シモカツラチャヤゲッパホンカン

下桂茶屋 月波 本館

050-5263-8241

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

オーダーメイドで味わう四季折々の「京料理」。寛ぎの空間で存分に満喫

北新地駅の賑やかな街中を抜けた所に佇む【下桂茶屋 月波】。「桂離宮」の茶屋が名前の由来となっているこちらの店舗は、繊細で美しい京料理の味わいに魅了された店主、玉田公一氏が織りなす料理を堪能できるお店です。香り立つような美しい彩りの『先付』をはじめとする、目でも舌でも愉しめる料理は、滋賀県竹生島より入荷する天然の鰻に、鮑、伊勢海老などの高級食材も取り入れた季節感あふれる逸品ばかり。落ちついた趣の個室もあり肩肘張らずに寛ぐ事ができる店内は、デートはもちろん、接待や大切な記念日にも最適です。料理に合わせた日本酒と共に味わう至福の逸品に、日頃の疲れも溶けていくような、素敵なひとときを過ごせます。

下桂茶屋 月波 本館
これだけは食べてほしいベスト3

お好みで調理のリクエストが可能『三重の伊勢海老と徳島の鮑』

季節ごとに、入荷先を変えて上質なものを仕入れるプリプリの「伊勢海老」と歯ごたえも愉しめる「鮑」。お造り、蒸し焼きなど、お好みの調理で提供します。 コース料理一例

メニューを見る

お好みで調理のリクエストが可能『三重の伊勢海老と徳島の鮑』

琵琶湖の竹生島より入荷『琵琶湖の天然鰻の香草蒸し』

一度食べたら、またきっと食べたくなる、ふっくらとした上質な「天然鰻」を、白焼きにして、蓮根や牛蒡、みょうが等と共に蒸しました。 コース料理一例(水揚げの状況などでは入荷しないときもあります)

琵琶湖の竹生島より入荷『琵琶湖の天然鰻の香草蒸し』

目に麗しい華やかな逸品『季節の取り肴』

バイ貝や蛸の和え物、子持ち鮎の甘露煮、渋川栗、など、季節の愉しみを少しずつ器に盛りました。年代物の朱塗りの器に、玉子型の金のおちょこがとても可愛い一皿です。 コース料理一例

目に麗しい華やかな逸品『季節の取り肴』

料理人 / 玉田 公一 氏 (タマダ コウイチ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

恩師が織りなす、華やかで繊細な「京料理」に魅せられて

1965年、兵庫県生まれ。料理の世界に興味を持ち、高校卒業後調理師専門学校へ進学。和食料理を中心に様々な事を学ぶ。中でも京料理の奥深さに魅了され、進むべき道を定める。卒業後【京料理 醍醐】にて森氏に師事し7年間修業。その後、京都嵐山【花筏】、【日月庵】等にて腕を磨く。2004年、念願の【下桂茶屋 月波】を北新地に開店。訪れた方に喜んでいただける料理をと、挑戦し続ける生粋の料理人。

プロフィールを見る

玉田 公一 氏

下桂茶屋 月波 本館の店舗情報

基本情報

店名 下桂茶屋 月波 本館
TEL

050-5263-8241

06-4797-7776

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

最寄駅 JR東西線 北新地駅 徒歩5分
大阪市営地下鉄谷町線 東梅田駅 徒歩5分
アクセス JR「北新地駅」、大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩5分。
住所 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-7-6 新日本新地ビル1F 大きな地図を見る
営業時間
【平日・土・日・祝】
17:00~23:00
定休日 不定休
2017年より日曜日も営業開始致します。

ネット予約

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
10000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 44人 ( 宴会・パーティー時 着席:14人 )
席数形態 テーブル個室11名まで。掘りごたつ個室14名まで。
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 禁煙席あり

全面禁煙(一部喫煙可)

こだわり

ネット予約カレンダー

201709
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25× 26× 27 28 29 30 1
201710
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

空席あり 残りわずか ×受付終了

このお店のクチコミを見る

大阪駅・梅田・天神橋×和食全般のアクセスランキング

もっと見る

大阪駅・梅田・天神橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

大阪駅・梅田・天神橋で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top