アカサカ モモノキ

赤坂 桃の木

050-5870-9873

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

独自のスタイルでつくる旬の食材を使った中華料理

東京ガーデンテラス紀尾井町にある【赤坂 桃の木】。辻調理師専門学校で講師を務め、【知味 竹爐山房】ほかで研鑽を積んだ、小林武志オーナーの中華料理店です。落ち着いた雰囲気のなかで味わうのは、広東料理を中心とした中国全土の料理。旬の食材を使用し、独自のアレンジをきかせた食べやすく優しい味わいの料理と、BIOワインや紹興酒を中心としたお酒が楽しめます。ここへきたら必ず味わいたいのが『鎮江黒酢の酢豚』。ナイフとフォークを使い、ワインに合わせた中華料理をと考えていたときに浮かんだ代表作は、中国のたまり醤油と黒酢の濃厚な味わいにザクロの粒でアクセントを添えた逸品。個性豊かな美味をご堪能ください。

赤坂 桃の木
これだけは食べてほしいベスト3

『台湾A菜と自家製干し肉の炒め物』

空輸した台湾A菜と自家製の干し肉を塩味でシンプルに炒めた、定番の人気メニューです

メニューを見る

『台湾A菜と自家製干し肉の炒め物』

大和かしわを使った『上海風よだれどり』

「よだれがでるほど美味しい」という例えがあるほど。山椒と唐辛子とのバランスを大切にした一品です

大和かしわを使った『上海風よだれどり』

ワインにあう酢豚を追求して生まれた『鎮江黒酢の酢豚』

ナイフとフォークで食べる酢豚。黒酢と中国のたまり醤油のコクと深みのある色と香りが堪能できます

ワインにあう酢豚を追求して生まれた『鎮江黒酢の酢豚』

料理人 / 小林 武志 氏 (コバヤシ タケシ)

専門ジャンル:中華全般

基本の中華を丁寧に研究して独自のスタイルを生み出した料理人

愛知県出身。辻調理師専門学校を卒業後、同技術研究所で講師を8年ほど務めた後、【知味 竹爐山房】をはじめ、数軒の中華料理店で研鑽をつみ、2005年に【御田町 桃の木】を開店し、2020年に紀尾井町へ移転。旬の食材を使用し、丁寧かつわかりやすい味を探求して築きあげた料理に独自の個性が光る。

プロフィールを見る

小林 武志 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

赤坂 桃の木の店舗情報

基本情報

店名 赤坂 桃の木
TEL

050-5870-9873

03-6272-8866

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 東京メトロ有楽町・南北線 永田町駅
銀座線・丸ノ内 赤坂見附駅
アクセス 東京メトロ「永田町」駅9番出口直結、「赤坂見附」駅D出口徒歩1分
住所 東京都千代田区紀尾井町1-2 東京ガーデンテラス紀尾井町 3F 地図を見る
営業時間
【月・火・木~日・祝・祝前】
ディナー 17:30~22:00 (L.O.21:30)
定休日 水曜日
不定休もございますので、ご了承下さい。

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
20000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン, 銀聯

設備情報

キャパシティ 18人 ( 宴会・パーティー時 着席:18人 )
駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ https://momonoki.tokyo/

このお店からのお知らせ

2020-03-17

特集『ヒトサラマガジン』に掲載中!

5年連続でミシュランを獲得し続ける【桃の木】が移転。
現状のままでは終わらない、新たな場所で進化し続ける想いをシェフ・小林さんにインタビュー。

2020-03-17

特集『シェフのヨコガオ』に掲載中です。

『丁寧さへの追及が生む、本質に迫る味』

もっと見る

お店に行った4人が
こんなシーンで利用しています

デート11%

接待/会食33%

飲み会/宴会44%

記念日/お祝い11%

このお店のクチコミを見る

浜松町・田町のアクセスランキング

もっと見る

浜松町・田町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

浜松町・田町で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する