El Pulpo(飯田橋/神楽坂 スペイン・地中海料理)のグルメ情報 | ヒトサラ

エルプルポ

El Pulpo

050-5871-7880

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

鮮魚に特化して料理を展開。現地バルの正しい在り方を具現化する良店

店名はスペイン語でタコの意味。現地ではよく見られる“マリスケリア”を謳うスパニッシュバルで、魚介料理を専門に扱っています。バル特有のカジュアル感はもちろん、料理もワインもリーズナブルに提供し、連日、賑わう人気店ですが、【El Pulpo】が評判を集める最大の理由は、何といっても素材に対するこだわり。海に恵まれた日本の良質な魚介でバル料理を展開すべく、築地はもちろん、日本全国からの直送品も積極的に仕入れ。フレッシュで鮮度の良い魚介ならではの美味しさをシンプルに追求しています。各店で専門性も高く、「あの料理が食べたいから、いつものバルへ行く」という、スペインバルの実際を、ここ東京で披露しているのです。

El Pulpo
これだけは食べてほしいベスト3

殻つきウニのプリン(2個)

オープン当初から提供する看板メニュー。ウニの旨さを凝縮したようなコク深い味わいで、いつも頼む常連も。

メニューを見る

殻つきウニのプリン(2個)

ムール貝のシェリー酒蒸し

香り豊かなシェリーで蒸して、貝の旨みを引き出しました。産地はその日によって。スープもまた格別の旨さ。

ムール貝のシェリー酒蒸し

渡りカニのパエジャ

魚介の旨みを吸い込んだお米と、サフランも芳しいパエジャ。季節によって渡りカニなど、食材を替えて提供。

渡りカニのパエジャ

料理人 / 坂田 慎吾 氏 (サカタ シンゴ)

専門ジャンル:スペイン料理

活気溢れるバルで鮮魚と向き合いながら、夢だった料理道を邁進中

1982年生まれ、熊本県出身。小さい頃から料理が好きで、高校時代には地元の小料理屋、大学では居酒屋でアルバイトを経験。その後、一度は会社員の道を歩むが、飲食の夢が忘れられず24歳のときに上京。横浜でフレンチとイタリアンを営む会社に就職、2店で約6年、研鑽を積む。【El Pulpo】への入店は2011年。スパニッシュバルは初めてだったが、居酒屋にも通ずる愉しさに開眼。今はシェフとして日々、美味しい鮮魚と向き合っている。

プロフィールを見る

坂田 慎吾 氏

El Pulpoの店舗情報

基本情報

店名 El Pulpo
TEL

050-5871-7880

03-3269-6088

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ各線 飯田橋駅 徒歩4分
東京メトロ東西線 神楽坂駅 徒歩5分
アクセス 神楽坂を上がり、本田横丁を入ってすぐ
住所 東京都新宿区神楽坂4-3 宮崎ビル1F 大きな地図を見る
営業時間
【平日】
18:00~02:00
【土・日・祝】
18:00~00:00
定休日 無休
正月・盆

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
4500円
4000円~5000円
クレジット
カード
VISA, MASTER

設備情報

駐車場 あり

コインパーキングがあります

詳細情報

こだわり

このお店からのお知らせ

2015.08.11

<ヒトサラSpecial>「ふたりで一万円。情熱のスパニッシュ&バル巡り。」に掲載中

楽しくて、美味しくて、
懐にも優しいバルホッピング

2016.12.22

旬味への誘いに掲載中

滑らかな口どけと、口中に広がる海の“甘み”。スペイン風酒肴『殻つきウニのプリン』の余韻に浸る

もっと見る

このお店のクチコミを見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋×スペイン・地中海料理のアクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋で夏飲みにおすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top