クシヤキノタツミ

串焼きのたつみ

050-5871-4739

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

貞包 勇太 氏 サダカネ ユウタ

(店長)

新しい串焼きを目指して

大分県出身。飲食店勤務未経験ながら鳴り物入りで【串焼きのたつみ】へと入った異端児。そこで先代・髙山健一氏と出会い修行をつむ。先代に学んだ技術を継承し、2代目として一串一串に想いを込めて腕と技術を振るっている。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
8年
師匠
高山 健一

私の流儀

素材にもタレにも工夫あり「たつみの特製つくね(タレ)蘭王付」

つくねは毎朝仕込み、新鮮なものを使用。自家製のタレは地元・大分の方の口に合うよう、地元醸造の富士甚醤油を使用しています。付け合せの卵も黄身に張りがあり味も濃厚な地元の名卵・蘭王を使っています。

こだわりの食材

串焼き、鍋など料理に合わせて醤油の味にもこだわりが

串焼きのタレ、鍋の出汁など、料理に合わせて醤油を使い分けています。各地から料理に合った醤油を取り寄せ、それぞれ最高の味となるようにこだわります。焼き鳥用の醤油はやや甘みが強いのが特徴です。

おもてなしの流儀

お一人様でもくつろげるような雰囲気作りに気を配っています

お一人様でも気軽に食べていただけるような雰囲気作りを心がけています。カウンター席からは焼き場が丸見えですが、焼きながらお客様と会話することも。誰でもゆったりとくつろげるお店にしたいと思っています。

串ものたけではなく一品料理も食べ比べてください

とり皮が自慢の串焼き屋ですが、豚足や福岡風焼きラーメンなど一品料理も豊富で、色々と食べ比べて欲しいです。鳥以外でも豚バラは佐賀の桜豚を産直で取り寄せるなど、お肉は大抵国内のブランド肉です。

プロが教える食の知恵袋 おいしいヒント

貞包 勇太 氏

隠し味に留まらない、モンゴル産のお塩を使っています

塩はモンゴルから輸入したものを使用しています。味付けはすべてモンゴル塩で、市販のお塩とは一味違った味わいになります。ちょっといいお塩を使うだけで、ご家庭でも違いは感じられると思いますよ。

営業時間・定休日

営業時間

18:00~23:00 (L.O.22:00)定休日が祝日の場合は、営業。翌日振替店休

定休日

月曜日 1月は6日(木)・11日(火)・17日・24日・31日が定休日。10日(月)は営業致します。

串焼きのたつみに行った14人の投稿から算出しています。

このお店のFacebookを見る

あなたにオススメのお店

大分でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top