ラッキ

楽記

050-5871-3199

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

自然派ワイン界の巨匠と広東焼物の達人が演出する、未知なる美味の競演

焼物と自然派ワイン。異色の組み合わせのようですが、その相性の良さはここ【楽記】の人気が証明しています。熟練の焼物師・羅永權シェフが炭火の釜で焼きあげる逸品は、ほかでは味わえない極上品。パリパリの皮が自慢のアヒル、噛むごとに肉汁があふれだすハラミ、旨みが凝縮された乳鳩など、それぞれが主役級の存在感。野菜を調味料代わりにするなど、ナチュラルなワインに歩み寄る工夫も随所に隠されています。合わせるワインは日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作さんが厳選。どこか土の匂いを感じさせるワインが、アヒルや鳩などの香りと絶妙にマッチします。2013年のオープン以来、連日満席というのも頷ける名店です。

楽記
これだけは食べてほしいベスト3

香焼琵琶鴨 1羽

合鴨を開いて特製の醤(ジャン)で下味をつけて香りよく炭火の釜で焼き上げた広東地方の伝統的料理。炭火で焼いたパリッとした香ばしい皮は、噛めば噛むほど味が染み出てくる。要予約。半羽4000円。

メニューを見る

香焼琵琶鴨 1羽

潮州滷水○盆(○は「併」がてへんになったもの)

豚の大腸、揚げ豆腐、豚トロ、南薑(ナムキョン、タイのカーのような生姜の仲間)を加えた特製煮込みダレでゆで卵を煮たもの。通常用意している香港式の滷水よりもさっぱりして食べやすい。要予約。

潮州滷水○盆(○は「併」がてへんになったもの)

豆○炒涼瓜(○は「豆」へんに「支」)

涼瓜とは香港でニガウリのこと。日本のものより苦みがやさしく瑞々しい。楽記では旬の野菜が黒板メニューとして日替わりで登場する。写真は定番のトウチ炒め。季節の野菜炒め1200円~。

豆○炒涼瓜(○は「豆」へんに「支」)

メニューを見る:

料理人 / 羅 永權 氏 (ロウ ウェンキュン)

専門ジャンル:広東料理

焼味ひと筋30年。焼き上がりを見極め、香りと味を最高の状態に

1965年3月香港生まれ。20歳のときに、親戚が開いた焼味店(お肉のロースト店)で、働き始めたことをきっかけに焼味師に。1987年から上海や蘇州、シンガポールなど各地で腕を振るう。その後、香港に戻り本場の最大手飲食店グループである、美心グループのセントラルキッチンで焼味主任を担当。2016年4月から【楽記】にて、焼き場と前菜を担当。余計なものを足さず、現地に近いナチュラルな感覚で料理を仕上げる。

プロフィールを見る

羅 永權 氏

楽記の店舗情報

基本情報

店名 楽記
TEL

050-5871-3199

03-3470-0289

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩5分
アクセス 東京メトロ銀座線「外苑前駅」徒歩5分
住所 東京都渋谷区神宮前3-7-4 大きな地図を見る
営業時間
【平日】
18:00~23:00 (L.O.22:00)
【土】
18:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日 日・祝日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
9000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン, 銀聯

設備情報

キャパシティ 35人 ( 宴会・パーティー時 着席:35人 )
駐車場 なし

近くにコインパーキングあり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり

このお店からのお知らせ

2015.08.11

<ヒトサラSpecial>「ヴァン・ナチュールに魅せられて」に掲載中

自然派ワインにこだわった
今をときめく名店が揃い踏み

もっと見る

このお店のクチコミを見る

表参道・原宿・青山のアクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top