デンコウセッカイマバリテン

電光石火 今治店

050-5871-2884

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

産業道路沿い! おしゃれな空間で、本場・広島のお好み焼きをじっくりと堪能

本場・広島のお好み焼きを食べられる【電光石火 今治店】。見た目はずっしり、ボリューミーな感じなのに、食べてみると、ふんわりトロッとした食感で、軽い食べ心地です。その秘訣は、ヘラでギュッと押さえず、空気を含ませて焼くことなのだとか。野菜がたっぷりと入ったお好み焼きは、優しくホッとする味わい。大きな鉄板はお店の外からも見ることができ、そこで繰り広げられる焼き方のパフォーマンスは、さらに食欲を刺激します。黒を基調としたお洒落な雰囲気の店内は、パーティーなどでの利用にもぴったり。見て楽しい、食べておいしいお好み焼きが堪能できるお店です。

電光石火 今治店
これだけは食べてほしいベスト3

激辛ソースがインパクト大! 『キングオブルーキー』

ホルモンがキャベツと麺に絡んだ旨さ。肉・玉子ダブル・そばorうどんホルモン・激辛ソース・一味入りです。

メニューを見る

激辛ソースがインパクト大! 『キングオブルーキー』

ぷるっぷるの広島産の牡蠣が入った贅沢な『人にやさしく』

思わず顔がほころびそうです。肉ダブル・玉子・そばorうどん・牡蠣・大葉・ねぎかけ・刻み海苔入り。

ぷるっぷるの広島産の牡蠣が入った贅沢な『人にやさしく』

ふわふわ食感がたまらない味『電光石火』

玉子を2個使って、まんまるに仕上げられた一品。食べ応え抜群のイチオシメニューです。

ふわふわ食感がたまらない味『電光石火』

料理人 / 木原 啓太 氏 (キハラ ケイタ)

専門ジャンル:お好み焼き・もんじゃ

地元・今治の文化である鉄板焼き鳥と広島のお好み焼きをコラボ

1985年4月14日生まれ。愛媛県今治市出身。子供の頃から食べることが大好きで、テレビの料理番組などに興味を持ち、料理人に憧れる。高校卒業後、一年間調理師学校にて学ぶ。ホテルの和食レストランにて6年間修業を積む。地元・今治市の名物である鉄板つながりで、広島の鉄板を勉強したいと思い、4年前に広島の【電光石火】に勤務。2014年2月に支店が今治市にオープンするに伴い帰郷。日々、鉄板焼きに情熱を注いでいる。

プロフィールを見る

木原 啓太 氏

ユーザー投稿写真

  • 電光石火 今治店の写真

    電光石火

  • 電光石火 今治店の写真

    電光石火

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

電光石火 今治店の店舗情報

基本情報

店名 電光石火 今治店
TEL

050-5871-2884

0898-35-4173

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 JR予讃線 今治駅
JR予讃線 伊予富田駅
アクセス 今治北インターチェンジ、今治湯ノ浦インターチェンジより、それぞれ車で15分。産業道路沿いです。
住所 愛媛県今治市東鳥生町2-1517-1 地図を見る
営業時間
【土・日・祝】
11:00~23:00 (L.O.22:30)
【火~金・祝前】
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
【火~金・祝前】
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:30)
定休日 月曜日
定休日が祭日、祝日の場合は営業!振替休日で次の日が休みになります!

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
2000円
【ランチ】
1000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, MASTER

設備情報

キャパシティ 50人 ( 宴会・パーティー時 着席:50人 )
席数形態 テーブル6席
駐車場 あり

14台

詳細情報

テイクアウト・
デリバリー
【テイクアウトあり】
こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5871-2884 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.愛媛県今治市東鳥生町2-1517-1 今治北インターチェンジ、今治湯ノ浦インターチェンジより、それぞれ車で15分。産業道路沿いです。 ここから地図が確認できます。

お店に行った1人が
こんなシーンで利用しています

食事会100%

このお店のクチコミを見る

今治のアクセスランキング

もっと見る

今治でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する