ラメゾンドゥラナチュールゴウ

La Maison de la Nature Goh

092-724-0955

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

西中洲を美食エリアに変えた先駆け店。連日満席を誇る隠れ家フレンチ

かつては料亭や夜の店が軒を連ねた街・西中洲。そんな西中洲を一躍大人の集える美食エリアへと変えたのが、フレンチの先駆け【La Maison de la Nature Goh】です。ジビエや鳩など、クセのある食材は使用せず、牛肉などを使った万人が美味しいと思えるフランス料理にこだわる同店。だからこそ信用おける生産者から仕入れる食材の原価は妥協せずに、料理はおまかせ2種のみに絞ることで、価格を抑えたコースを実現しました。「まずは6000円のコースを味わっていただき、満足いただければ記念日などに8000円を」とオーナーシェフの福山剛氏。オープンから早13年、連日満席という偉業は、食べ手の笑顔を常に考える氏の努力の積み重ねでもあるのです。

La Maison de la Nature Goh
これだけは食べてほしいベスト3

薫香をつけてローストした『八女猪のわら焼きロースト』

ローストビーフの要領でじっくり火入した八女産の猪。味付けには猪が育った場所で採取された藁やみかんを使用することで、食材のマリアージュを楽しませてくれます。

メニューを見る

薫香をつけてローストした『八女猪のわら焼きロースト』

前菜で供される定番の品『蕪のブランマンジェ ズワイガニとウニのジュレ』

ズワイガニとウニをコンソメのジュレで味付けし、その下にはなめらかな蕪のブランマンジェを。季節により食材は変化するが、同店の前菜の定番アイテム。

前菜で供される定番の品『蕪のブランマンジェ ズワイガニとウニのジュレ』

脂ののったサバと焼きナスが相性抜群『五島サバと焼きなすのプレッセ』

日本料理などでも相性のいいサバと焼きナスを、テリーヌ状に仕上げたシンプルな逸品。マグロとケッパーのソースや海藻のパウダーで味にアクセントを。

脂ののったサバと焼きナスが相性抜群『五島サバと焼きなすのプレッセ』

料理人 / 福山 剛 氏 (フクヤマ タケシ)

専門ジャンル:フランス料理

名フレンチとワインバーでの接客により、現在のスタイルに

1971年、福岡県生まれ。高校在学中、フレンチレストランの調理の研修を受ける。1989年、フランス料理店【イル・ド・フランス】で研鑽を重ねる。その後、1995年からワインレストラン【マーキュリーカフェ】でシェフを務める。2002年、西中洲に【La Maison de la Nature Goh】を開店。現在に至る。

プロフィールを見る

福山 剛 氏

ユーザー投稿写真

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

La Maison de la Nature Gohの店舗情報

基本情報

店名 La Maison de la Nature Goh
TEL

092-724-0955

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 西鉄天神大牟田線 西鉄福岡駅 徒歩10分
アクセス 西鉄天神大牟田線「西鉄福岡駅」より徒歩10分
住所 福岡県福岡市中央区西中洲2-26 地図を見る
営業時間
【平日・土・祝・祝前】
18:00~00:00
定休日 日曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
8000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

キャパシティ 34人 ( 宴会・パーティー時 着席:34人 )
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 分煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://goh.in/

よくある質問

このお店のおすすめ利用シーン

La Maison de la Nature Gohに行った26人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

西中洲/春吉でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年12月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する