パッソアパッソ

パッソ ア パッソ

03-5245-8645

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

国産食材にこだわっている

ジビエ、魚介、野菜とすべての食材を、顔の見える生産者から

休みがあれば、生産者のもとを訪れているという有馬シェフ。日本がイタリアの21番目の州だったら、当然使うであろう良質な食材を全国から集め、その食材が生まれた文化をリスペクトしながら皿を彩っていきます。

食材にこだわっている

日本の水を使ったスープにもこだわります

ジビエで知られる有馬シェフのスペシャリテの1つはスープ。日本が誇る食材の1つでも水を使い、旬の食材とともにイタリアンの技術で、今ここにしかないスープを仕上げていきます。

オシャレな雰囲気

温かみのあるインテリアが、居心地の良い食事を約束してくれます

店内は、松本民藝の家具やテーブルなど、温かみのあるインテリアで統一。ジビエのシーズンである冬には、食材から獲られた羽のオーナメントなどが店を彩ります。

ワインにこだわっている

その日のコースに合わせたワインを選んでもらえます

イタリアのものを中心に、各種取り揃えているワイン。食材と同じく、少量しか入荷のないものでも良いものを出したいという意向からリストはなく、その日のコースやお好みに応じてサーブしてくれます。

デートにおすすめ

季節感に溢れる料理で、肩肘張らない大人のデートを

その時期だからこそ食べる意味がある素材を使った料理が次々と給される【パッソ ア パッソ】。春夏のコースにはヘルシー女子も、秋冬のジビエコースには肉食女子も、季節ごとに違った顔で満足させてくれるでしょう。

食器・内装にこだわっている

テーブルの上にあるものは、できるだけ良いものを

料理だけではなく、とくにテーブルの上には、良いものを置くというのが有馬シェフのポリシー。ジノリの食器、銀製のカトラリーなど、メンテナンスが行き届いた小物が食卓をやさしく彩ります。

このお店からのお知らせ

2015.12.17

シェフの本音が聴けるトーク番組≪ヒトサラChef's table≫に登場

プロとして料理をこよなく愛する人々「dish artist」をゲストに、食のネクスト・トレンドを語るトーク番組≪ヒトサラ Chef's table≫に登場。過去の放送が視聴いただけます。

2016.12.22

シェフのヨコガオに掲載中

一生食べ続けられる、“日常”としての本格イタリアンを進化させる実力派

私がつくっています

有馬 邦明 氏

料理人
有馬 邦明 氏(アリマ クニアキ)

専門ジャンル: イタリア料理

素材の美味しさを引き出したイタリアンを追求する実力派

1972年大阪府生まれ。イタリア料理店で修業の後、1996年に渡伊。ミラノやフィレンツェ、トスカーナなどで約2年間修業を積む。帰国後、千葉県や都内のレストランを経て、「イタリアを感じた」という門前仲町に【パッソ ア パッソ】を2002年にオープン。旬の食材を求めて全国の生産者を訪ね歩くほか、自ら田畑に出向き、米や野菜作りを手伝う。「素材を一番おいしい形にしてお客さんに食べてもらうことが僕の仕事」という。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 18:00~ (L.O.21:30)

定休日

水曜日 臨時休業の場合あり

お店に行った4人が
こんなシーンで利用しています

デート27%

接待/会食18%

食事会36%

記念日/お祝い18%

favoreatユーザーが食べて
美味しかった料理レコメンド

前菜盛り合わせ

前菜盛り合わせ

ジビエ尽くしの前菜。珍しいものでは、孔雀やら熊の背脂やら。…

もっと見る

このお店のクチコミを見る

人形町・門前仲町・葛西×イタリアンのアクセスランキング

もっと見る

人形町・門前仲町・葛西でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

人形町・門前仲町・葛西で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top