ニホンリョウリジュンセン

日本料理 醇泉

050-5263-0644

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

東北が誇る旬の食材で彩られた逸品が百花繚乱。伊達家の風情残る個室で味わう会席料理

仙台の都市景観賞を受賞した勝山館。樹齢100年以上の木々などが配された日本庭園を望めるこの誉れ高き場所に立地するのが【日本料理 醇泉】です。ここで供される料理は、素材の良さを前面に引き立てた正統派の和食。名漁場、広大な平地、屈強な山脈などに囲まれる東北で育まれた滋味豊かな旬の食材を使い、コースメニューを通じて四季の移ろいを表現しています。なお、この店の母体は元禄元年に創業した造り酒屋。メニューに並ぶ仙台の銘酒「勝山」の純米大吟醸「暁」が、繊細な味わいの料理の味の輪郭を際立たせてくれます。3階建ての店内はそれぞれ趣きの異なる空間で構成。デートや接待から宴会まで幅広いシーンで重宝されているようです。

日本料理 醇泉
これだけは食べてほしいベスト3

自然の恵みと季節の移ろいを楽しむ一皿『八寸盛り』

旬の食材を季節の趣向で盛り合わせ。その美しき見た目に、食す前に思わずため息がこぼれます。

メニューを見る

自然の恵みと季節の移ろいを楽しむ一皿『八寸盛り』

『御椀 清汁仕立て 寄せ毛蟹 松茸 白髪葱 柚子』

贅沢に毛蟹を使った逸品は、岩手県産の松茸とこだわりのつくりたて“一番出汁”で仕立てています。

『御椀 清汁仕立て 寄せ毛蟹 松茸 白髪葱 柚子』

『鮑の酒蒸し 天然舞茸』

仙台伊達家勝山酒造の酒で4時間ほど蒸した鮑。旨味を引き立て、柔らかい食感に仕上がっています。

『鮑の酒蒸し 天然舞茸』

料理人 / 阿部 保紀 氏 (アベ ヤスノリ)

専門ジャンル:和食全般

東北の食材で一皿に旬を表現する和の職人

「お客様に喜んで頂くこと」それが目標。
その為にはあらゆる面で努力、勉強していかなければいけないと思っています。素材の持ち味を大切に日本文化の素晴らしさや季節感を料理を通して伝える事ができるようにこれからも日々精進して行きたいと思います。

プロフィールを見る

阿部 保紀 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

日本料理 醇泉の店舗情報

基本情報

店名 日本料理 醇泉
TEL

050-5263-0644

022-213-9155

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

空席確認・予約する

最寄駅 仙台市営地下鉄南北線 北四番丁駅
アクセス 北四番丁駅から404m/JR仙台駅から車で5分
住所 宮城県仙台市青葉区上杉2-1-50 地図を見る
営業時間
【火~日・祝・祝前】
ランチ 11:30~15:00 (L.O.13:30)
【平日・土】
ディナー 17:30~22:00 (L.O.20:00) ※月祝日の場合は定休日
定休日 不定休
※年末年始・他 ※詳細は公式HPをご覧ください。

空席確認・予約する

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
8000円
※宴会平均:12000円
【ランチ】
5000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

キャパシティ 72人
駐車場 あり

※有料で、勝山館横に「上杉北五番丁パーキング」(180台)があります

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://www.shozankan.com/junsen/

ネット予約カレンダー

202006
1 2 3 4× 5 6 7
8× 9 10 11 12 13 14
15× 16 17 18 19 20 21
22× 23 24 25 26 27 28
29× 30 1 2 3 4 5
202007
29 30 1 2 3 4 5
6× 7 8 9 10 11 12
13× 14 15 16 17 18 19
20× 21 22 23 24 25 26
27× 28 29 30 31 1 2

空席あり 残りわずか ×受付終了

仙台・国分町・一番町×日本料理・懐石・会席のアクセスランキング

もっと見る

仙台・国分町・一番町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

仙台・国分町・一番町で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する