ナポリッコ

ナポリっ子

050-5871-7828

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

景色がきれい

のどかな田園風景に囲まれ、南イタリアの雰囲気に癒されます

まわりを田んぼと池に囲まれた場所に佇むお店は、素朴な風景に溶け込みながらも存在感を発揮。店の前には自家菜園でハーブを育てており、ここから毎朝摘み取られたバジルなどが料理の花を添えてくれています。

シェフのこだわりあり

シェフの思いが込められたピッツァ生地や野菜は、幸せの味です

あえて扱いの難しい粉を使ったピッツァ生地と薪窯へのこだわり。地元の野菜を盛り込んだ地産地消への想い。手仕事にこだわるシェフが作る優しい料理は、訪れる人を笑顔にしてくれます。パスタやスイーツもおススメ。

イチオシ・話題のメニュー

作ってしまいました! 『ピッツァ専用自家製ジンジャーエール』

“ピッツァにはビール”と言いたいけれど、車の方にはそれに代わる飲み物を…と作られた甘さ控えめの特製ドリンク。お料理とドリンクの相性にも、とことんこだわっています。ワインやビールのセレクションにも注目!

ファミリーにおすすめ

気軽なイタリアンだから、みんなでシェアしてもっと美味しく

幅広い年齢層に人気のピッツァやパスタ。ドライブがてら家族や仲間と訪れて、いろんな味をシェアして楽しみたいもの。単品だけでなく、ディナーには取り分けのできるお得なセットメニューも登場します。

オシャレな雰囲気

開放的で明るい店内は木のぬくもりにあふれたナチュラルテイスト

ダイナミックな梁と敷き詰められた素朴なタイルの床が印象的な店内は、素朴で明るい雰囲気です。木製のお皿でいただく、野菜たっぷりの料理に癒されます。親しい友人や家族でのパーティーなどにもピッタリの空間。

1人でも入りやすい

ナポリっ子のランチセット¥1280

ナポリっ子のランチはピッツァかパスタを選んで、スープとサラダとパンとドリンクのセットです。おひとりで来られてもの十分満足出来るボリュームですよ。

旬の食材にこだわっている

お野菜のピッツァ 重信オルトナーラ

ナポリっ子の看板ピッツァ。
毎朝マルシェで仕入れた今一番美味しい野菜をのせて焼き上げたピッツァです。

スイーツにこだわっている

薪窯プリン¥250

牛乳と卵とグラニュー糖とマダガスカル産バニラで作った焼プリンです。薪窯で焼くのって火加減が本当に超難しいのです。薪窯特有の表面にちょっとつく焦げ目がほろ苦くて美味しいです。

春野菜にこだわっている

お野菜のピッツァ 重信オルトナーラ

ナポリっ子の看板ピッツァ。毎朝産直で旬のお野菜を仕入れてピッツァにたっぷりとのせました。野菜の甘味たっぷりのピッツァです。

料理・お店の雰囲気

親しみやすい素朴な味の『ゴキゲン!! ミートソース スパゲティ』

2~3日かけて作るミートソースの隠し味はケチャップ。日本人好みにアレンジした親しみやすい味わいです。

パノラマの景色を楽しめるテラスあり。夏には花火観賞も

田園風景に佇む郊外型一軒家レストラン。でも、実は駅からも歩ける距離にあるのは嬉しいですね。

お得でおいしいランチセットは、行列ができるほど大人気です

メイン、ドリンクが選べるランチセットは、薪窯パンのおかわりが無料です。+300円でお好きなデザートも。

カチョカバロチーズのピッツァ

 

私がつくっています

藤田 大介 氏

料理人
藤田 大介 氏(フジタ ダイスケ)

専門ジャンル: イタリア料理

手仕事を大切に、地元で長く愛されるお店を育てたい

1978年生まれ、愛媛県出身。高校生の頃から憧れていたという料理人。東京の大学へ進学したが、夢を叶えるため大学3年生のときに夜間の調理師学校に通い始める。昼も夜も学生をこなす多忙な日々を乗り越え、無事に調理師免許を取得。東京のレストランで経験を積み、とうとう念願だった地元での開業を実現。自分流のスタイルとマイペースを保ちながら、毎日、決して手を抜かず、こだわりのピッツァ作りに奮闘している。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

【月・水~日・祝・祝前】
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)ランチタイムの予約は承っていません
【水~日・祝・祝前】
ディナー 17:30~21:00 (L.O.20:00)当日15時までの予約が必要です

定休日

火曜日 月曜日ディナータイム

このお店のクチコミを見る

愛媛県その他のアクセスランキング

もっと見る

愛媛県その他でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

愛媛県その他で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top