ラマティエールエフ

ラ マティエール エフ

0465-24-5512

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

小田原の野菜や魚介、北海道産の肉。食材への愛情があふれる季節のおまかせフレンチ

神奈川・小田原の城山に佇むフレンチ【ラ マティエール エフ】。「マティエール」はフランス語で「素材」、 「エフ」はオーナーシェフ・美濃井太氏の頭文字から。店名に薫る情熱のとおり、旨み、鮮度、完熟度にすぐれた食材が揃い、 それらとの深い対話から生まれる季節のフレンチが自慢です。素材あっての料理ゆえ、ランチもディナーも完全予約制『おまかせコース』のみ。アミューズ、前菜、スープ、魚、肉、デザートとも、楽しく自由な発想と繊細な火・塩加減で仕上げられた芸術的な皿が揃います。洗練されたフレンチながら、友人の家に招かれたような居心地のよさも魅力。特別な日に、大切な人と訪れたい名店です。

ラ マティエール エフ
これだけは食べてほしいベスト3

丸のままや骨付きで焼き上げる豪快にして繊細な『肉料理』

メインの『肉料理』はまるごとか骨付きで調理し、凝縮感のある旨みを引き出します。高級食材・フランス産窒息鳩のローストも、定期的に登場。フォアグラのムースと赤ワインソースの2つのソースを合わせて贅沢に。

メニューを見る

丸のままや骨付きで焼き上げる豪快にして繊細な『肉料理』

旬の魚介の旨みと野菜の滋味が絶妙な調和をみせる『前菜』

フレンチのクラシックな調理法とシェフのアレンジが一体となった皿は、五感が喜ぶ彩りと味のハーモニー。夏は鮎の炙りにきゅうりのソース、地元野菜・湘南レッドのピクルスとスイカを添えた可憐な一皿などが。

旬の魚介の旨みと野菜の滋味が絶妙な調和をみせる『前菜』

四季折々の味覚を組み合わせた遊び心あふれる『アミューズ』

コース料理の幕開けとなる『アミューズ』は、季節感を楽しめる食材の競演。夏は北海道産キタムラサキウニに、ウニとニンジンのムースとアッケシソウを添えた一品などが登場。素材の旨みと食感がとろける味わいです。

四季折々の味覚を組み合わせた遊び心あふれる『アミューズ』

料理人 / 美濃井 太 氏 (ミノイ フトシ)

専門ジャンル:フランス料理

オーベルジュで出会ったフレンチに魅了され、料理を探求する日々

1984年、北海道生まれ。故郷のホテルの西洋料理部門でキャリアをスタート。20歳の時、研修で訪れた神奈川・箱根のオーベルジュで本格的なフレンチに出会い、食材の扱いや調理法に衝撃を受ける。「料理人として生きるならフレンチを」と、札幌のフランス料理店で修業。その後、海と山に囲まれた神奈川・小田原に縁を得て、29歳で【ラ マティエール エフ】のオーナーシェフとして独立。毎日、食材と料理に情熱をそそぐ。

プロフィールを見る

美濃井 太 氏

ラ マティエール エフの店舗情報

基本情報

店名 ラ マティエール エフ
TEL

0465-24-5512

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

最寄駅 JR東海道本線 小田原駅 徒歩15分
アクセス 小田原駅東口より、城通り方面へ青橋東側交差点を右折し渡り、線路を左に直進つきあたりを左に曲がった左手
住所 神奈川県小田原市城山4-1-11 大きな地図を見る
営業時間
【月・火・木~日・祝・祝前】
ランチ 11:30~14:00
【月・火・木~日・祝・祝前】
ディナー 18:00~20:30
定休日 水曜日
※2日前までにご連絡頂ければ営業します。

ネット予約

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
6500円
【ランチ】
3000円
クレジット
カード
VISA, MASTER

設備情報

キャパシティ 20人
駐車場 あり

詳細情報

こだわり
備考 ※クレジットカードはディナーのみご使用できます。

ネット予約カレンダー

201710
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24× 25× 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
201711
30 31 1× 2 3 4 5
6 7 8× 9 10 11 12
13 14 15× 16 17 18 19
20 21 22× 23× 24× 25× 26×
27× 28× 29× 30× 1 2 3

空席あり 残りわずか ×受付終了

箱根・湯河原・小田原のアクセスランキング

もっと見る

箱根・湯河原・小田原でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

箱根・湯河原・小田原で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top