熟練の仕事があってはじめて活かされます。店主の岩井三博さんは、とんかつが席に運ばれ、食べ手が口にするまでの時間を想定し、余熱の入れ方までも逆算。最高に美味しい状態へ、いかに持っていくかを徹底します。それは六白黒豚はもちろん、リーズナブルに楽しめる白豚のとんかつでも同様。極上のとんかつを味わえば、人々がこの店に行列をつくる理由も納得です。

のもと家
これだけは食べてほしいベスト3

六白黒豚をリーズナブルに楽しめる『特選ロースかつ定食』(120g)

240gの『特選 厚切りロースかつ定食』に対し、こちらは120gの六白黒豚をとんかつに。味わいの広がり方などは当然違いますが、よりリーズナブルに六白黒豚を楽しめます。揚げ時間も10ほど。

メニューを見る

六白黒豚をリーズナブルに楽しめる『特選ロースかつ定食』(120g)

行列覚悟で味わいたい『特選 厚切りロースかつ定食』(240g)

脂がくどくなく、赤身の旨みもある六白黒豚の特徴をいかし、およそ240gの肉は4センチほどの厚切りに。揚げるのに20分ほどかかりますが、噛み締めれば、溢れる肉汁に脂の甘みが溶け合います。夜は2600円。

行列覚悟で味わいたい『特選 厚切りロースかつ定食』(240g)

白豚のとんかつと侮れない『ロースかつ定食』

国産の白豚を使いながら、熟練の火入れによりとんかつはここまで美味しくなることを実感。脂は六白黒豚より濃厚で、肉の旨みも抜群。コスパもよく、価格以上の満足感に包まれます。

白豚のとんかつと侮れない『ロースかつ定食』

料理人 / 岩井 三博 氏 (イワイ ミツヒロ)

専門ジャンル:和食全般

移転前の前途多難な時期を乗り越え、真摯にとんかつと向き合う

1970年、大阪府生まれ。高校生の時に料理漫画に感化され、料理人を志す。調理師専門学校卒業後、和食店に10年間勤め、居酒屋では店長を任され経営にも携わる。次の会社では新店を立ち上げ、ランチだけで10回転させる人気とんかつ店を仕掛けた。その後、客入りの芳しくなかった【浅草頓珍漢】で店を任せられ軌道修正するも状況は変わらず。2014年6月【のもと家】として大門へ移転、リニューアルオープンした。

プロフィールを見る

岩井 三博 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

のもと家の店舗情報

基本情報

店名 のもと家
TEL

03-6809-1529

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 都営地下鉄各線 大門駅 徒歩2分
JR各線 浜松町駅 徒歩7分
アクセス 都営浅草線・大江戸線『大門駅』A6番出口より徒歩3分
住所 東京都港区芝公園2-3-7 玉川ビル2F 地図を見る
営業時間
【平日・土・祝前】
ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00) 売切れ次第営業終了※予約不可 予約の受付は現在、行っておりません。
【平日・祝前】
ディナー 17:30~20:30 (L.O.20:00) 売切れ次第営業終了※予約不可 予約の受付は現在、行っておりません。
定休日 日・祝日
土曜日は昼のみ営業

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
2300円
2300円~2500円
【ランチ】
1500円

設備情報

キャパシティ 21人 ( 宴会・パーティー時 着席:21人 )
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

お店に行った2人が
こんなシーンで利用しています

食事会50%

記念日/お祝い50%

浜松町・田町×和食のアクセスランキング

もっと見る

浜松町・田町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

浜松町・田町で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する