シーキ

施記

050-5263-7842

※予約・お問合せの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

香港の下町レストラン・「ダイバイドン」を彷彿とさせる空間で本格香港料理に舌鼓

阪急・JR線三宮駅より徒歩10分。2016年6月にオープンした【施記】は三宮でも指折りの名店【施家菜】に次ぐ2号店で、香港スタイルの飲茶と焼臘(焼き物)料理をメインとした本格的な香港料理のお店です。広東省出身の黎氏が腕に縒をかけてつくる1品料理は約100種ほど。またそのどれも秀逸だと美食家らの舌を唸らせています。特筆すべきは香港より取り寄せた焼き釜でつくる『イベリコ豚のトントロチャシュー』。食神・梁氏のレシピをそのまま再現しており日本で提供できるのはここだけ。香港の下町レストラン、ダイバイドンをイメージしたオリエンタルな空間で、最高級食材を使った絶品料理を銘酒と共に頂けるとっておきの一軒です。

施記
これだけは食べてほしいベスト3

香港の食神より直伝された『イベリコ豚のトントロチャーシュー』

香港の食神と言われる【大栄華酒楼】の料理人、梁氏より直伝された技術とレシピで再現されたメニューです。豚は季節により産地やブランドを替えています。アグー豚を使用することも。

メニューを見る

香港の食神より直伝された『イベリコ豚のトントロチャーシュー』

『渡蟹のシンガポールチリ炒め』

全国から集めた珍しい活蟹をスパイシーなチリソースで炒めた1品です。

『渡蟹のシンガポールチリ炒め』

自家製タレとダックが醸し出す旨味『ダックの照り焼き』

皮のみならず、身も使ったダック料理。ダックの内臓にタレを注入し焼き上げたソースの味わいと肉の旨味が相まった最高の1品です。プラムソースでさっぱりと頂きます。

自家製タレとダックが醸し出す旨味『ダックの照り焼き』

料理人 / 黎 雲悛 氏 (ライ ウンシュン)

専門ジャンル:広東料理

本場の数々の名店で研鑽を積んできた凄腕料理人

1973年生まれ、広東省出身。1989年より料理の世界に入り、広州の【百合園酒家】、深州の【沙都大酒家】ほか数々の有名レストランで修行を積み、1993年四川成都の【錦江大酒店】粤菜部部長として、1998年遼寧省の【富祥大酒楼】粤菜部料理長として勤務。2003年広州の【時香海鮮魚翅大酒楼】で総料理長を務めた後、2007年日本に渡り大阪の広東料理店【黄老】で勤務。2016年5月より【施記】の料理長に。

プロフィールを見る

黎 雲悛 氏

施記の店舗情報

基本情報

店名 施記
TEL

050-5263-7842

078-291-8086

※予約・お問合せの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

最寄駅 阪急神戸本線 神戸三宮駅 徒歩10分
JR神戸線 三ノ宮駅 徒歩10分
アクセス 阪急・JR三宮駅下車徒歩10分。山手幹線からハンター坂を北へ約20m左側。
住所 兵庫県神戸市中央区中山手通2-10-21 伸野第2ビル1F 大きな地図を見る
営業時間
【月・水〜日・祝・祝前】
ランチ 11:30〜14:30
【月・水〜日・祝・祝前】
ディナー 17:30〜21:30
定休日 火曜日

ネット予約

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
5000円
【ランチ】
1700円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

キャパシティ 27人 ( 宴会・パーティー時 着席:27人 )
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり
  • クレジットカード利用可
  • ワイン充実
  • 貸切可
  • お子様連れ可
  • ランチメニューあり
  • Free Wi-Fi利用可
  • 外国語対応可(中国語)
  • カウンター席あり
  • 全面禁煙

ネット予約カレンダー

201706
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6× 7 8 9 10
11 12 13× 14 15 16 17
18 19 20× 21 22 23TEL 24TEL
25TEL 26 27× 28 29 30 1
201707
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4× 5 6 7 8
9 10 11× 12 13 14 15
16 17 18× 19 20 21 22
23 24 25× 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

仮予約可 ×予約不可 TEL要問い合わせ

三宮・元町×中華全般のアクセスランキング

もっと見る

三宮・元町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

三宮・元町で夏飲みにおすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top