ポンシュバーハレノチハレ

PONSHU‐BAR晴れのち晴れ

050-5871-4340

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

パーティー向き

木目を活かした、くつろげる暖かみのある店内

味のあるテーブルや椅子が親しみを覚える空間です。女子会や二人だけのデート、大人数での宴会にも最適。他にも店内には大型のモニターがあり、国を挙げてのスポーツイベントを観戦することもできます。

くつろげる雰囲気

周囲を気にせず、ゆったりと過ごすことができる個室

和の趣を楽しめる個室は掘りごたつになっています。長い時間座っての宴会でも身体に負担が少ないのがうれしい席です。気を許せる仲間との催し、ファミリーのお祝い事や女子会にお勧めのお店です。

1人でも入りやすい

お一人様でも気兼ねなく入りやすいオープンキッチンのカウンター

暖かみのある照明に照らされたカウンター席は、一人でゆっくりお酒を味わえる場所です。目の前で調理される品々や厳選されたお酒はお客様の期待を裏切らない味わいです。スタッフさんとのコミュニケーションも。

食材にこだわっている

新鮮獲れたて魚介類。旬の味わいを楽しめます

築地で仕入れた魚介類は新鮮でお刺身にも最適です。店長がその厳しい目で選び抜いた味わいはプリプリで活きが良く、素材が持つ味わいが楽しめます。春夏秋冬に合わせた旬の素材は是非味わいたい一品です。

シェフのこだわりあり

シンプルに牛の旨みを楽しめる『特上牛ステーキ』

厚切りの牛カルビ肉を炭火であぶった逸品。土佐の黒潮を天日干しした「いごてつの天日塩」を使って味付けしているので、お肉の旨みを引き立てます。ソースは甘めの九州のたまり醤油を使用しています。

日本酒にこだわっている

さすが「日本酒バー」の品ぞろえ。日本全国の地酒が多数あります

日本酒はお店自慢の豊富なラインナップ。全国からの地酒を取り揃えているので、定番から希少価値の日本酒が多数あります。特に人気の味わいは『獺祭』。華やかな香りと、発泡している口当たりが絶妙です。

料理・お店の雰囲気

氷川台の「隠れ家的」一軒、入り口はこちらです

「氷川台」駅徒歩3分。「早宮口」を降りて目の前の道を左へ進み、ファミマさんを過ぎたところにあります。

味の濃い「鎌倉野菜」でヘルシーに美味しく楽しめます

鎌倉で採れた甘味と旨味が強い野菜を中心にした逸品もあります。みずみずしさと野菜が本来持つ味は秀逸。

このお店ならではの創作料理もあります

『揚げ出し豆腐胡麻』は、生クリームのコクと練りごまの香ばしさ、溶けたチーズのような口当たりが絶妙。

PONSHU‐BAR晴れのち晴れの店舗情報

基本情報

店名 PONSHU‐BAR晴れのち晴れ
TEL

050-5871-4340

03-3993-8051

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

空席確認・予約する

最寄駅 東京メトロ有楽町線 氷川台駅 徒歩3分
東京メトロ副都心線 氷川台駅 徒歩3分
アクセス 氷川台駅より徒歩3分
住所 東京都練馬区早宮1-1-14 平岡ビル1F 地図を見る
営業時間
ディナー 17:30~01:00 (L.O.00:00) ※フードL.O.は24:00、ドリンクL.O.は25:00
定休日 無休

空席確認・予約する

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
3300円
クレジット
カード
VISA, MASTER

設備情報

キャパシティ 46人 ( 宴会・パーティー時 立席:46人 着席:46人 )
駐車場 あり

近くにコインパーキング有

私がおもてなしさせて頂きます

ビーム 氏

店長
ビーム 氏(ビーム)

専門ジャンル: 創作料理

人脈が広げた、店長への道

1988年12月生まれ、東京都練馬区出身。以前より知り合いだった社長のご子息からの縁でこのお店で働くようになり、店長になって更にやりがいを感じるようになったという、通称ビーム氏。お店に足を運ばれるお客様が楽しい時間を過ごせるように、元気に明るく和気あいあいとしたお店づくりを目指している。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 17:30~01:00 (L.O.00:00)※フードL.O.は24:00、ドリンクL.O.は25:00

定休日

無休

空席確認・予約する

PONSHU‐BAR晴れのち晴れに行った1人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

練馬・江古田・田無でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月6日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top