コミンカカフェキイロ

古民家cafe喜色

  • ジャンル カフェ
  • 平均予算 ディナー:2000円
  • 定休日 月・火・水曜日

050-5870-2183

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

旬の「やんばる野菜」を堪能できる、訪れる人に優しい島の郷土料理

沖縄北部にある素朴な島、屋我地島の築90年ほどの古民家を利用した店でいただけるのは、この地域で採れる旬の島野菜を多種多様に使った郷土料理。母から娘に受け継がれる沖縄のお袋の味を大切にしつつ、オーナーシェフの喜納さんのアイデアが詰まった料理は、どれも「心と体に優しい」がベースになったものばかり。特に人気が高いのが自家製の豆腐。大豆を丸ごと使い、隣の古宇利島の海水を使用する昔ながらの製法で作る豆腐は滑らかで濃厚。『喜色御膳』の一品にもなる、豆腐を使った創作料理も絶品です。奇をてらわない沖縄らしい創作アイデアの妙と、懐かしくも新しい味わいで、地元のおばぁたちからも愛される癒しの店です。

古民家cafe喜色
これだけは食べてほしいベスト3

食後のスイーツはタルトが人気。季節限定の『カボチャのタルト』

名護市で採れる「恋するマロン」というカボチャを使用。ホクホクで名前のとおり、マロンのような味わいです。

メニューを見る

食後のスイーツはタルトが人気。季節限定の『カボチャのタルト』

店自慢の自家製豆腐が主役の『ゆし豆腐セット』

大豆を丸ごと使う自家製豆腐は甘味があり食物繊維もたっぷり。滑らかな口どけに仕事の丁寧さを感じます。

店自慢の自家製豆腐が主役の『ゆし豆腐セット』

旬の島野菜と自慢の豆腐を堪能できる『喜色御膳』

沖縄県北部のやんばると呼ばれる地域で採れる、旬の島野菜が味わえます。内容は時期により変更されます。

旬の島野菜と自慢の豆腐を堪能できる『喜色御膳』

メニューを見る:

料理人 / 喜納 朱里 氏 (キナアカリ)

専門ジャンル:和食全般

母から娘へ伝えられる、体に優しい沖縄の郷土料理にこだわる

1983年生まれ、沖縄県出身。高齢者のための介護食を作る料理人だった母に影響され、料理やお菓子作りには興味があり、母から郷土料理を学ぶ。いつか老若男女に喜んでもらえる体に良い料理を出す店をはじめたいという夢を叶えるべく、一大発起し2012年に【古民家cafe喜色】を開業。開業後は料理人として母と一緒にキッチンに立ち、郷土料理にアレンジを加えた創作レシピなどにも挑戦している。

プロフィールを見る

喜納 朱里 氏

古民家cafe喜色の店舗情報

基本情報

店名 古民家cafe喜色
TEL

050-5870-2183

0980-52-8126

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

アクセス 沖縄自動車道「許田IC」より車で35分
住所 沖縄県名護市饒平名19 大きな地図を見る
営業時間
【火~日・祝・祝前】
11:00~19:00 (L.O.18:00)
定休日 月・火・水曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
2000円

設備情報

駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり

沖縄・名護・恩納村×カフェのアクセスランキング

もっと見る

沖縄・名護・恩納村でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

沖縄・名護・恩納村で忘年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top